備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

横溝正史エッセイ

横溝正史はなぜ岡山へ疎開したのか

20170526探偵小説五十年079

横溝正史の代表作といえば「本陣殺人事件」「獄門島」「八つ墓村」「悪魔の手毬唄」と、岡山を舞台にした作品が目立ちます。
太平洋戦争末期に横溝正史は岡山へ疎開し、そこで終戦を迎え、「本陣殺人事件」「獄門島」を執筆したことはよく知られています。
疎開先で知った習俗や怪談をネタにして本格探偵小説の傑作を次々と発表したことから、ミステリファンのなかには「横溝正史がたまたま・・・・岡山のような土地へ疎開したのは、日本ミステリのためにはすごくラッキーだった……」と考えている方がいるかも知れません。
筆者もずっとそう思っていたわけなのですが、実は、横溝正史が岡山へ疎開してその地を舞台にした本格ミステリを執筆したのは、偶然ではないのです。

 昭和二十三年三月九日、本所深川方面が大空襲でやられたとき、わたしは吉祥寺に住んでいた。当時わたしの住んでいた吉祥寺の家の周辺には、たくさんの空地があったから、ああいうショウイ弾攻撃をうけたとしても、本所深川方面ほどの、深刻な被害をうけようとは思えなかった。したがって、わたしは疎開する気は毛頭なかったのである。
 ところでその直後に新聞でこの報道をよんだ岡山の親戚から、家があるからぜひ疎開してくるようにとの親切な勧誘をうけた。このときそれが岡山でなく、もっとほかの地方だったら、わたしはこの勧誘を断ったにちがいない。それが岡山だったゆえに、わたしはこの勧誘にとびついたのである。なぜならば、岡山-瀬戸内海-孤島ととっさに脳裡でむすびついてきたからなのである。
戦争中、時局に遠慮した出版界が探偵小説の掲載を見合わせるようになり、横溝正史は本格ミステリへの激しい飢餓を感じるようになります。
そこへ降って湧いた岡山への疎開の話。
横溝正史は岡山を「安全な疎開地」ではなく「本格ミステリのうってつけの舞台」と直感し、来るべき終戦の日に備えてネタを仕込むために岡山へ赴いたというわけなのです。
終戦の詔勅(=玉音放送)をラジオで聞きながら、「さあこれからだ」と快哉を叫んだエピソードは有名ですが、その前からずっと、もうヤル気満々だったわけです。

この話はいくつかのエッセイで回顧していますが、いずれも金田一耕助シリーズが成功したのちに書かれたもので、いくらかはサービス精神的なものを含んでいるようにも感じます。
しかし、それにしても筆者としては感動的なエピソードと思っています。

まずなにより、孤島あり、山村ありの岡山という土地を本格ミステリの舞台にちょうどよいと判断する作家としての嗅覚。
横溝正史の両親が岡山の出身で親戚がいたりなど多少の土地鑑があったという事情もあるでしょうけれど、やはり四六時中ミステリのことだけを考え続けている「鬼」ならではです。
さらに、時局への鋭い洞察。
戦争中は心底「神州不滅」を信じていた人もいるなかで、海外文芸を読み漁ることによって得た常識的な感覚は、来るべき時代を正確に予見していました。
やはり、信頼に足るべき人物の知見は、信頼に足るのです。
話がずれますが、ミステリに限らず、筆者が深く信頼している本の書き手をTwitterなどでフォローしていると、政権や世論がいくら右傾化しても常にブレることなく別方向の認識を示しています。何十年も信頼できる本を書いている人たちのことは、ずっと信頼し続けてよいということを、この横溝正史のエピソードからも判断できると思います。

いずれにしても、我々は横溝ミステリを生んだ岡山、というよりも、岡山をミステリの舞台に選んだ横溝をやはり尊敬すべき、ということになります。

横溝正史エッセイ集 番外編『横溝正史読本』

201707横溝正史読本106

本書はエッセイ集というわけではなく、小林信彦によるインタビューがメインの本ですが、探偵小説観や著作の裏話を詳細に語っており、番外編という位置づけでここでご紹介します。
「犬神家の一族」映画公開にあわせ、昭和51年に単行本が刊行されたのち、昭和54年に文庫化されています。

