備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

映画ロケ地巡り

映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(後編)

20170502鬼畜065

映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(前編)

前回の記事に引き続き、松本清張原作・野村芳太郎監督の映画「鬼畜」(1978年松竹)のロケ地が、今はどんな風になっているのか、GoogleストリートビューとGoogleアースとを駆使して見ていきたいと思います。

今回は、本編中の主要ロケシーンです。

まず、川越の蓮馨寺境内にある「川越ピープルランド」。
screenshot012009蓮馨寺
右はGoogleストリートビューに投稿された、360度パノラマ写真から。お寺は当時のままの姿ですが、お堂に向かって左手にある川越ピープルランドは跡地になにか別の建物があります。(下の埋め込み画像を御覧ください)


次は、緒形拳が娘を連れて新宿へ出かけるシーン。
screenshot008007新宿東口
 右は Googleアースで見たJR新宿駅東口ですが、なんと40年前からほとんど変わっていません。さくらやの看板がビックカメラに変わっている程度。

長男と一緒に上野へ行き、屋台でパンを買うシーン。上野動物園の前です。
screenshot013010上野公園
 
物語終盤、長男を捨てるため能登半島へ来て、遊覧船に乗るシーン。「福浦」と看板が写っているため、すぐに特定できます。
screenshot015011福浦港

 クライマックス、ヤセの断崖。これは、Googleアースで確認するのは無理がありました。
screenshot016 012ヤセの断崖

ラストシーンは、長男の乗せた車が警察署から走り去るという、シナリオにはない場面ですが、この警察署に使われた建物はよくわかりませんでした。

関連記事:
野村芳太郎監督 おすすめミステリ映画10選

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 鬼畜 [Blu-ray]
岩下志麻
松竹
(リンク先はAmazon)


張込み (新潮文庫―傑作短篇集)
松本 清張
新潮社
(リンク先はAmazon)

原作収録本

(リンク先はAmazon)

(リンク先はAmazon)

映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(前編)

20170501鬼畜064

松本清張原作・野村芳太郎監督の映画「鬼畜」(1978年松竹)は、筆者が最も好きな邦画の一つです。
緒形拳の迫真の演技に圧倒されることももちろんですが、個人的にこれほど入れ込んでしまう理由として、75年生まれの筆者がちょうど物心がついた時期に撮影された映画であり、画面に映っている昭和末期の街並みや服装などに、たまらない懐かしさを感じてしまうということもあります。

そんなわけで今回は、映画「鬼畜」のロケ地が、今はどんな風になっているのか、GoogleストリートビューとGoogleアースとを駆使して見ていきたいと思います。
今回は、小川真由美が東武東上線に乗って緒形拳の住む川越へ出かける冒頭のシーン。

 まずは、小川真由美の最寄りだった埼玉県寄居町の男衾駅。
screenshot000000男衾
  左が劇中の男衾駅。右が現在の男衾駅。
駅舎は建て替わっているようですが、 雰囲気は昔のままです。電話ボックスまで同じ位置にあります。

鉄橋。
screenshot004002鉄橋


次に、川越へ向かう電車の空撮。
screenshot002001空撮
 
screenshot003003空撮
 地形や道路の形から推測して、上は東武東上線が国道254号線と交わる辺り、下は森林公園駅と東松山駅のちょうど中間あたりと思われます。

次に川越市内。これは容易に位置を特定できます。
screenshot005004川越市駅
 川越市駅。駅舎が建て替わっても面影は残っています。

 screenshot006005川越市街
蔵のある街並み。駅から時の鐘へ向かうルートです。

screenshot007006時の鐘
時の鐘付近。決戦前に腹ごしらえしたラーメン屋「勝山」は、「大八勝山」として今も健在です。
約10年前に、実際に川越でロケ地巡りをした時は、隣に「フジパン」の看板が見えているパン屋も、おしゃれな店に様変わりして営業していましたが、ストリートビューで現況を見ると、何やら工事中でした。

というわけで、映画を見ていない方には何のことやらさっぱりわからない写真ばかりですが、次回、後編に続きます。
映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(後編)

関連記事:
野村芳太郎監督 おすすめミステリ映画10選
野村芳太郎監督「影の車」(1970年)

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 鬼畜 [Blu-ray]
岩下志麻
松竹
(リンク先はAmazon)


張込み (新潮文庫―傑作短篇集)
松本 清張
新潮社
(リンク先はAmazon)

原作収録本

(リンク先はAmazon)

(リンク先はAmazon)

profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 春日太一『黙示録――映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • Video & TV SideViewはVPNでレコーダへ接続できない
プロフィール

squibbon

タグクラウド