備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

ミステリ映画

結城昌治「軍旗はためく下に」復刊&深作欣二監督映画DVD発売!

202007軍旗はためく下に026

結城昌治の直木賞受賞作「軍旗はためく下に」。
それぞれに思惑を秘めた人物へのインタビューを繰り返し、じょじょに戦場で起きた真実が明らかになっていく……という、芥川龍之介の「藪の中」風の物語で、筆者としては見事なミステリだと思っていますが、社会派小説として人気があります。

これまで中公文庫が何度か再刊を繰り返していましたが、今月また「増補新版」と銘打って刊行されます。

軍旗はためく下に-増補新版 (中公文庫 ゆ 2-23)
結城 昌治
中央公論新社
2020-07-22


さて、この小説は深作欣二によって映画化もされています。
新星映画という、詳しいことはよく知らないのですが、東宝から独立した監督たちによるプロダクションで製作され、東宝が配給した映画です。
Amazon Primeでも配信されていて見るのは難しくないのですが、なぜかこれまで日本ではDVDが発売されていませんでした。
筆者は15年くらい前にアメリカで発売されたDVDを持っていたのですが、リージョン1のプレイヤーを捨ててしまってから(正確には、妻に捨てられてしまってから)、ずっと見られませんでした。
深作欣二ファンとして国内盤の発売を待ち望んでいたのですが、あまり「東宝映画」という印象がなかったため、不覚にもこちらが発売されたときには見逃していました。



気づいたときには売り切れたあとで、これは本当にガッカリしましたね(しかし、転売屋からは絶対に買わない)。
かくなる上は、東宝が正規にDVDを発売してくれるのを待つしかなかったわけですが、とうとう出ますよ!



しかも価格は2000円! デアゴスティーニのはむしろ買わなくてよかった!

原作を読んだのも20年くらい前、映画を見たのも10年以上前、という状態なので、果たしてどれくらい原作に忠実だったか、細かいことは正直、何も覚えていないのですが、けっこう原作通りだったよなあ、という気がしています(きわめて曖昧)。
結城昌治ファン、深作欣二ファンはこの機会を逃さず、文庫とDVD、両方を買っておかれることをおすすめします。

深作欣二の人気作で、まだDVDになっていないのはこれで残すところ「黒蜥蜴」くらいですね。

待望の一冊!「映画の匠 野村芳太郎」(ワイズ出版)

202006映画の匠025

待ちに待っていた本が出ました。「映画の匠 野村芳太郎」(ワイズ出版)。
「砂の器」や「八つ墓村」で有名な映画監督・野村芳太郎の評伝です。

映画の匠 野村芳太郎
野村芳太郎
ワイズ出版
2020-06-08


「待ちに待っていた」と言いつつ、実は刊行されてから2週間近くもこんな本が出ていることに気づいていませんでした。
今月発売の「映画秘宝」で紹介されている記事を読み、「やばい!!」と焦って、もう一回、本屋へ駆け戻りましたよ。こんな本すぐ売り切れちゃいますからね。
実際の話、筆者が買ったのはそのお店では最後の一冊で、店員さんの話では10冊くらい仕入れたのに売れちゃったとのこと。税込で4000円近くするのに、マジでやばい本なんですよ、これは。

 さて、何をそんなに興奮しているかといえば、これほどの大監督でありながら、これまで「野村芳太郎」をテーマにした本というのは全くなかったのです。
「砂の器」のほかに「張込み」「ゼロの焦点」「影の車」「鬼畜」「疑惑」等々、松本清張原作の映画を数多く撮っているため、「松本清張映画」という切り口の本では、必ず野村芳太郎作品も取り上げられていますが、野村芳太郎を主人公にした本というのは皆無でした。

野村芳太郎を厚めに取り上げている本としては、過去に2014年のムック「松本清張映像作品 サスペンスと感動の秘密」(メディアックス)がありました。
桂千穂が往年の日本映画を語る企画が同じ体裁で続々と刊行されていましたが、その中の一冊です。
冒頭に編集部の前書きがあり、「本屋に行って野村監督についての資料を探したが、ほとんどなかった。一冊で、野村監督だけでなく、松本清張の映画化作品が全部わかるムックを作ろうと思った」と書かれていますが、本当にその通りで、この本が出た際にも、筆者は「とうとう野村芳太郎本が!!」と興奮したもんです。
岩下志麻や撮影監督・川又昂のインタビューをたっぷり収録しており、ファンには楽しい内容で、またこのあとで川又氏は亡くなってしまいましたので、その点でも貴重な証言を収録することができたといえる本でした。



以前にそのようなものが刊行されているとはいえ、それでもやはりファンとしては「野村芳太郎をテーマにした一冊」を待ち望んでいました。「松本清張」とセットでは、「鬼畜」や「影の車」の裏話はしっかりわかるものの、「八つ墓村」「事件」「震える舌」「配達されない三通の手紙」あたりはスルーしてしまうしかないですからね。
そんなわけで、タイトルを見ただけで興奮はMAXに達してしまいました。

