備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

新刊情報

買い逃しチェック――ここ最近の要チェック新刊情報 2017年11月

このコーナーでは、気になった新刊をちょこちょこと紹介していきます。
ここ最近筆者の目についた、というだけで、刊行から割りと日が経っている本も紛れていますのでご容赦ください。
(リンク先は全てAmazon)

屍人荘の殺人
今村 昌弘
東京創元社
2017-10-12


今年の鮎川哲也賞受賞作ですが、とんでもなく評判がよいです。恐らく年末に各社が発表するミステリの年間ベストテンには確実に入ってくることでしょう。
選考委員の加納朋子曰く「新しいクローズドサークル」ということですが、はじめのうちは状況を作るためだけにこのようなものを登場させているのかと思いましたが、最後まで読むと全ての設定が事件解決のために有機的に絡んできます。ゲテモノミステリと思わせておいて、実は見事な本格ミステリなのです。
今のうちに読んでおかれることをオススメします。

13・67
陳 浩基
文藝春秋
2017-09-30


台湾で実施されている島田荘司推理小説賞を2011年の受賞した陳浩基の受賞第一作です。
陳浩基は台湾ではなく、香港の人らしく、本作は香港の歴史をさかのぼりつつ本格ミステリでもあり、警察小説でもあり……と、評判は絶好調です。
実は筆者はまだ読んでいないのですが、世間の評判を見ているとおそらくは年間ベストには入りそうな勢いなので、早めに読んでおきたいと思っています。

花嫁のさけび (河出文庫)
泡坂 妻夫
河出書房新社
2017-11-07


泡坂妻夫の初期の代表作の一つです。これまでにも講談社文庫、ハルキ文庫に収録されてきましたが、河出文庫から復活です。またもや絶版になる前に、泡坂妻夫ファンはお早めにどうぞ。
今回の復刊の一番の目玉は解説が恩田陸という点ですね。
本作は設定がダフネ・デュ・モーリアの「レベッカ」に似ているとよく言われますが、新潮文庫の新訳版「レベッカ」の解説も恩田陸が書いています。ネタバレ解説ですが、「レベッカ」と本作との比較から作者の企みを説明しつつ、さらに同業者だからこそわかる泡坂妻夫の凄さを紹介しており、改めて冒頭から読み直したくなること必至の素晴らしい解説です。
ちなみに、恩田陸と泡坂妻夫の関係はもう一つあって、実は恩田陸が双葉社から2001年に出した長編「MAZE」の装丁は泡坂妻夫が手がけています。
当時、このことはぜんぜん話題にならなかったため、知らない方も多いようです。
ものすごく凝ったかっこいい装丁なので、いったい誰がデザインしたんだろうと確認して、仰天しました。個人的には泡坂妻夫の裏ベストと認識しており、引っ越しを重ねるうちに恩田陸の本のほとんどは売ってしまったのですが、「MAZE」だけは大切に保管しています。
なお、河出文庫からはこのあとも「妖盗S79号」「迷蝶の島」と傑作の復刊が続くようです。



ここ最近、新刊書店で絶滅していた結城昌治が、ちくま文庫から復活です!
結城昌治は「ゴメスの名はゴメス」などのスパイ小説や「暗い落日」などのハードボイルドが有名ですが、作品の幅は非常に広く、筆者は「ひげのある男たち」「白昼堂々」などのユーモアミステリを愛読しています。(以前に書いたこちらの記事もご覧ください)
本書はサスペンス小説を集めた角川文庫版「あるフィルムの背景」をベースにして、代表作級の傑作短編を追加し、全13篇を収録しています。筆者はこの中でも特に「葬式紳士」が好きで好きで……手元にいくつも収録した本があるのに、また買っちゃいましたよ。
このまま引き続き、ちくま文庫で結城昌治を出していってくれることを熱望します。

買い逃しチェック――ここ最近の要チェック新刊情報 2017年10月

このコーナーでは、気になった新刊をちょこちょこと紹介していきます。
ここ最近筆者の目についた、というだけで、刊行から割りと日が経っている本も紛れていますのでご容赦ください。
(リンク先は全てAmazon)