文庫化に際しては、単行本にあった「昭和四十年の日記」が削除されているのですが、一部マニアのあいだでは文庫版に大変な人気があります。というのは、角川文庫の横溝正史作品をコンプリートする上で、「シナリオ悪霊島」と並び本書が最大の「キキメ」とされているのです。(「キキメ」とは古本業界用語で、全集などを揃える際に難関として立ちはだかる巻のこと)
かくいう筆者も、この文庫版は、買う気になれる値段で古本屋に置いてあるのを見たことがありません。高値がついていたり、角川文庫の横溝正史を全巻セット組した中に入っているのは時々見かけますが。

筆者は、本書の入手については幸運でした。
というのは、本書がキキメになっているということを、まだよく知らない中学生の頃(平成元年頃)に、古本屋で単行本(ただし、カバーなし)を見つけ「これの文庫版は見たことがないから単行本を買っておこう」と買っていたのです。
当時すでに、角川文庫の横溝正史作品には入手困難なものがちらほらあり、古本屋を見かけると、軒並み横溝作品の在庫をチェックして歩いていました。
カバーが無い点は購入時にやや引っかかった記憶がありますが、とはいえその頃すでに「本は一期一会。見たとき買わないと後悔する」ということを悟っていたため、すぐさま買いました。
今にして思えば、我ながら「でかした」と思います。冒頭の画像がそれです。おかげで、その後インターネットが隆盛し、ファンが「横溝正史読本」入手の苦労について語り合っているのを見ても高みの見物をしていられました。
文庫版はその後一度、復刊されたことがありますが、既に単行本を持っているうえ、棚に並べたところで背表紙が揃わないのが嫌だったので、買っていません。
(余談ですが、もう一冊のキキメである「シナリオ悪霊島」の方は、新刊書店で普通に並んでいるのを何度か見かけていました。こんな記事を書くくらい、この映画は大好きだったのですが、シナリオは「こんなもの買う人いるんかなあ」とスルーしていました。後年、古書価が高騰することを知っていたら、買っておいたんですが……)

さて、そんなわけで手に入るかどうかという点ばかりが注目される本書ですが、内容はかなり濃いです。自作についてのコメントは、本書一冊があればほかのエッセイはいらないくらい、何もかも語っています。
また、「ドグラ・マグラ」を読んでいる最中、急に気が変になって衝動自殺しそうになったというエピソードも披露されています。角川文庫版の『ドグラ・マグラ』の作品説明には「本書を読んだものは精神に異常をきたす」というようなことがありますが、その元ネタはこの話ではないか、と筆者は思っているのですが、どうなんでしょう。

目次は以下のとおりです。
序にかえて
横溝正史の秘密(横溝正史・小林信彦)
探偵茶話 横溝正史
「本陣殺人事件」を評す(江戸川乱歩)
「蝶々殺人事件」について(坂口安吾)
「獄門島」について(高木彬光)
日記(昭和四十年)
昭和四十年の日記について
年譜(島崎博)
あとがきにかえて(小林信彦)

横溝正史エッセイ集 その6『横溝正史自伝的随筆集』

201707横溝正史自伝的随筆集105


横溝正史の生誕百年を記念して平成14年(2002年)に角川書店から発行されました。
本書の最大の眼目は、これまで単行本未収録だった「続・書かでもの記」が収録されているところでしょう。
「続・書かでもの記」は、雑誌「幻影城」に昭和51年から翌年にかけて連載されたもので、「書かでもの記」の続編という扱いになっています。(「書かでもの記」は「続」と同じく「幻影城」に掲載されたのち、徳間書店「横溝正史の世界」にも収録されています)
「続編」とはいっても、時系列がつながっているものではなく、「書かでもの記」に書ききれなかった、幼少期のさらなる裏話を書いているものですが、これがかなり衝撃的な内容です。

「書かでもの記」でも複雑な家庭環境が綴られていますが、「続・書かでもの記」にはその影響によりコンプレックスまみれの幼少期を過ごしたことが率直に書かれています。
盗癖があり、家業の薬屋から一銭ずつ持ち出し、こっそりと手元に溜め込んでいたこと。
小六で初めて体験した夢精と、その後の自慰に耽る日々。
悩みを打ち明ける相手もなく、自己嫌悪に陥るまま、
「ウチは人間やあらへん。ケダモノや」
と卑屈に思い込んでいた少年時代が赤裸々に明かされます。

