備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

ストリートビュー

映画「悪霊島」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る

20170512悪霊島077

今回は横溝正史原作の角川映画「悪霊島」(1981年:篠田正浩監督)のロケ地を探してみたいと思います。
70年代後半から大量に作られた横溝映画の中で、個人的には最も気に入っているのがこれです。
鹿賀丈史の金田一耕助が抜群に好きなのですが、とはいえ、この映画の感動の半分以上はラストに流れるビートルズ「Let it be」に負っているようにも思います。その点で、現在販売されているDVDでは、他アーティスト歌唱バージョンへ差し替えられているのが残念でなりません。
ビートルズの著作権がいつ切れるのかよく知りませんが、そのときには真っ先にこの映画の劇場公開版をソフト化すべし、と考えています。それまで頑張って生きるぞ!

それはさておき、ストーリーの説明抜きで、どんどん行きます。

冒頭、新宿の高層ビル群。写っているのは新宿三井ビルディングと、その奥に新宿野村ビルです。
screenshot000001新宿

メインタイトル。男性が落下している崖は瀬戸内海の島ではなく、日本海に浮かぶ隠岐島の摩天崖です。
screenshot001002摩天崖

隠岐の摩天崖で撮影したシーンは劇中に多々あります。例えばこの辺です。
screenshot000screenshot006

また冒頭付近へ戻って、金田一耕助と磯川警部が再開するシーン。岡山県笠岡港のフェリー乗り場です。金田一がもたれている石柱は今も健在で、その横に観光案内板もあります。
screenshot019


モグリの産婆が殺された現場。広島県竹原市の町並み保存地区です。さすが、今も撮影当時のまま保存されています。
screenshot020


刑部島の港。瀬戸内海の大崎下島です。これも、撮影当時から全く変わっていません。
screenshot021


さて、一気に終盤へ飛んでしまいますが、鍾乳洞。これは岡山県新見市の満奇洞です。ストリートビューでは見られませんが、ネットで検索すると洞内の写真はいくらでも見られます。他サイトから引用するわけには行かないので、実際の景色は省略します。
screenshot004
screenshot005

というわけで、あっという間に、ラストシークエンスですが、まずは主人公の乗る警察車両の前を横切る金田一耕助。笠岡港フェリー乗り場のすぐ近くです。
screenshot008


最後の、遠ざかる金田一耕助の後ろ姿。これは確実にこの場所だという根拠はないのですが、周りのお店の名前などから調べて、恐らくこの位置だろうと思います。やはり笠岡港フェリー乗り場すぐ近くの路地です。ストリートビューでくるっと振り向いていただくと、冒頭で金田一耕助もたれていた石柱が見えます。
劇中での金田一耕助の動きとも一致している場所です。
今回ご紹介した中で、最も景色が変わっているのはこのショットですね。
screenshot007


何の説明なく非常に駆け足で進めてしまいましたが、このページを見ているのは方は当然、映画「悪霊島」をご覧になっているはず、という前提で画像やストリートビューのリンクだけ掲載しました。
西日本中心とはいえ、かなり広い範囲でシーンごとに異なる場所でロケをしており、複雑な撮影をこなしていたことが伺えます。
例によって、撮影場所を特定できないものもたくさんあり、それらは省略しています。劇場公開時のパンフレットには、ロケ地がいくつか明記されており、その一つとして金田一耕助が野犬に襲われるシーンの撮影は滋賀県の余呉で行われたとあります。しかし、山中ということもあり、場所は見当もつきません。

関連記事:
映画「太陽を盗んだ男」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る
横溝正史「悪魔が来りて笛を吹く」の舞台をGoogleストリートビューで巡る
金田一耕助映画のサウンドトラック

悪霊島 [DVD]
(リンク先はAmazon)

悪霊島(上) (角川文庫)
横溝 正史
(リンク先はAmazon)

悪霊島(下) (角川文庫)
横溝 正史
(リンク先はAmazon)

悪霊島
サントラ
(リンク先はAmazon)

映画「太陽を盗んだ男」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る

20170502太陽を盗んだ男067

1979年の映画「太陽を盗んだ男」はカルト的な人気を誇る映画ですが、筆者が初めて観たのは、池袋新文芸坐でのリバイバル上映でした。
DVDではなく、大画面で出会うことができたのは非常に幸せなことだったと思っています。特に後半のアクションはDVDで見るとやや物足りなく感じてしまいます。

