備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

県警対組織暴力

国書刊行会「笠原和夫傑作選」収録作品解説(第1回)

201809笠原和夫263

前回に続き、国書刊行会「笠原和夫傑作選」について。
今回からの記事では各巻に収録された作品を紹介していきたいと思います。

まずは第1回配本である「第二巻 仁義なき戦い――実録映画篇」。
笠原和夫といえばやはり実録路線が最も有名ですが、「仁義なき戦い」全作+「県警対組織暴力」という最高傑作がこの巻に揃って収録されています。
傑作選のシリーズを全部買うのは高いな……とお考えの方は、ひとまずこの一冊だけでも手元に置いておく価値があります。

「仁義なき戦い」(1973年 深作欣二・監督 菅原文太・主演)
「仁義なき戦い 広島死闘篇」(1973年 深作欣二・監督 菅原文太・主演)
「仁義なき戦い 代理戦争」(1973年 深作欣二・監督 菅原文太・主演)
「仁義なき戦い 頂上作戦」(1974年 深作欣二・監督 菅原文太・主演)
言わずとしれた、笠原和夫の代表作です。
幻冬舎アウトロー文庫に収録されたりなど、これまで何度か公刊されています。
「仁義なき戦い」シリーズは広島抗争を扱った菅原文太主演のものが5作ありますが、笠原和夫が執筆したのは4作目「頂上作戦」までです。笠原としてはここで完結のつもりだったのですが、会社が続編制作を強行し、高田宏治の脚本で「完結篇」が公開されることになります。これはこれで筆者は好きな映画ですが、笠原作品ではないため今回のようなシナリオ集ではなかなか収録されません。「完結篇」を読みたい方は、雑誌「シナリオ」1974年8月号を古本屋で探してください。




「県警対組織暴力」(1975年 深作欣二・監督 菅原文太・主演)
東映実録路線の最高傑作と評され、「映画シナリオの教科書」とも言われる名作です。笠原和夫は「昭和の劇」のなかで、「仁義なき戦い」取材中に仕入れたものの使いきれなかったエピソードを盛り込んだと語っています。タイトルは当時の東映社長だった岡田茂が思いついたもの。
悪徳刑事とやくざとの友情・癒着がテーマとなっています。
今年、映画が公開され話題となった「孤狼の血」は、この作品を下敷きにしています。
このシナリオは、これまで「笠原和夫 人とシナリオ」に収録されるなど、何度か公刊されています。

県警対組織暴力 [Blu-ray]
東映ビデオ
2018-05-09



「やくざの墓場 くちなしの花」(1976年 深作欣二・監督 渡哲也・主演)
「県警対組織暴力」に続き、この作品でもやくざと警察との癒着を描いています。実録路線の一編ではあるのですが、任侠映画のような味わいがあるドラマです。
戦後の暴力団は、在日朝鮮人を組織的に取り込んでいったと言われていますが、この作品ではそういった問題にも触れており、現実の闇と切り結ぶ笠原和夫の姿勢も見られます。「昭和の劇」では映画化にあたってシナリオから改変された部分も詳細に語られています。
このシナリオは、雑誌「シナリオ」1976年11月号に掲載されたことがありますが、書籍へ収録されるのは初めてのことと思われます。




「沖縄進撃作戦」(未映画化)
沖縄のやくざ抗争を描いた作品ですが、存命する関係者との調整が難航し、結局映画化されずにお蔵入りになってしまった作品です。企画はいったん流れた後、再始動し、神波史男・高田宏治の脚本、中島貞夫・監督によって、「沖縄やくざ戦争」として完成しました。笠原和夫の書いたシナリオから設定や人物関係をおおむね踏襲しています。
このシナリオは、笠原和夫の没後に刊行されたエッセイ集「映画はやくざなり」(新潮社)にも収録されています。

「実録・共産党」(未映画化)
前売券を日本共産党へ売りつけるべく、実録路線の一編として岡田茂社長が企画したもの。戦前、非合法な社会運動であった共産党を丹野セツを主人公に描いたシナリオが完成しますが、結局、未映画化に終わります(一説には、チケットをあまり買ってもらえなかったため)。これも笠原和夫の取材力が発揮された作品に仕上がっています。
この企画はやがて角川春樹の元へ流れ、タイトルを「いつかギラギラする日」と変え、深作欣二監督作品として話が進められますが、ここでも最終的に頓挫。タイトルのみが生き残り、15年後に松竹の奥山和由のプロデュースでアクション映画「いつかギラギラする日」が制作されますが、笠原和夫の「実録・共産党」とは全く別の映画になっています。
このシナリオは、笠原和夫と深作欣二の追悼号となった雑誌「映画芸術」2003年春号に収録されたほか、雑誌「en-taxi」の付録として刊行されたこともあります。

次回は第2回配本分について紹介します。




国書刊行会「笠原和夫傑作選」刊行開始!
笠原和夫 シナリオコレクション
笠原和夫を「読む」

国書刊行会「笠原和夫傑作選」刊行開始!

