備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

高木彬光

高木彬光原作の映画「刺青殺人事件」(1953年・新東宝)

201810シナリオ265

高木彬光のデビュー作「刺青殺人事件」の映像化といえば、近藤正臣が神津恭介を演じた土曜ワイド劇場版が有名です。筆者が中学生の頃は、平日は毎日、夕方に土曜ワイド劇場を再放送していて、学校から帰って親が買い物にでかけたりして留守にしていると、乱歩の美女シリーズをドキドキしながら見ていたものですが、この「刺青殺人事件」も何度か見た記憶があります。
神津恭介は、金田一耕助に比べるとあまりハッキリした個性がなく、原作を読むより先にこのドラマ版を見ていたため、どうも神津恭介は完全に近藤正臣とイコールになってしまっています。

「刺青殺人事件」が発表されたのは1948年のことですが、そのわずか5年後、1953年に映画化されていたことはあまり知られていません。
筆者がこれを初めて知ったのは割と最近のことで、このムックに紹介されていたためです。



この本については、いずれまた紹介したいと思いますが、「〝誰も知らない〟ミステリーまで」と表紙にある通り、本当に全く存在を知らなかったミステリ映画が山ほど紹介されていて驚きました。伊藤大輔脚本の「刺青殺人事件」もその一本だったわけです。
「名探偵・神津恭介こそ出てこないが」と言いつつ「高木彬光のデビュー作で代表作の完全映画化」ということで、非常に興味を惹かれましたが、フィルムはすでに失われており、見ることは叶わない幻の映画のようでした。
このムックは、脚本家の桂千穂と掛札昌裕がほぼ自分たちの記憶を頼りに作品紹介をしています。このため、幻の映画でも大量に掲載されているのです。

さて、先日、何の気なしに月刊「シナリオ」誌のホームページでバックナンバーの掲載内容を眺めていて仰天しました。
なんと2年前の2016年6月号に、この「刺青殺人事件」のシナリオが掲載されているというではありませんか。
筆者は、一応毎月「シナリオ」誌の内容はチェックして、興味のある作品が掲載されているときには買っているのですが、こんなとんでもないものが掲載されていることに気づかず、この号はスルーしてしまっていました。なんてこった!
とはいえ、この雑誌は古本でバックナンバーを調達するのは非常に簡単です。いったいどの程度の部数が発行されているのか知りませんが、これまで目的の号を入手するのに苦労したことはありません。
今回も直ちにWebで検索し、無事に購入できました。

シナリオ 2016年 06 月号 [雑誌]
日本シナリオ作家協会
2016-05-02


シナリオが最近発見されたため活字化したということらしく、またもや桂千穂が座談会に登場して、本作についてあれこれ語っています。
桂千穂氏はもうだいぶご高齢かと思いますが、今のうちに知っていることを何もかも全部喋っておいてもらった方が良いと思いますよ。氏以外の誰も知らない貴重な情報を、そのままあの世へ持っていかれてしまったらミステリ界・映画界にとって大変な損失です。

それはともかく、さっそく読んでみましたが、うーん、なんとも言えない。
確かに神津恭介は登場せず、原作では容疑者の一人となる早川博士が自ら推理して謎を解き明かします。
トリックは原作通りですが、ところが密室については全然触れられていません。
「本陣殺人事件」に触発されて執筆された密室物……というのがこの原作の定評ですが、このシナリオを読んでみると、確かに事件にとっては密室かどうかはあんまり重要じゃないですね。原作を読んだのがもう20年以上前であるうえ、本がいま手元にないため、あんまり覚えていないのですが。
というわけで、原作から神津恭介と密室を削除したものがこのシナリオということになります。

そんな気の抜けたビールみたいな……と思われるかも知れませんが、ところがこのシナリオ、ミステリ映画としてはかなりよくできている、というかかなり気合が入っているのです。
1953年(昭和28年)ということを考えると、これは驚くべきレベルです。
1976年の「犬神家の一族」以降は、ミステリ映画もだいぶ「謎解き」重視となり、ミステリ的な仕掛けで観客を驚かせるよう、伏線などにも気を配るようになりましたが、昭和20年代のミステリ映画といえばドンパチが中心です。金田一耕助ですら、暗黒街の顔役みたいな扱いになっていたのです。
その中にあって、このシナリオはカメラのアングルなどまで細かく指定し、ミステリ的にフェアな伏線を張ろうとしています。
それなのに、名探偵を削除するなんて……と思ってしまいますが、これはこれで、当時のミステリ好きが名探偵という存在をどのように捉えていたのか、期せずして時代の証言のような形になっているようにも思います。

というわけで、あまりにも今更ではありますが、ミステリ好きは必読の号でありました。
 

ミステリ作家の意外な作品

ミステリ作家と言ってもミステリばかり書いているわけではなく、多彩な活動をしている作家も多くいますが、ときどき実に意外な著書に出くわすことがあります。
これまでに発見したそんな本をいくつかご紹介します。