それはともかくとして、この映画はロケ中心で撮影されており、70年代末の東京の様子が克明に記録されています。Googleアースとストリービューとを使って現在の姿と比較してみます。

まず冒頭の原子力発電所。これは、実際には原発ではなく横須賀火力発電所です。
screenshot009002空撮

screenshot004001発電所
Googleアースで眺めると、一部の建物がなくなっていますが、おおむね撮影当時と変わらない姿です。

次に、沢田研二の自宅アパート屋上。
screenshot010003自宅
背景に新宿ビル群があり、アパートの真下には中央線が走っています。ビルの見える角度などから、JR大久保駅の北と推定されますが、目を凝らしてGoogleアースを探し回っても、該当する建物は見当たりません。撮影当時からオンボロビルでしたので、建て替わっているのでしょう。

バスジャック事件。
screenshot011004坂下門
これは、半永久的に景色は変わりません。皇居の坂下門です。

次に、これも不動の景色、国会議事堂。伝説的なゲリラ撮影のシーンです。
screenshot012005国会
ストリートビューでは、ずばり同じ角度の画像はありませんでしたが、映画と全く同じ位置に警察官が立っていました。門の脇の樹木もずいぶん生長しています。

中盤、歌舞伎町近辺を歩き回るシーン。
screenshot015
このあたりは、ここ数年でガラッと景色が変わりました。

池上季実子と沢田研二が出会うシーン。新宿住友ビルです。
screenshot000012737

008ビル

ビルの敷地内となるためか、ストリートビューではこの辺りを見られませんでした。
池上季実子の後ろに謎のオブジェが見えますが、Googleアースにもそれらしきものが見えます。この位置から、沢田研二が壁を押さえていた位置も推定して、書き込んでみました。

池上季実子と沢田研二が入った喫茶店。新宿大ガード西の交差点脇です。ストリートビューで見ると、今は回転寿司になっているようです。
screenshot001009新宿大ガード

捜査が進み、沢田研二が電話をかけていた東急百貨店へ警察車両が駆けつけるシーン。
screenshot003010東急百貨店
渋谷にある東急百貨店本店の現状とあまりに雰囲気が違うため、あれ?と思い調べてみると、なんとこの外観は渋谷ではなく、東急百貨店日本橋店のものでした。現在は閉店して、コレド日本橋が建っています。隣接する日本橋西川ビルは今も現在です。三菱銀行の看板が写っていますが、この場所には現在も三菱東京UFJ銀行が入居しています。
万札を空中へばらまいたりなど、外回りの撮影は、全て日本橋で行われたようです。

原子爆弾を押収されてしまったあと、池上季実子と再会。背景に写っている景色から、代々木のこのあたりと推定されます。(電信柱に住所表示が見えます)
screenshot006

さていよいよ、早朝の壮絶なカーチェイス。スタートは竹橋のパレスサイドビル脇です。発進する車の背景にビル名が写り込んでいます。
screenshot007010パレスサイド

菅原文太が車をジャンプさせたのは、そのすぐ北にあるこの位置。このシーン、大好き。
screenshot008012ジャンプ

カーチェイス途中。「日進ハム」の看板を手がかりに、一ノ橋ジャンクション付近と特定できます。
screenshot014013日進ハム
カーチェイスはこの後も延々続きます。背景の看板などから、位置を特定できそうな場面もいくつかありますが、キリがないのでこのくらいで。

次に、一気に終盤へ飛んで、菅原文太が「ろうりんぐすとおんずなど来おおん!」(注)と怒った、武道館近くのビルの対決シーン。
(注:大槻ケンヂ『オーケンの、私は変な映画を観た!!2』キネマ旬報社参照)
screenshot016014屋上
科学技術館の屋上のようです。
「行くぞ、九番」と飛び降りるときに写っている外壁もこの建物のものです。
screenshot017015九番

さて、上記の他にもほとんどのシーンがロケなので、東京の景色はたくさん写っているのですが、特定できなかったり、ストリートビューで確認できなかったりが多いため、今回のご紹介はこのくらいにします。

関連記事:
映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(前編)
映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(後編)



島田荘司「異邦の騎士」の舞台をGoogleストリートビューで巡る

20170501異邦の騎士066

数ある島田荘司作品の中で、最も好きなのは「異邦の騎士」だ、という方は多いでしょう。
かくいう、筆者もその一人で、中学生の頃に初めて読んでから、これまでに何度読み返したことか。