国書刊行会から「笠原和夫傑作選」と題して、全3冊のシナリオ作品集が刊行されます。
出版社のホームページによれば、今月22日が第1回配本で、毎月1冊ずつ出る予定とのことです。

笠原和夫の作品集、いずれはどこかの出版社がまとめるべき、と思っていましたが国書刊行会から出るとは。個人的には、岩波現代文庫から出ている「向田邦子シナリオ集」のようなスタイルで、文庫で出ることを期待していましたが(ちくま文庫あたりから)。
国書刊行会となるとかなりお値段が張りますが、とはいえ造本はしっかりしているし、なかなか絶版にしない出版社なので、これはこれで喜ぶべきことと思います。

というわけで、買うべきどうか悩んでいる方のために、どんな作品が収録されているのか、内容を紹介してみたいと思います。

収録タイトルはすでにホームページで公表されており、以下の通りということです。
【第1回配本】第二巻 仁義なき戦い――実録映画篇
「仁義なき戦い」
「仁義なき戦い 広島死闘篇」
「仁義なき戦い 代理戦争」
「仁義なき戦い 頂上作戦」
「県警対組織暴力」
「やくざの墓場 くちなしの花」
「沖縄進撃作戦」*
「実録・共産党」*

【第2回配本】第一巻 博奕打ち 総長賭博――初期~任侠映画篇 (2018年10月刊)
「風流深川唄」
「港祭りに来た男」
「祇園の暗殺者」
「めくら狼」
「博奕打ち 総長賭博」
「博奕打ち いのち札」
「女渡世人 おたの申します」
「映画三国志」(テレビ作品)

【第3回配本】第三巻 日本暗殺秘録――昭和史~戦争映画篇 (2018年11月刊)
「日本暗殺秘録」
「あゝ決戦航空隊」
「大日本帝国」
「昭和の天皇」*
「226【第1稿】」
「仰げば尊し」*
 *=未映画化作品
以前の記事(笠原和夫 シナリオコレクション)にも書いたのですが、筆者は一時期、笠原和夫のシナリオで公刊されているものを古本屋で片端から買って回ったことがあるため、収録作品のうち「これぞ」というものはすでに手元に揃っています。
そういう点で、レアな収録作品というものは特にないのですが、逆に笠原和夫にこれから親しんでいきたいという方には、必読の傑作が網羅されています。
笠原和夫の仕事を概観することができ、間違いなく「読んで面白い」シナリオ集に仕上がっていることは保証できます。

個々の作品紹介は次回以降として、今回の記事ではシリーズ全体のスタイルを見てみたいと思います。
まず注目すべきは、3冊のサブタイトルにある「初期~任侠映画篇」「実録映画篇」「昭和史~戦争映画篇」という分類。非常に的確で美しく分かれています。

笠原和夫は1950年代に東映へ入社し脚本家となります。当時の映画監督や脚本家は映画会社に所属し、会社の企画にあわせて作品を仕上げていく職人でした。笠原和夫も初期は美空ひばり主演映画や任侠映画のシナリオを職人的にこなしていっていたのですが、そのように量産される「任侠映画」に対する疑問が膨らんでくるようになります。東映のプログラムピクチャーが賛美する「やくざ」像を否定する物語として書かれたのが傑作として名高い「博奕打ち総長賭博」で、ここから職人にとどまらない、表現者としての笠原和夫がスタートしたと言えます。
第一巻はそのような時期の作品を集めています。

任侠映画の人気に陰りが見えてきたとき、笠原和夫は「仁義なき戦い」のシナリオ制作に取り組みます。任侠映画の様式美を捨て、暴力団のありのままの姿を描くべく、実際にあった広島抗争を題材にした飯干晃一のルポルタージュを原作に得て、さらに徹底的な取材を敢行。なまぐさい物語を作り上げました。
この作品一発で任侠映画はとどめを刺され、ここから東映は任侠路線に変わり、「実録路線」をスタートさせます。
「県警対組織暴力」は「実録路線」の最高傑作と評価されていますが、第二巻は未映画化作品を含めたこの時期の傑作を余さず収録しています。