高木彬光

高木彬光は戦後本格ミステリの第一人者として知られていますが、一方でも時代小説も量産していたりと、非常に幅広い作品を発表しています。
中でもちょっと意外な活動は、占いの本の執筆や児童書の翻訳でしょう。いずれも高木彬光ファンにはよく知られていますが、一般的には知らない方も多いと思いますので、一端をご紹介します。



占いに関する著書は多く、このような著作集も出ています。このシリーズは比較的最近まとめられたものですが、すでに品切れしているようです。
占いの本で今も入手しやすい本としては、次のようなものがあります。易学者の生涯を描いた歴史小説です。



児童書の翻訳としては、昔、偕成社の児童文学全集に「高木彬光訳」のものがたくさん収録されていました。

「フランケンシュタイン」のほかに「ロンドン塔」「鉄仮面」「西遊記」などを高木彬光が担当しています。筆者は子どもころ、このシリーズを何冊か買ってもらっていたのですが、高木彬光の巻は子どもにはあまり馴染みのない作品が並んでいることもあり、残念ながら一冊も持っていませんでした。巻末のリストをよく眺めていてそこで初めて「高木彬光」という名を覚え、のちに人気ミステリ作家だと知ったのでした。

海野十三

佐野 昌一
学生社

海野十三は本名である佐野昌一名義でこのような本を出しています。戦後も何度か版を改めて発行されていたようです。
筆者は15年くらい前に、たまたま本屋でこの本を見かけたことがあります。
その時はまさ海野十三の著書は思わず、「佐野昌一? 海野十三の本名と同姓同名だな」と思っただけで、手にとることすらしませんでした。
しかし、家へ帰ってから気になって調べてみたところ、なんとやはり海野十三本人の著書ではありませんか。
こんな珍しい本は買っておこうと、改めてその本屋へ行ってみると、なんとその間に売れてしまっており、買い損ねました。出版元でもすでに品切れしており、そのまま手に入れることができなくなってしまったのでした。
とはいえ、買っていたところでパズルには全然興味が無いので、問題を解くことはなかったと思いますが……。

池井戸潤



急に現代の作家になりますが、池井戸潤はもともと銀行マンであり、デビュー前からビジネス書を何冊か執筆していました。もしかするとビジネス書読者のあいだでは「ビジネス書からミステリへ転身」と認識している人もいるかもしれません。
作家デビュー後もビジネス書や銀行業務についての実務書をいくつか書いています。
ここに挙げた本は、これは完全に実務書で銀行員以外は読まないタイプの本です。池井戸潤が大流行作家になっても、この辺の本を池井戸潤の著書の一冊として売り出している本屋は見たことがありません。

笠井潔

スキー的思考
笠井 潔
光文社


この本も、笠井潔の読者にはあまり珍しくないかもしれませんが、スキーについてのエッセイです。
笠井潔のスキー好きはよく知られており、スキー探偵というものまで書いているくらいです。
筆者もスキーは大好きなので、この本はかなり何度も読み返しました。もしかすると笠井潔の著書の中で最も好きな本かもしれません。

島田荘司

アメリカからのEV報告
島田 荘司
南雲堂



最後は島田荘司を。
これもファンにはよく知られているのですが、島田荘司は車マニアで車に関する著書もいくつか出しています。その中でもこの本は極めつけにマイナーな存在でしょう。
筆者は一時期まで、島田荘司の著書は何もかも一つ残らず購入して読んでおり、その頃はインターネットなどもなかったため、どこの本屋へ入るときでも、必ず島田荘司のコーナーを覗いて新刊が出ていないかどうかを確認していました。
それくらい頑張ってチェックした筆者も、この本の存在には数ヶ月気づきませんでした。
しかも気づいたのは、たまたま行きつけの本屋にパソコンの検索機が新たに設置され、当時は客が使える端末というものが珍しかったため、何気なく「島田荘司」を検索したところヒットしてきたのです。
慌てて取り寄せを依頼しました。
内容的には、ミステリのミの字もない、完全なる車の本で、たぶんどこの本屋もミステリコーナーではなく、車のコーナーに置いていたのでしょう。

というわけで、甚だ簡単ですが、ミステリ作家が書いたちょっと意外な著書を並べてみました。
また何か思いついたら追記します。
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • science fiction double feature~筋肉少女帯 Live & PV-clips~
  • 小学5年生の息子が読む「斜め屋敷の犯罪」
  • 宮脇孝雄『洋書天国へようこそ』は翻訳ミステリ・SFファンにおすすめ
  • 筑摩選書「ベストセラー全史【現代篇】」澤村修治
  • 立風書房『現代怪奇小説集』中島河太郎・紀田順一郎/編(1974年)目次
  • 笠原和夫脚本「博奕打ち いのち札」ついにDVD発売!
プロフィール

squibbon

タグクラウド