備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

横溝正史

金田一耕助映画のパンフレット(市川崑監督編)

以前の記事(平成元年頃の名古屋古本屋事情(鶴舞~上前津編))にも書いたとおり、中学生の頃は古本屋に映画パンフレットのコーナーがあるとひたすら横溝映画のパンフを探し続けていました。
平成元年(1989年)頃のことなので、「犬神家の一族」が公開されてから、13年しか経っていません。
今になって振り返ればたいして年月が過ぎているわけではないうえ、一世を風靡した大ヒットシリーズだったわけなので、あっという間にコンプリートできてしまったわけです。(ちなみに2018年現在から見て13年前というと2005年ですが、「バットマン・ビギンズ」とか「スター・ウォーズ エピソード3」とかが公開された頃です。そんなに昔じゃないでしょ?)
とはいえ、当時は14歳。自分が生まれたばかりの頃のパンフレットを探していたわけなので、ものすごいお宝を発掘している気分でした。
収獲は全て一期一会。いま買わなかったらもう二度と出会えない……と思い込んで探していたため、あまり状態が良くないものでも平気で買ってました。この辺はもう少し状態を見極めて、きれいなものだけ買うようにしていても良かったなあ、と思いますね。当時はまだそれくらい選ぶ余裕があったと思いますが、映画公開から40年経ってしまった今は、揃える何度がもう少し上がってしまっていると思うので。

ところで、ウキウキしながら集めたパンフレットですが、実は内容的にはあまり珍重すべきところはないです。
横溝正史、角川春樹、石坂浩二への提灯持ち的なレビューと、出演者の他愛もない撮影こぼれ話。基本的にはそんな内容です。
というわけで、それほど突っ込んで紹介するものはないのですが、書影と簡単なコメントだけ載せておきます。

201810犬神家の一族271
「犬神家の一族」(1976年)
これはかなり状態の悪い一品。とはいえ、松本城へ家族で旅行へ出かけたとき、有名な古本屋さん「青翰堂書店」で買った思い出の品です。
見つけたときは興奮して帰ってきましたが、その後、いくらでも簡単に買えるものだとわかり、この状態のはスルーすれば良かったなあ、とちょっとガッカリ。しかし、買い直すこともありませんでした。
横溝正史のコメントに「二度目の映画化」とあります。情報としては全く正しいのですが、その後の歴史を知る立場から見るとなんとも謙虚な認識と感じます。

201810悪魔の手毬唄270
「悪魔の手毬唄」(1977年)
数ある金田一耕助映画の中で、筆者としては最も愛している一本なので、他愛ない内容ですが、大事にしているパンフレットです。「真説・金田一耕助」のなかで横溝正史が映画公開前の宣伝でネタバレしていることに苦言を呈していますが、このパンフレットでも岸恵子のコメントは、真相に対する配慮は一切なし。市川崑監督のミステリ映画に対する熱の入れ方とはなんとも対照的です。

201810獄門島272
「獄門島」(1977年)
これまた、他愛ない内容です。

201810女王蜂273
「女王蜂」(1978年)
横溝ファンにとっての読みどころはあまりないのですが、中井貴惠のデビュー作ということで、インタビューが載っています。これが、恐ろしくやる気のないコメントばかりで、よくそのまま載せたものだと感心する内容です。「映画に出たいとは一度も考えたこともなかったが、東宝に強引に引っぱり出された」という恨みごとを連ね、最後には「好きな女優」を聞かれて半ギレで「全然興味がないのです」と訴える始末。
また、以前の記事でも紹介したCD「横溝正史ミュージック・ミステリーの世界 金田一耕助の冒険」の収録されている「愛の女王蜂」がいったい何なのかはこのパンフレットを見ておくと理解できます。
そんな感じで、金田一映画好きにはチェックする甲斐がある内容になっています。

201810病院坂の首縊りの家274
「病院坂の首縊りの家」(1979年)
これも他愛ない内容。
市川崑監督作のなかでは、原作からの改変が最も著しい作品ですが(なんせ原作が長すぎるうえに複雑なので仕方ないのですが)、パンフレットには登場人物の系図が載っており、原作との相違がわかりやすくなっています。

関連記事:
金田一耕助映画のシナリオ
金田一耕助映画のサウンドトラック
金田一耕助はなぜ和服姿なのか?
高木彬光原作の映画「刺青殺人事件」(1953年・新東宝)

金田一耕助映画のシナリオ

201810悪魔の手毬唄267

金田一耕助映画のコレクションとして、「シナリオを集める」ということもあります。
筆者も手元にあれこれ揃えつつ、結局、全然読んでいません……。
笠原和夫とか黒澤明とか向田邦子とか、シナリオを読むのは結構好きなのですが。
ひとまずどんなシナリオが入手可能なのかだけでも、ご紹介しておきます。

70年代にブームとなった金田一耕助映画については、かなりが「キネマ旬報」に掲載されています。
特に市川崑監督作は、ほぼ全て掲載されました。
5本しかないのに、「ほぼ」というのがどういうことかというと、「獄門島」は解決編の手前までしか掲載されなかったのです。雑誌の刊行が映画の公開前だから、という理由で解決編は翌月に刊行予定の2号先で、ということになっていたのですが、どういうわけか結局掲載されなかったようです。

それはともかくとして、「キネマ旬報」の金田一映画シナリオ掲載号は以下のとおりです。
(Amazonで販売ページを発見できたもののみ、リンクを張っています)

市川崑監督作品
「犬神家の一族」(No.692 1976年10月上旬号)
「悪魔の手毬唄」(No.704 1977年3月下旬号)
獄門島(No.716 1977年9月上旬号)……途中まで
女王蜂(No727 1978年2月上旬号)
病院坂の首縊りの家(No.761 1979年5月下旬号)

