備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

スキー

スキーが登場する映画おすすめ紹介

201812スキー300
 
映画にスキーが登場することは割と珍しいです。
マリンレジャーを描いた映画は山のようにあるのに、冬のレジャーの代表であるスキーの方はなぜ?と思われるかもしれませんが、これには事情があります。
筆者もスキーは大好きなのですが、いつも思います。スキー場っていうのは、基本的に悪天候の場所に作られているんですよね。
スキー場のガイドなどを見ていると、澄み切った青空の下に純白のゲレンデが広がる写真ばかり見かけますが、実際にはそんな気持ち良いタイミングというのはシーズンを通してそれほど多くはありません。というか、そんなふうにずっと晴れていたら雪なんか降らないので、スキーは出来ないわけです。
ずっと雪が降り続き、吹雪になることも珍しくない。大規模なスキー場というものは、そういう場所に開発されています。

一方、映画撮影というのは天候が非常に重要です。
ハリウッドが映画産業の中心地となったのは、天候が安定しているから、ということが最大の事情だったりします。
したがって、悪天候のスキー場で気持ちいい晴天の画を狙うとなれば、ずっと「天気待ち」をすることになり、コストがかかります。
また、スキーは基本的に上から下へ向かって一方向にしか進めないため、滑走シーンでリテイクしようと思うと、そのたびにリフトで上がり直すことになり、これまた時間を食います。
というわけで、一本まるまるスキーという映画はもちろん、劇中にスキー場がちょこっと出てくる程度の映画すら、なかなかお目にかかれないということになります。

しかし、スキー好きとしては映画でもスキーを見てみたい。
そんなことを考えながら、探し回ってようやく見つけたスキー映画をいくつかご紹介します。
DVD紹介のリンク先はAmazonです。



言わずと知れたスキー映画の代表格。
1987年の映画なので、若い方はあまり見たことがないかも知れませんが、スキー好きが見てもかなり楽しめる名作です。
志賀高原がメインの舞台ですが、バックカントリーで万座まで走破するのがクライマックスとなっています。
カービングスキーが登場する前なので、ファッションを含めて、今のスキー装備との違いも面白く見られます(と言っても、この頃のファッションのままのおじさん・おばさんも未だによく見かけますけどね)。



古い映画になりますが、1966年の東宝映画。加山雄三主演、若大将シリーズの一本です。
加山雄三はスキーで国体に出場したこともあるほどの腕前であり、一時期、越後湯沢にスキー場を所有していたこともあります(加山キャプテンコースト。現在は閉鎖)。
時代が時代だけに、「私をスキーに連れてって」に比べるとかなりワイルドなスキーを見られます。
若大将は大学スキー部の主将という設定であり、世界中の山を巡りますが、クライマックスは苗場。加山自身がスタント無しでコースを滑る姿を空撮で捉えた映像は見ごたえがあります。
苗場までオープンカーで向かったり、ゲレンデで突然をギターを掻き鳴らしながら歌い始めたりなど、「若大将」らしいシーンも楽しめる映画です。



市川崑が監督した記録映画「東京オリンピック」はよく知られていますが、その8年後、1972年に開催された札幌オリンピックでも、篠田正浩監督による記録映画が作られています。
これも、現代の冬季オリンピックに比べると装備や会場の整備が全く異なっていてかなり面白い映像ですね。スケートも屋外でやっており、1975年生まれの筆者としてはなかなか衝撃的でした。
アルペンスキーの様子もたっぷりと収録されており、滑り方や板の長さが現代とはあまりに違うので、興味深く見られます。



いきなり、スキーとはぜんぜん関係なさそうな映画ですが、1974年・若山富三郎主演シリーズの最終編です。クライマックス、雪山での決闘シーンは山形蔵王で撮影されています。
襲いかかる柳生軍団は斜面をスキーで滑ってきて、迎え撃つ拝一刀はソリ仕様に改造した乳母車に仕込んだ機関銃で応戦する……というデタラメなシーンですが、スキー好きであれば興奮すること間違いなし。登場するスキーヤーの人数では邦画最大規模と言ってよいでしょう。