さらに!
内容は望んでもいなかったような豪華なものでした。
野村監督は晩年に自身の全作品を振り返るノートを書いていました。
存在すらほとんど知られていないものだったのですが、それを息子さんの野村芳樹氏が監修してまるまる収録しているのです。
「映画監督 深作欣二」や「遊撃の美学 映画監督中島貞夫」など、ワイズ出版からはこれまで、全作品インタビュー企画がいろいろ出ていますが、すでに故人である野村芳太郎についてそのような本を作るなんてことは、望んでも叶わない、不可能な話でした。
ところが、実は生前に本人がメモを残していたなんて!
監督本人の視線から見ると、例えば「映画秘宝」などでは、もはやホラー映画として扱われている「震える舌」なんかも、「儲からなくても異色の作品に取り組みたい」→「締まって強い映画ができた」→「全体的には批評も少なく、つまり、観る側でとまどいがあり、オカルト的に映ったのが非常に裏目に出たといえる」ということになります。

ほかに「鬼畜」をめぐる松本清張との対談、「砂の器」のシナリオ分析、「配達されない三通の手紙」公開時の「ミステリマガジン」でのインタビュー、新たに行われた岩下志麻や大竹しのぶへのインタビューなど、特に晩年の監督作を好む筆者には、たまらない内容がぎっしり詰まっています。

以前に出たメディアックスのムックと本書とを合わせると、これで野村芳太郎についてはほぼ語り尽くされたのでは?と思うくらい、満足度の高い一冊です。資料価値も高く、ファンは必ず手元に置いておいたほうがよいかと思います。

それにしても、出ていることに気づいていなかったのはやばかった。「映画秘宝」が復活してくれて本当によかった。これまで迂闊にも、Twitterでワイズ出版をフォローしていなかったのですが、今後、このような重要な情報を見逃すことが無いよう、ちゃんとフォローすることにしましたよ。

映画の匠 野村芳太郎
野村芳太郎
ワイズ出版
2020-06-08




関連記事:
野村芳太郎監督 おすすめミステリ映画10選 ←野村芳太郎って?とピンと来ない方はどうぞこちらの記事をお読みください
映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(前編)
「影の車」野村芳太郎監督・橋本忍脚本・加藤剛主演(1970年)

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」(白石和彌監督)

2017年公開なので、かなり今さらですが、白石和彌監督の映画「彼女がその名を知らない鳥たち」を観ました。
実は全くどんな内容なのか知らず、原作がミステリであることすら知らず、「蒼井優が出ている」という以外、一切の予備知識を持たず、単に「ヒマだから」というだけで観たのですが……これはビックリしました。
以下、ネタバレを気にせずに感想を書きますので、原作を未読、映画を未見の方はご注意を。

蒼井優の痛々しいダメ女っぷりは、それだけ驚異的でしたが、阿部サダヲのサイコ演技を楽しむサスペンス映画だと油断していたところが、まさかの真犯人。どんでん返しが用意されているとはまるで疑わずに観ていたため、仰天してしまいました。
「意外な犯人」のパターンは本格ミステリではいろいろありますが、この映画は蒼井優の一視点で描かれているため「語り手=犯人」パターンと言えます。つまり「信頼できない語り手」であるわけなのですが、一方で記憶を失っているため本人にその自覚はなく、いわば「探偵」として事件の真相を探ろうとします。
つまり「語り手=探偵=犯人」であったというわけで、真相を知ってから改めて見直すと、阿部サダヲはきちんと辻褄の合った演技を見せており、かなり感心します。

というわけで、本編も非常によかったのですが、さらに関西在住者としてはロケ地も見どころが多かったですね。
阪堺電車に乗っているので、蒼井優と阿部サダヲのマンションは堺方面かと思いきや、マンションから外へ出ると天神橋筋商店街やら淡路商店街やらいかにも大阪の商店街が広がります。地下鉄の階段を駆け下りて阪急電車へ乗り込むシーンは、天神橋筋、淡路近辺なら筋が通っている。
松坂桃李の勤めるデパートは、大阪城近くかと思えば、天王寺周辺までブラブラ歩いていたりして、いったいどこに建っているのかよくわかりません。
竹野内豊の登場シーンが神戸、というのは一貫していて(これは原作もそうです)、北野坂のナンパシーンはいかにも神戸。海外ロケかと思うような美しい砂浜も登場しますが、これが調べてみたところ、実は神戸空港島西緑地の人工海岸と知ってビックリ。(こちらに記載があります → https://www.kobefilm.jp/works/data/001977.html
蒼井優が竹野内豊を刺すシーンは、ポートアイランドスポーツセンター横の駐車場。以前に息子をスケートへ連れていったときに車を駐めた場所だったので、「こんなところでごちゃごちゃやってんのか!」と、笑ってしまいました。
ラストシーンも、関西の土地鑑があるとちょっと混乱しますね。
松坂桃李が刺されるシーンは夕陽丘近辺の路地ですが、引き続き、蒼井優が全てを思い出して阿部サダヲと語り合うシーンは、一気に30キロほど西へ飛んで、神戸の港を見下ろす公園。
実を言うとここで「???」となってしまったのですが、「まあ、景色のよいロケ地が、ほかになかったんだろう」と納得することにしました。(https://www.lmaga.jp/news/2017/10/30584/4/ こちらの記事を読むと、実は監督としては大阪の町並みをCGで遠景にはめ込みたかったそうです)

中途半端に観たことのある景色が映りつつ、映画としては「架空の町並み」ということで、関西在住者以外は全く気にならないと思いますが、筆者としてはだいぶ気になるところでした。
が、まあ気軽に行ける範囲でロケ地巡りをできるというのも貴重なことです。近くを通りかかるときには、いちいち場所を確認しに行こうかな、と思っています。
スポンサーリンク
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

プロフィール

squibbon