この小説の舞台は1978年の東急東横線沿線に設定されています。文中には70年代の香りが濃厚に漂い、1975年生まれの筆者としては、その辺にも興味をそそられます。
15年ほど前、渋谷から横浜へ移動する途中、主人公とヒロインとが暮らしたとされている元住吉の駅へ降りてみたことがあります。駅舎の建て替えが施工される直前のことで、改札を出た途端、目の前に広がる「異邦の騎士」の世界そのままの光景に、現実から飛んでしまったような気分になり、頭がクラクラしました。
あの時、カメラを持たずに出かけたことを未だに悔やんでいます。

というわけで、今回、ストリートビューで舞台地を再訪しましたが、景色が多少変わっているとはいえ、やはりいたるところに当時の空気は感じられます。

改札口を出ると地下だった。階段をあがって地上の街に出る。ケーキ屋がまず目につく。その向いに不動産屋がある。



建て替え前の元住吉駅は、改札口が地下にあり、東西の出口へつながっていました。このシーンが駅の東口なのか西口なのか書いてありませんが、15年前に訪れた際、東口に小さなケーキ屋と、その向かいの不動産屋がありましたから、恐らく東口でしょう。ケーキ屋に入って「20年くらい前に石川良子というアルバイトはいませんでしたか?」と聞きたくなりましたが、完全に異常者なのでやめました。このケーキ屋は、ストリートビューで見る限り、もうないようです。向かいの不動産屋は「ピタットハウス」が該当するにように思われます。

ランプハウスに良子はいた。店と通りを隔てた反対側に銀行があるのだが、その前に煉瓦を箱型に積んだちょっとした植込がある。



この「ランプハウス」という喫茶店は駅の西口側に実在しました。数年前に閉店して建物も建て替わったようです。ストリートビューで見える「富士そば」の入っている建物が跡地です。向かいに三菱東京UFJ銀行があります。

次は、作中を少しさかのぼって、主人公と良子との引っ越し途中。

良子の指示に従って走っていくと、道が多摩川べりに出た。たそがれ時が迫っていた。陽が、川原の草原と川面を隔てた、対岸のビルの頂まで落ちかかっている。



多摩川べりのどの辺りなのか、正確に特定できませんが、高円寺から元住吉まで車で走るとなると、この多摩川丸子橋緑地あたりになろうかと思います。ちょうど川の西側にビルが立ち並んでいるのが見えます。

次に、主人公と良子との横浜デート。横浜の観光名所があちこち描かれますが、その中からここを。

元町を右へ折れ、路地を右へ左へとしばらく歩き、それからゆるい石段をぶらぶらあがっていくと、外人墓地の横に出た。墓地の黒い金属柵の前に、薄グリーンのペンキ塗りの木造西洋館があった。



外人墓地脇にある山手十番館と思われます。

最後は、一気に飛んでクライマックス。

荒川の土手へ行った。ゆうべ見当をつけておいた、四ツ木橋のガード下の暗がりに身をひそめる。



地名が明記されているので、ここに間違いありません。ランニングしている井原をここで狙います。また、二十代の御手洗潔が鉄の馬に跨り、颯爽と現れたのもこの辺りです。


さて、本当は元住吉で良子が主人公を待って2時間も、もたれていた駅の柱が、この小説の一番のキモだと思っているのですが、それはもうありません。15年前に訪れた時は「お!ここだここだ」とえらく興奮したものですが、そのときにカメラを持っていなかったことを悔やむばかりです。
また、主人公と良子が住んだアパートも、モデルになった建物があったようで、一時期ネットでは盛り上がっていましたが、筆者はどこにあったのかよく知らず、そうこうしている間に、このアパートも取り壊されて、今は無いそうです。

異邦の騎士 改訂完全版
島田 荘司
(リンク先はAmazon)


関連記事:
島田荘司『占星術殺人事件』京都観光マップ
島田荘司を読んだことがない方へ、読む順番のおすすめを指南
大予測! 島田荘司『樹海都市』収録作品
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?【最新】人気4大シリーズ+αを比較
  • 新宿鮫・鮫島警部は今、何歳?
  • 春日太一『黙示録――映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
プロフィール

squibbon

タグクラウド