備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

黒蜥蜴

日本でDVDが発売されていない邦画1「黒蜥蜴」(1968年・深作欣二監督)

未だDVD、Blu-rayが発売されていない邦画で、最も待望されているのは深作欣二監督の「黒蜥蜴」ではないでしょうか。

江戸川乱歩原作・三島由紀夫脚本の舞台劇「黒蜥蜴」は、2度映画化されてます。
最初の映画化は1962年に大映が製作した井上梅次監督・京マチ子主演のもの。
これはミュージカル仕立てのかなり狂った演出でカルト的な人気があり、DVDも発売されています。

黒蜥蜴 [DVD]
京マチ子
角川書店



2度目の映画化は、1968年松竹製作の深作欣二監督版。
これは主演を美輪明宏(当時は丸山明宏)が務め、今に至るも「黒蜥蜴」映像化の決定版的な評価を受けています。
三島由紀夫自身が演じた「人間の剥製」と美輪明宏とのディープキスも衝撃的ですが、深作欣二ファンの筆者としては、岩瀬家に詰めている用心棒たちがピラニア軍団よろしくワラワラワラ、と飛び出してくる乱歩映画っぽくないところが好きだったりします。

ところが、この松竹版のDVDがなかなか発売されません。
2003年に深作欣二監督が亡くなった前後に深作作品が一気にDVD化されていった時期があり、そのときは当然、「黒蜥蜴」も出るだろうと待ち構えました。
いや、それどころか雑誌「映画秘宝」で、「黒薔薇の館」などと並び、発売を予告する広告も見た記憶があります(いつ頃のことか忘れましたが、バックナンバーをひっくり返せば見つかるはず)。
ところが、そのまま何事もなく月日は流れ、未だに日本だけでなく全世界的に正規のDVD化はされていないようです。
名画座での上映やCS放送などは割りと頻繁にあるようで、見るのが難しい映画ではなく、事情があって封印されているというわけでも無いようですが、いったいどんな事情があるんでしょうか。
三島由紀夫の著作権が切れるのが2020年なので、そのあたりで何か動きあるといいな、という勝手な期待を抱いていて、正直、オリンピックよりもそっちの方が気がかりだったりします。

それから、映画の原作となった三島由紀夫の戯曲「黒蜥蜴」についても、2007年に一度だけ文庫化されたのですが、あろうことかそれに気づいたのが数年も経ってから、という「俺ともあろう奴がなにやってんだ」と言いたくなる始末なのですが、乱歩の著作権はすでに切れており、さらに三島由紀夫の著作権が切れたら、これも当然またどこかの文庫が収録すると思われるので、それも気にしています。

関連記事:
江戸川乱歩原作映画のDVD

ポプラ社 少年探偵江戸川乱歩全集33「黒い魔女」

33黒い魔女041

今回は第33巻「黒い魔女」をご紹介します。昭和45年11月の刊行です。
原作は新潮社の大衆文芸雑誌「日の出」に昭和9年に連載された「黒蜥蜴」。三島由紀夫が戯曲化し、その舞台や映画などで非常に有名な乱歩の代表作の一つです。
リライトは氷川瓏が担当しています。初出は昭和32年「名探偵明智小五郎文庫2 黒いトカゲ」としてポプラ社から刊行されました。昭和42年に「名探偵シリーズ」へ収録される際、「黒い魔女」と改題されました。
表紙絵は柳瀬茂、挿絵は岩井泰三が担当。いずれも「名探偵シリーズ」版からの流用です。

原作は比較的短めの話なので、小林君が無理やり顔を出す以外は、ストーリーはほぼ原作通りです。
本書の大きな改変ポイントは、過激なシーンです。
・冒頭のストリップシーン
黒蜥蜴が宝石を散りばめたアクセサリー以外、一糸まとわぬ姿となって踊りますが、本書では真っ黒なイブニングドレスで登場するだけ。
・左腕の刺青
トレードマークの黒い蜥蜴は、左腕に彫った刺青から「トカゲをデザインしたブローチ」に変わっています。迫力なさすぎ。
・囚われた早苗さん
原作では裸で牢屋へつながれますが、本書では「からだにぴったりとあったナイロンのシャツ」を着せられています。ちなみに、博物館の標本も、みんなナイロンのシャツを着ています。(どっちかというと、こっちの方がいやらしくないですか?)
・ラスト
明智が黒蜥蜴の額へ口づけしますが、本書ではそのようなことはしません。

Amazon販売ページ(古本は入手できます)


関連記事:
ポプラ社 少年探偵江戸川乱歩全集の27巻以降
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 宮脇孝雄『洋書天国へようこそ』は翻訳ミステリ・SFファンにおすすめ
  • 筑摩選書「ベストセラー全史【現代篇】」澤村修治
  • 立風書房『現代怪奇小説集』中島河太郎・紀田順一郎/編(1974年)目次
  • 笠原和夫脚本「博奕打ち いのち札」ついにDVD発売!
  • 学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?人気4大シリーズ+αを比較
  • 小学1年生の次男が幽霊を目撃
プロフィール

squibbon

タグクラウド