最後にこちらを。
映画というわけではなく、エクストリームスキーの映像を延々収録したものです。
これが本当に命知らずの、目を瞠るような過激なスタントばかりです。
筆者は15年ほど前、スキー用品店店頭のモニターに映し出されたこの映像に釘付けになってしまい、「このDVDが欲しい!」と調べ回って、ようやくこのDVDだと突き止めました。
暇つぶしに馬鹿げた映像を見たいときは、うってつけ。真似しようという気は全く起きません。

以上、筆者が気に入っているスキー映画をご紹介しました。

子どものスキー用品は買った方がお得

P1280007-2

子どもを連れてスキーへ行くとなると、ウェアや板は買った方がいいのか?
悩む方はけっこう多いと思います。
成長の早い子どもに合わせていちいち買っていたらキリがない、ということでレンタルで済ませようと考えている方も多いのではないでしょうか。
競技をやらせていたり、スキーが趣味で年に何度も泊まり込みで滑るような場合は当然、自前のものになると思いますが、わが家のように年に何度かレジャーで行く程度だと「わざわざ買うのもちょっと……」とためらってしまいます。

筆者もずっとそう考えていたのですが、子どもがスキーをできる年齢になってくると、やっぱり買った方が得、と考えがコロリと変わってしまいました。

というのは、レンタルはけっこう高いんですよね。
スキー場にもよりますが、板とブーツとを両方1日借りると子どもでも3000円くらいが相場です。
わが家は夫婦ともスキーは大好きで、昔はかなり滑り込んでおり、それぞれに自前の板を持っています。子どもが生まれてからは、ゲレンデから遠く離れた地域に引っ越してしまったこともあり、ほとんど行かなくなってしまいましたが、それでも、年に3回くらいは滑っているでしょうか。
そのペースで、子どもの板やブーツを全部レンタルしたとすれば、一年で9000円!
これは高いと考えるべきかどうなのか?

そんなことを考えていたところ、近所の「BOOKOFF SUPER BAZAAR」に中古のスキー板が売られているのを見かけました。
雪国ではないので、それほど豊富な在庫というわけでもなく、また見るからに使い込まれた板ばかりでしたが、しかし考えてみればレンタルされている板とそれほど違わない状態です。
それが、レンタル2回分くらいの価格で板もブーツも揃ってしまう!
ということで、わが家の長男は一度もレンタルせず、いきなり中古の板とブーツとでゲレンデデビューさせました。

ブーツは経年劣化という問題があるので、本当は中古で買うのは避けた方がよいのでしょうけれど、まあ競技をさせているわけでもなく、年に3回レジャーで行く程度の使い方、しかも初心者コースから絶対に出ないというレベルなので、特に問題なくこのブーツと板とで練習していました。

昨年までに3シーズンほどこの中古板で滑りに行っていましたが、だいぶ体が大きくなってきたため、買い替えることにしました。
またまたBOOKOFFに通って物色していたのですが、なかなか良いものを拾えない。
というわけで、今シーズンはいよいよ新品を買うことにしました。

新品もピンキリですが、「レンタルより安い」という観点しか頭になく、また子どもの方も全く何もこだわりを持っていないため、売場へ到着すると同時に「あ、これが一番安い」ということで品物は決定。板とビンディング、ストックのセットで15000円でした。
中古で買うより何倍かかかっている計算ですが、これでも3シーズンくらい滑れば充分に元は取れます。なおかつ、わが家には子どもが3人いるのでうまく使い回せば9シーズンくらい使い続けることになるので、まあ、どう考えても新品で買っても問題ありません。

板についてわが家の話を書いていますが、ウェアについては、一般論としてやはり買って問題ないと言うか、むしろ買うべきでしょう。
というのは、スキーウェアは単なる雪遊びのときにも着られます。
スキーへ年に数回しか行かないにしても、雪遊びの合宿などへ参加する機会があれば使えますし、わが家では家の周りに雪が降っただけでもスキーウェアを着せて、心ゆくまで雪遊びをさせています(親もね)。
スキーウェアは常に一着持っているととても便利です。