その他
「悪魔が来りて笛を吹く」(No.752 1979年1月下旬号)
「悪霊島」(No.821 1981年10月上旬号)……解決編手前まで
     (No.823 1981年11月上旬号)……解決編

「悪霊島」は、「獄門島」と同じく、公開前に発行された号には解決編手前までの掲載となり、2号後で無事に解決編も掲載されました。

上記作品のうちいくつかは、別の刊本もあります。
まず「犬神家の一族」は、公開時に「犬神家の一族 シナリオ決定稿」のタイトルで角川書店から単行本(といっても小冊子といった雰囲気)として発行されたり、各種のシナリオ傑作選にも収録されています。さらに、2006年にセルフリメイクされた際には、DVD「犬神家の一族 完全版 1976&2006」の特典として、市川崑監督の手書きメモ入り撮影用台本の縮小復刻版がついていました(新旧両方)。これはなかなか貴重な特典で、筆者はこれを目当てに購入しました。
「悪魔の手毬唄」もその年のシナリオ年鑑に収録されています。
また「悪霊島」は言わずと知れた角川文庫「シナリオ悪霊島」がありますね。

他の金田一耕助映画としては、中尾彬が主演したATG映画「本陣殺人事件」は月刊「シナリオ 1975年10月号」に収録されています。

以下、ご紹介した雑誌の書影をいくつか。シナリオだけでなく、パンフレットよりもはるか内容の充実した特集を読むのも楽しいです。

201810犬神家の一族268

201807悪魔が来りて笛を吹く248

201810悪霊島269

関連記事:
金田一耕助映画のサウンドトラック
金田一耕助はなぜ和服姿なのか?
高木彬光原作の映画「刺青殺人事件」(1953年・新東宝)

横溝正史はなぜ岡山へ疎開したのか

20170526探偵小説五十年079

横溝正史の代表作といえば「本陣殺人事件」「獄門島」「八つ墓村」「悪魔の手毬唄」と、岡山を舞台にした作品が目立ちます。
太平洋戦争末期に横溝正史は岡山へ疎開し、そこで終戦を迎え、「本陣殺人事件」「獄門島」を執筆したことはよく知られています。
疎開先で知った習俗や怪談をネタにして本格探偵小説の傑作を次々と発表したことから、ミステリファンのなかには「横溝正史がたまたま・・・・岡山のような土地へ疎開したのは、日本ミステリのためにはすごくラッキーだった……」と考えている方がいるかも知れません。
筆者もずっとそう思っていたわけなのですが、実は、横溝正史が岡山へ疎開してその地を舞台にした本格ミステリを執筆したのは、偶然ではないのです。

 昭和二十三年三月九日、本所深川方面が大空襲でやられたとき、わたしは吉祥寺に住んでいた。当時わたしの住んでいた吉祥寺の家の周辺には、たくさんの空地があったから、ああいうショウイ弾攻撃をうけたとしても、本所深川方面ほどの、深刻な被害をうけようとは思えなかった。したがって、わたしは疎開する気は毛頭なかったのである。
 ところでその直後に新聞でこの報道をよんだ岡山の親戚から、家があるからぜひ疎開してくるようにとの親切な勧誘をうけた。このときそれが岡山でなく、もっとほかの地方だったら、わたしはこの勧誘を断ったにちがいない。それが岡山だったゆえに、わたしはこの勧誘にとびついたのである。なぜならば、岡山-瀬戸内海-孤島ととっさに脳裡でむすびついてきたからなのである。
戦争中、時局に遠慮した出版界が探偵小説の掲載を見合わせるようになり、横溝正史は本格ミステリへの激しい飢餓を感じるようになります。
そこへ降って湧いた岡山への疎開の話。
横溝正史は岡山を「安全な疎開地」ではなく「本格ミステリのうってつけの舞台」と直感し、来るべき終戦の日に備えてネタを仕込むために岡山へ赴いたというわけなのです。
終戦の詔勅(=玉音放送)をラジオで聞きながら、「さあこれからだ」と快哉を叫んだエピソードは有名ですが、その前からずっと、もうヤル気満々だったわけです。

この話はいくつかのエッセイで回顧していますが、いずれも金田一耕助シリーズが成功したのちに書かれたもので、いくらかはサービス精神的なものを含んでいるようにも感じます。
しかし、それにしても筆者としては感動的なエピソードと思っています。

まずなにより、孤島あり、山村ありの岡山という土地を本格ミステリの舞台にちょうどよいと判断する作家としての嗅覚。
横溝正史の両親が岡山の出身で親戚がいたりなど多少の土地鑑があったという事情もあるでしょうけれど、やはり四六時中ミステリのことだけを考え続けている「鬼」ならではです。
さらに、時局への鋭い洞察。
戦争中は心底「神州不滅」を信じていた人もいるなかで、海外文芸を読み漁ることによって得た常識的な感覚は、来るべき時代を正確に予見していました。
やはり、信頼に足るべき人物の知見は、信頼に足るのです。
話がずれますが、ミステリに限らず、筆者が深く信頼している本の書き手をTwitterなどでフォローしていると、政権や世論がいくら右傾化しても常にブレることなく別方向の認識を示しています。何十年も信頼できる本を書いている人たちのことは、ずっと信頼し続けてよいということを、この横溝正史のエピソードからも判断できると思います。

いずれにしても、我々は横溝ミステリを生んだ岡山、というよりも、岡山をミステリの舞台に選んだ横溝をやはり尊敬すべき、ということになります。

スポンサーリンク
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

プロフィール

squibbon