笠原和夫は職人的にやくざ映画に関わってきましたが、作家としては昭和史・戦争史に対する造詣が深いことで知られ、戦争映画も数々の傑作を書いています。
第三巻に収録された作品は、時期は第一巻、第二巻とかぶるものもありますが、いずれも「昭和」「戦争」をテーマとした大作映画です。個人的には、数ある笠原作品の中でも特にお気に入りで、シナリオも映画も何度も何度も鑑賞し直している「あゝ決戦航空隊」「大日本帝国」の2篇が収録されているのが嬉しいところです。

次回は、個々の作品解説をしていきたいと思います。





ついでに、こっちの傑作インタビュー集も復刊してほしいですね。
昭和の劇―映画脚本家・笠原和夫
笠原 和夫
太田出版
2002-10





関連記事:
国書刊行会「笠原和夫傑作選」収録作品解説(第1回)
国書刊行会「笠原和夫傑作選」収録作品解説(第2回)
国書刊行会「笠原和夫傑作選」収録作品解説(第3回)
笠原和夫 シナリオコレクション
笠原和夫を「読む」
文芸としてシナリオを読む

「孤狼の血」のキャストを「仁義なき戦い」の役者で考えてみる

201709孤狼の血123

2015年に刊行され、推理作家協会賞を受賞した柚月裕子の出世作「孤狼の血」。
先月、文庫化され、来春(2018年5月)には東映が映画化するそうです。

著者は「仁義なき戦い」にはじまる東映実録路線の大ファンとのことで、「孤狼の血」も舞台を広島に設定し、全編で広島弁の怒号が飛び交います。
また組織の名称やモデルも実録路線を踏襲しています。
全国組織として名前だけ出てくる「神戸明石組」は山口組がモデルと思われますが、「仁義なき戦い」にも全く同じ名称で山口組をモデルとした組織が登場しています。「仁正会」は、「仁義なき戦い」に「天政会」として登場した広島の共政会を念頭に置いたものでしょう。
主人公たちが所属する暴力団担当係を「捜査二課」としているのも、実録路線の一編「県警対組織暴力」に倣っているものと思います。現実には、暴力団担当は県警では捜査四課、所轄署では刑事課暴力犯係などと呼ばれ、「捜査二課」と呼ばれる部署が暴力団捜査をすることはほぼないはずですが、「県警対組織暴力」では、県警捜査二課の警部補が所轄へ乗り込んできて指揮を執るのです。
そもそも、悪徳刑事とヤクザとの友情というプロットはこの「県警対組織暴力」が念頭にあります。

そんなわけでこの小説は東映実録路線のファンが読むと、脳内で菅原文太や松方弘樹、梅宮辰夫らが暴れ始める素敵な小説なのですが、映画化ついでに、勝手にキャストを考えてみることにしました。
むろんのこと、70年代半ばに東映実録路線の常連であった役者たちで揃えます。
「仁義なき戦い」シリーズ、「新仁義なき戦い」シリーズ、そして同じく広島を舞台にして「仁義なき戦い」の番外編的趣のある「県警対組織暴力」から引っ張ってみましょう。

まずは悪徳警官の大上おおがみ章吾しょうご。「孤狼の血」が「県警対組織暴力」を下敷きにしている以上、これは文句なく菅原文太です。大上は「しょうちゃん」という愛称でも呼ばれていますが、これは「仁義なき戦い」で菅原文太が演じた広能ひろの昌三しょうぞうが「しょうちゃん」と呼ばれていたことに由来するのでは、と思われます。

では、大上が肩入れする尾谷組の若頭・一ノ瀬守孝は?
「県警対組織暴力」に重ねれば、ここには松方弘樹が収まります。しかし、筆者としては梅宮辰夫を推したいと思います。筋の通ったストイックな姿は「仁義なき戦い」一作目での若杉寛を彷彿させます。(「県警対組織暴力」の梅宮辰夫はすごくイヤな奴でしたが)
となると、松方弘樹はどうするかと言えば、大上のもうひとりの親友・チャンギンこと瀧井銀次をお願いしたいと思います。「県警対組織暴力」の松方弘樹は、「マラ呆けしちょると命を落すぞ」と菅原文太から叱られるシーンがありますが、チャンギンにも同じセリフを投げた方がよさそうです。