【「新青年」版】黒死館殺人事件
小栗 虫太郎
作品社
2017-09-28


今月最大の話題書は、やはり本書でしょう。
「黒死館殺人事件」の固有名詞全てに注釈をつけるという、大変な偉業です。また、その注釈も脚注の形で本文の下にレイアウトされているので、非常に読みやすくなっています。さらには、連載時の挿絵も全て収録という、この一冊さえあれば、ほかに本は何も要らないと言って良いくらいです。(ちなみに「無人島へ持っていく本」という表現がよくありますが、これは「黒死館殺人事件」を背嚢へ入れて戦地へ赴いた青年がいる、という乱歩が紹介したエピソードから生まれたものだという説もあります)
そして、本書にはもう一つ、とびきりの魅力があります。
それは、このカバーの手触り! なんなんでしょう、これは。
こんな感触の本をさわったのは初めてですが、書店で手に取ったときには、あまりの衝撃に頭がクラクラしました。
本を持ち上げただけで、なにを大げさで馬鹿げたこと言ってんの? と思われるかも知れませんが、いや、これがマジでそうなんです。
しっとりと手に馴染む質感で、「高いな」「分厚いな」「ホントに読む気あるの?」と言ったネガティブな想念が全て消え去り、「このまま手放したくない」「死ぬまで本棚に並べておきたい」と思ってしまうこと確実です。
作品社も恐るべき紙質を発見(あるいは開発)したもんだと思います。


街場の天皇論
内田 樹
東洋経済新報社
2017-10-06


まだ出たばかりの本なので、きちんと読んではいないのですが、ここ最近、天皇についての発言が増えている内田樹の天皇にまつわるエッセイ集です。
天皇に対する崇敬の念というと、保守主義者と見なされる傾向がありますが、実際には全くそんなことはなく、リベラリストを含めた日本人の大半は、天皇や皇室に対し、濃淡はさまざまかもしれませんが敬意を抱いています。
筆者自身も、ネトウヨが語っているような愛国論には吐き気しか感じませんが、昭和天皇や今上陛下については心から敬愛しています。
本書はそのような気分にぴったり沿うものであり、また象徴天皇が戦後日本においてどのような効果を持っていたのか、的確な言葉で分析しています。
代替わりが迫る今の機会に読んでおきたい本です。



綾辻行人デビュー30周年を記念して編まれた書き下ろしアンソロジー。
特に大傑作が収録されているわけでもなく、いやそれどころか、肝心の綾辻さんの短編が「何じゃこりゃ」と言いたくなるようなむちゃくちゃなものなのですが(そもそも、綾辻さんの作品に「名探偵」はいないので、企画自体がむちゃ)、しかし、中学高校の頃に毎月ワクワクしながら手に取っていた講談社ノベルスを思い出し、ついつい買ってしまう、楽しいお祭り本です。



「レトロ」ってどのくらいレトロな話かというと、無声映画まで遡って話をしているレベルです。
ほとんど未見の映画ばかりなのですが、テクニック中心に語られているため興味深く読める本です。

買い逃しチェック――ここ最近の要チェック新刊情報 2017年9月

今回からスタートのこのコーナーでは、気になった新刊をちょこちょこと紹介していきます。
ここ最近筆者の目についた、というだけで、刊行から割りと日が経っている本も紛れていますのでご容赦ください。
(リンク先は全てAmazon)

盤上のファンタジア:若島正詰将棋作品集
若島正
河出書房新社
2017-08-25

ミステリやSFを含む英米文学の翻訳で有名な若島正・京大教授による詰将棋の作品集。長らく品切れだった本ですが、藤井四段の活躍で詰将棋に注目が集まる中、復刊しました。
若島教授は翻訳家として知られていますが、将棋やチェスの強豪アマとしても有名です。大崎善生による団鬼六の評伝「赦す人」の文庫解説で、小池重明と対戦したことがあるというエピソードを披露しており、ビックリしました。
(そういえば、団鬼六の「真剣師小池重明」も、しばらく品切れでしたが、昨今の将棋ブームに乗って重版がかかったようです。超名作なので、未読の方はこの機会に是非)