日本ミステリ史上最大の作家がここまでさらけだすとは……と驚く内容なのですが、筆者は個人的に、この「続・書かでもの記」には格別の思い入れがあります。
前述のとおり、このエッセイは雑誌「幻影城」へ連載されたものです。
筆者は、中学生の時(平成2年が明けた頃)にお年玉をはたいて、「幻影城」の揃いを古本屋で買い、ヒマがあると少しずつ読んでいたのですが、この連載エッセイには呪いをかけられたような気分になりました。
横溝正史の「ヰタ・セクスアリス」であり、筆者がこれを読んでいたのがちょうど中学2年ということもあり、文中の横溝少年が他人とは思えませんでした。「書かでもの記」を読んでいないと、家族関係などがよくわからない部分も多かったのですが、ページをめくる手を止めることができず、貪るように読みました。
「幻影城」に掲載されたきり、単行本にまとめられることがなかったため、あまり多くの読者の目には触れていないエッセイでした。このため、なんとなく横溝正史と自分とのあいだに秘密を持っているような気分になり、作品を読んでいるとき以上に親近感を覚えていました。
そんなわけで、本書が刊行された時は「あのエッセイがとうとう単行本に!」と、それはそれで衝撃を受けたものです。

本書にほかに収録されている文章は「書かでもの記」など、これまでのエッセイ集から自伝的要素の強いものの再録が中心となっており、やはり「続・書かでもの記」を単行本にまとめた、という点が最大のウリといえるでしょう。

目次は以下のとおりです。

《第一章 横溝正史自伝》
書かでもの記
続・書かでもの記
 1 「書かでもの記」をまた書くということ 暗い町の暗い思い出のかずかずのこと
 2 顔のない等身大の母のひとがたのこと 兄に受け継がれた母の文芸趣味のこと
 3 貧しき生薬屋の思い出のこと 生活無能者はまの血のこと
 4 おかたさんにご詠歌を習い悲しむこと 姉の清が仇の過保護少年となること
 5 殺伐な町で度々変死体を見ること お嫁にきた晩からせえでもと思うこと
 6 幼にして機嫌買いだった私のこと また貰いましてんで級長になること
 7 伊勢屋のおじいさんと三人妻のこと 先生と大阪へ飛行機を見に行くこと
 8 盗みをはたらく内向型少年のこと 湊川新開地大いに発展繁栄のこと
 9 市ちゃんヨッコンの幼い友情のこと 市ちゃん金田一耕助のモデルとなること
 10 内向少年初めての夢精を経験すること 自慰を覚えて罪業感に怯えること
 11 探偵小説暗黒時代のこと 巡りぞあわん「古城の秘密」のこと
 12 酒を飲んでしばしば夢を見ること 西田徳重少年度々枕に立つこと

《第二章 それからの事ども》
槿槿先生夢物語
続槿槿先生夢物語
探偵小説暗黒時代
西田さんご兄弟のこと
甦る青春の日々
ノンキな話――若気のいたり
古きよき時代の親分――森下雨村の追悼
「パノラマ島奇譚」と「陰獣」が出来る話
誤植奇談
喀血で狼狽のこと――「途切れ途切れの記」より
淋しさの極みに立ちて――「かいやぐら物語」の思い出
「続・途切れ途切れの記」より
 神沢太郎先生のこと
 人形佐七のこと
 花柳界のど真中に住むこと
 とどろく足音のこと
片隅の楽園
本格探偵小説への転機――「本陣殺人事件」の前後
わが小説――「獄門島」
ピンチ・ヒッター
日文矢文
十風庵鬼語

《第三章 日本二大探偵作家 乱歩と正史》
乱歩書簡集
乱歩は永遠にして不滅である
続・乱歩は永遠にして不滅である

正史もまた永遠にして不滅である(新保博久)
横溝正史年譜(中島河太郎)
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?【最新】人気4大シリーズ+αを比較
  • 新宿鮫・鮫島警部は今、何歳?
  • 春日太一『黙示録――映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
プロフィール

squibbon

タグクラウド