あとはブーツですね。
スキーブーツは使っていなくても劣化していく、つまり寿命がある品物です。
筆者は実は最近までそのことを意識していなかったのですが、数年前、妻のお父さんが一人でスキーへ出かけたところ、ゲレンデの途中で突然、ブーツが大破してしまったという話を聞きました(20年もののブーツ)。
その話をきいて、他人事だと思って大笑いしていたところ、昨シーズン、筆者のブーツもゲレンデでソールが割れてしまったんですよね。これは15年もののブーツです。
というわけで、急にスキーブーツの寿命を気にするようになりました。
板よりさらにサイズが細かく分かれるため、買い替えの頻度も高くなるのですが、まあ長男から三男へお下がりを回している間くらいはなんとか持つだろうと考えています。

「犬神家の一族」とスキー

201812犬神家の一族295

今年のクリスマスイヴには、市川崑監督のリメイク版以来12年ぶりの映像化となるドラマ「犬神家の一族」が放映されます。
筆者の興味は、「犬神家の一族」が映画化されるたびに期待しているアレ●●が、今回こそいよいよ登場するのではないか、というその一点に尽きます。

というのは、「スキー」のことです。
原作を読んでいても覚えていない方がほとんどだと思いますが、「犬神家の一族」原作には、終盤の山狩りで金田一耕助がスキーの腕前を披露するシーンがあるのです。
スキーが大好きな筆者としては、ぜひともここは映像化してほしい。
ところが、これまで映像化された「犬神家」には、スキーが登場したことは全くありません。

そもそも、季節の問題があります。
原作は、10月18日からスタートします。金田一耕助が那須を訪れ、若林さんが殺される。ここから物語は始まり、なんやかんやあって、両脚が湖面からニョッキリ生える有名なシーンは12月13日。つまり、約2ヶ月に渡って事件は続いていたというわけです。
しかし、映画やドラマではもっと急展開します。市川崑監督版も始まりは原作通り秋ですが、冬になる前に事件は終わってしまいます。

原作では、例の「脚」も、分厚く凍った湖面から生えているわけですが、映像化されたものはいずれもさざなみが立つ中に脚が浮かんでいます。しかも場合によっては汀から結構な距離があったりして「どうやって突き立てたんだ?」と、犯人の話を聞いた後でもその疑問が消えなかったりします。
そんなわけで、そもそもスキーシーズンまでたどり着いていない映画・ドラマばかりなのですが、今回はちょっと期待してしまいますね。なんと言っても放映はクリスマス! 物語の時期が冬になっている可能性も高いでしょう。

さて肝心のスキーですが、原作では
両肩にステッキをかついで、タ、タ、タと登っていった。
金田一耕助は兎のようにピョンピョンと、急な坂を登っていったが、やがて沼の平のスロープの頂上にたどりついた(後略)
という形で、ひたすら登っています。
スキーなのに登り続けるなんて……と思われるかも知れませんが、これは山スキー。
この時代にはまだ現代のように整備されたスキーゲレンデというものはほとんどありませんでした。
日本で最初にリストがかけられたのは草津に昭和23年ということなので、金田一耕助が出身地の東北でやっていたスキーというのは、冬山登山のことなのです。
もともと日本にスキーが伝えられたのは、雪中行軍の手段として軍隊で教えられたものでした。皇室がスキーをたしなまれるのもその名残か?と思っていますが、どうなんでしょう。
それはともかく、雪山での移動手段して取り入れられたスキーが、やがてレジャーになっていったというわけです。
「犬神家の一族」で描かれるスキーも、冬山でも犯人追跡のための手段、ということになります。

スキー好きの筆者としては、この当時の山スキーを正確に映像で再現してほしい。ミステリファンだけでなく、全国のスキーヤーもテレビに釘付けになること確実と思われます。
とはいえ、映画にスキーが出てくること自体、かなり珍しいことです。日本初の本格スキー映画と言われる「私をスキーに連れてって」は、今のところ日本唯一の本格スキー映画とも言われています。スキーの映画って、撮るのが大変らしいんですよね。
そんなわけで、ミステリとスキーの2度美味しい映像化をずっと待ち望んでいますが、どうなることかさて。

profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?【最新】人気4大シリーズ+αを比較
  • 新宿鮫・鮫島警部は今、何歳?
  • 春日太一『黙示録――映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
プロフィール

squibbon

タグクラウド