翔ぶ夢 生きる力 ~俳優・石坂浩二自伝~
石坂浩二
廣済堂出版
2017-08-26


石坂浩二の「自伝」。
聞き書きと思われる体裁で、それほど充実した内容とは言い難い本ですが、金田一耕助についても一章を費やしていろいろ興味深い話を語っています。「テレビ版のオファーも受けたが第一話を読むと逆立ちをしていて、これは違うと思った。テレビの金田一は見ていない」ということを言っていて、古谷一行に喧嘩を売っているようにしか思えないのですが……。金田一ファンは「どっちも好き」という人が多いと思いますので、仲良くしていただきたいものです。



昭和史がらみで興味深い本が出ています。
田辺元は京都学派の哲学者ですが、1940年に「歴史的現実」という小冊子を刊行し、学徒動員に理論的な裏づけを与え、数多の学生が本書を懐に戦地へ向かうこととなりました。
この「悪魔の理論」を佐藤優が詳細に読み解きます。
筆者は哲学という分野は全く苦手で、基本的な教養がないため入門レベルの本ですら理解できないのですが、正直、本書もほとんどよくわかりませんでした。佐藤優は非常に丁寧に田辺元の理論を解説してくれていますが、全体をつなげて頭のなかで整理するには、かなりの素養が必要と感じます。
ただ、世界で頻発するテロや、ここ最近の好戦的な社会情勢に、暗い未来を感じている方は、冒頭に佐藤優が語っているとおり、危険思想の予防接種として本書を一読される価値はあると思いました。



リンク先のAmazon商品ページに目次が掲載されていますが、イギリス文学・鴻巣友季子、フランス文学 ・鹿島茂、ドイツ文学・池内紀、ロシア文学・沼野充義、アメリカ文学・青山南、明治文学・坪内祐三、戦後昭和文学・福田和也、国内ミステリー・新保博久、海外SF・大森望、等々、各分野の文句なしの第一人者が集結している、心強いラインナップです。
とはいえ、「本の雑誌」に寄稿する面々だけあって、あまり素直な内容ではありません。直球ど真ん中の選書をしているのは大森望くらいで、新保博久などは変化しすぎて魔球になっているような内容です。
ディスるつもりはないのですが、「古典名作」というタイトルに惹かれて初心者が真に受けてしまうとやや戸惑う内容です。上記の評者の名前を見てピンとくるレベルの読者が、コラムを読みながらニヤニヤする、というタイプの本になっています。
後ろのほうにある、エンターテインメント番付を選ぶ対談は面白いです。選ばれている本も割りと定番が多いので、初心者の目安にもなるとは思いますが、それよりも、大森望がやたら「これは読んでない」と言い切っているのが驚きでした。どんな本でも読んでいないものはない、というくらいに思っていたのですが、やっぱりそんなわけないですよね。筆者は「黒死館殺人事件」も「月長石」も、一応最後まで読み通しているので「勝った」と思いました。

わざと忌み家を建てて棲む
三津田 信三
中央公論新社
2017-07-19


買ってもいなければ読んでもいない本をご紹介するのもいかがなものかと自分で思いますが、これはかなりグッとくるタイトルです。最初は「もしかして実話!?」とちょっと期待しましたが、小説だったのでその時点でちょっと減点。買うべきかどうすべきか悩んでいます。
三津田信三氏は編集者として実話怪談界の名作を数多く世に送り出している方で、絶対的に信頼できるのですが、ただ刀城言耶シリーズは個人的にあまりノレないため、どうも買う前には悩んでしまいます。



子ども向けに発行されている大井川鐵道を走るトーマス号の写真集。
先日の記事に書いたとおりトーマス号のベースになっているC11形227号は映画「悪魔の手毬唄」のラストシーンの撮影に使われた車両です。C11形227号の今の姿を心ゆくまで堪能したい方にはおすすめです。筆者は実物に乗ってきたばかりだというのに、子どものために妻が買ってきた本書を食い入るように眺めています。

このコーナー、月イチペースで随時アップしていきたいと思います。
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • Video & TV SideViewはVPNでレコーダへ接続できない
  • ちくま文庫から都筑道夫「紙の罠」が復刊
プロフィール

squibbon

タグクラウド