一ノ瀬の親分・尾谷憲次はどうするか。これがなかなか難しいところです。
「仁義なき戦い」は基本的には親分衆の謀略に巻き込まれ、若いモンが次々死んでいく、という話なので「人望の厚い大親分」という人はほとんどいません。
登場人物の関係図から見ると「県警対組織暴力」の大原組組長が該当しますが、ヘナヘナしたワケのわかんない人物です。怪演した遠藤太津朗は論外。「仁義なき戦い 完結編」で大親分になる小林旭もよいけど、ちょっと若すぎて、若頭の梅宮辰夫と釣り合いません。
いろいろ考えた結果、ここは若山富三郎にお願いしましょう。「新仁義なき戦い」では策謀を巡らす信用できない感じの親分でしたが、本来は古武士のような親分役もバッチリ演じてくれる人です。
丹波哲郎という手もありますが、この人は神戸明石組の親分です。「孤狼の血」には姿を表しませんが、神戸明石組の親分といえば丹波哲郎。「仁義なき戦い」ではセリフは一つもないまま、隠然と腕を組んでニラミをきかせていました。「虎狼の血」でも、人間関係の背後に聳え、代理戦争を眺めているのはきっと丹波哲郎のハズです。

尾谷組で一ノ瀬の下にいる備前と矢島。この二人については備前→室田日出男、矢島→曽根晴美で確定です。
というのは、発砲事件をめぐってこの二人のどちらが出頭するかで揉めるシーンがあるのですが、セリフや展開までほぼ同じシーンが「県警対組織暴力」にもあるのです。ここでこの二人に該当する役を演じたのが室田日出男と曽根晴美でした。

次に敵対組織を見ていきましょう。
五十子会会長・五十子正平は金子信雄の指定席です。
チンピラ上がりの組長・加古村猛は「仁義なき戦い」一作目で新開宗市を演じた三上真一郎がよいのではないかと。
その手下で、暴れん坊の苗代に渡瀬恒彦。
大上の策にハマって全部うたってしまうチンピラ吉田には川谷拓三。大上にいじられる場面は「県警対組織暴力」での取調室の再現です。

そして大上の周囲の人々。
警察関係では呉原東署の暴力団係係長・友竹は成田三樹夫。
課長の斎宮は鈴木瑞穂でどうか。
同僚の班長・土井には山城新伍を。
さらに、大上の周囲を嗅ぎ回るいやらしい新聞記者・高坂には、登場しただけで胡散臭さを撒き散らす田中邦衛が適役でしょう。
最後に女性陣。
大上の「同志」小料理屋女将の晶子は? ここはやはりあの大物女優にご登場いただくしかありません。そう、梶芽衣子! ほかに選択肢はありません。
リコのママ・高木里佳子は小説では名前が出てくる程度の扱いですが、映画版では大きくフューチャーされているようです。ここにはもう一人の大物女優・ひし美ゆり子に入ってもらいましょう。

というところで、主要キャラクターの配役はバッチリ!……と言いたいところですが、肝心の一人を忘れています。そう、主役の日岡秀一です。
しかし、こんなキャラは「仁義なき戦い」には登場しないんですよね。
来春公開予定の映画では松坂桃李が演じるそうですが、とてもはまり役だと思います。したがってここだけは松坂桃李で……と言いたいところですが、70年代にはまだ生まれていなかったような人をキャスティングするわけにはいきません。
うーんと、悩むところですが、ここは思い切って北大路欣也で!
大物のオーラが漂いすぎているのと、ちょっと年を食い過ぎな気もするのですが、「広島死闘篇」冒頭のおぼこい雰囲気を終盤までキープしてくれれば、なんとかなるでしょう。
そして、ラストではついに仮面を脱ぎ捨て、虎狼の血をうけつぐ……そう考えてみると、おお、北大路欣也はうってうけではないですか! キマリ!

と、全ての役が無事に行き渡ったところで今回の記事は終わりにします。与太話に最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
キャスティングが決まったところで、改めて本書を読み直し、脳内で往年の東映実録路線を堪能したいと思います。

関連記事:
「東映実録バイオレンス浪漫アルバム」杉作J太郎(徳間書店)
笠原和夫 シナリオコレクション
国内名作ミステリ必読リスト50(ハードボイルド・冒険小説・警察小説編)

関連商品:
(リンク先は全てAmazon)



仁義なき戦い 浪漫アルバム
杉作 J太郎
徳間書店




シリーズ最新刊!





笠原和夫 人とシナリオ
シナリオ作家協会
2003-12

「仁義なき戦い」シリーズ、「県警対組織暴力」のシナリオを収録。


(筆者の人生で最重要の一枚。結婚式のBGMにも使用して顰蹙を買いました)
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • Video & TV SideViewはVPNでレコーダへ接続できない
  • ちくま文庫から都筑道夫「紙の罠」が復刊
プロフィール

squibbon

タグクラウド