備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

新刊情報

島田荘司「火刑都市」復刊

202003火刑都市020

島田荘司「火刑都市」が改定完全版と銘打って講談社文庫から今月、刊行されます。長らく入手困難な時期が続いた初期傑作長編の復刊です。

改訂完全版 火刑都市 (講談社文庫)
島田 荘司
講談社
2020-03-13


この作品、一時期は島田ミステリの最高傑作に推す人も珍しくなかったくらいで紛れもなく代表作の一つでしたが、いつの間にか書店の棚からは消えてしまっていました。
久しぶりの復活は喜ばしいことです。
筆者は中学生の頃、文庫版が刊行されたとき読みましたが、その後、大人になり東京へ転勤した時に「せっかく東京へ来たからには『火刑都市』を読み直そう」とは思ったものの、そのまま読み直すことなくずるずる20年近く過ぎてしまったので、この機会に、今度こそ読み直してみたいと思います。

主役は警視庁の中村刑事。
この中村刑事という人は吉敷シリーズの常連である一方、御手洗シリーズにも顔を出し、両シリーズの橋渡しをしています。中村刑事が主役を務めるのは本作のみで、島田荘司ファンにとってはなかなか重要な一作です。

ところで、島田荘司氏ご本人のFacebookに、書店へ配布すると思われるPOPの画像が掲載されていました。
それを見ると「デビュー前に書いていた作品なのに……」という一文が見えます。
実はこれを読んで、ものすごく納得したことがあります。
今回はその話。

島田荘司の初期作品には「予告」が頻繁に出ていました。
例えば、デビュー2作目の「斜め屋敷の犯罪」では北海道警の牛越刑事が「例の赤渡雄造事件」で知り合った中村刑事(「火刑都市」の中村と同じ人物)に応援を頼み、その紹介で御手洗潔が登場します。
「赤渡雄造」という固有名詞が突然出てきて「斜め屋敷」を読んでいる読者にはなんのことかわからないのですが、第3作「死者が飲む水(死体が飲んだ水)」が発表されると、実はここで「例の赤渡雄造事件」が描かれているのです。
ほかには、「占星術殺人事件」の中では「異邦の騎士」事件について軽く触れられる会話があります。また「水晶のピラミッド」や「暗闇坂の人喰いの木」も作品発表より随分前から、別の作中で言及されていました。
この辺はわかりやすい「予告」なのですが、「火刑都市」については神業と言うしかない書き方で予告されてます。

「死者が飲む水」(昭和58年発表)は前述のとおり、北海道警の牛越と警視庁の中村が協力して事件を解決しますが、牛越が中村へ連絡を取ろうと東京へ電話を掛けると「某所へ外出中」ということで連絡を取れないというシーンあります。
実はこのとき、中村刑事は「火刑都市」の捜査中で、昭和62年に発表された本作を読むと、「死者が飲む水」で牛越が電話をかけたのとぴったり同日同時刻、かつて言及されていた通りの某所へちゃんと出かけているのです。
発表の順番を考えると、この「予告」は人間業とは思えず、作者の頭の中に広がる完璧な「世界」に驚嘆したものですが、なるほど、デビュー前に草稿が存在していたんですね。
とはいえ、世界設計の完璧さはやはり揺るぎませんが。

またそれと同時に、古典的な本格ミステリ復権の旗手と見られた島田荘司が、デビュー前から実は「死者が飲む水」や「火刑都市」などの渋い社会派刑事小説を書き溜めていたというのは、それはそれで興味深い話です。
島田荘司の初期作品は、本当に惚れ惚れするしかない渋い小説が揃っているんですよね。
というわけで、次回は「復刊を期待する初期作品」について書いてみたいと思います。

「古地図で楽しむ神戸」(風媒社)

202001古地図で楽しむ神戸018

妻は生まれも育ちも神戸ですが、筆者は結婚するまで神戸には縁もゆかりもなく、仕事の都合で引っ越してきてからまだ数年。
そのため、神戸の地理や歴史について面白そうな本を見かけると読むようにしているのですが、年末に本屋で見かけた「古地図で楽しむ神戸」(風媒社)は、横溝正史のエッセイを引用していたため即買いでした。

本書自体は、江戸時代、明治時代の古地図を紐解きながら街の変遷を追っており、神戸初心者には非常に興味深い内容が満載ですが、後半に「古地図で読む近代文学」というコーナーがあり、文学作品に登場する神戸について紹介されています。
筆者的には、神戸の文学者といえば横溝正史。
今のハーバーランド近くの東川崎で生まれ育ったとエッセイでたびたび回顧しており、小説にも神戸はちょこちょこと登場します。
本書では横溝正史のエッセイ「探偵小説五十年」の一節を引用し、「明治三十五年うまれの私が物心ついたころ、湊川はまだ町のそばを流れていた」という記述に対して「湊川の付け替え工事は1901年に着手。03年には河川は水がなかったことが地図から判明する。物心ついたころ、というのは横溝正史の勘違いだろう」とツッコミを入れています。
神戸をご存じない方には若干の説明が必要ですが、楠木正成討死にの地として名高い湊川はたびたび水害を引き起こしたことから明治34年から付け替え工事が行われ、流路が変更されました。
横溝正史が生まれたのはその旧湊川に近い地域で、正成を祀った湊川神社もすぐ近く。「正史(本名:まさし)」は「正成」にちなんだものです。
旧湊川の跡地には新たに大繁華街「新開地」が作られ、横溝正史の少年時代には「東の浅草、西の新開地」と言われるほど栄えていたと言われています。
「物心ついたころにまだ川が流れていた」という何気ない記述に「勘違い」と指摘するあたり、ミステリ・プロパーの書いた本ではなかなか出てこない話なので、それだけでも本書の価値はあるというものです。

一方で、ミステリ・プロパーならありえない「勘違い」も見られます。
神戸へ横溝正史を訪ねた江戸川乱歩が、元町での体験を記したエッセイ「お化け人形」(「悪人志願」収録)も紹介されていますが、この記事の中で、乱歩と横溝の初対面は乱歩が作家デビューする前の1920年のこと、と書いてあります。
いったい何を参照してこんな勘違いをされたのかちょっと見当がつきませんが、正確には乱歩と横溝との出会いは1925年4月11日と日付まで特定されていると、それぞれがエッセイで述懐しています(といっても、乱歩が「探偵小説四十年」で記している日付を横溝正史が「探偵小説五十年」で引用しているだけですが。ただし、証拠としてハガキが残っているようなので、正確でしょう)。
そもそも、作家デビュー前の2人が面会するというのはありえない展開です。

といったチョンボを見つけてはしまったものの、フルカラーで往年の神戸を紹介している本書はずっと眺めていられる楽しい内容です。
つい最近読んだ西東三鬼「神戸・続神戸」(新潮文庫)の冒頭はトアロードから始まりますが、戦前のトアロードを撮った写真も掲載されており、なるほどこんな風景か、ということがよくわかりました。

古地図で楽しむ神戸 (爽BOOKS)
大国 正美
風媒社
2019-12-23


神戸・続神戸 (新潮文庫)
西東 三鬼
新潮社
2019-06-26


30年ぶりの続編 赤川次郎「いもうと」

201912いもうと016

大林宣彦監督の映画「ふたり」が公開されたのは1991年。筆者は高校1年生でした。
劇場まで一人でわざわざ観にいった理由は覚えていません。
赤川次郎の小説はちょこちょこと読んでいましたが、特に熱心なファンというわけではなく、「ふたり」は未読でした。大林宣彦については名前を知っているという程度。主演女優の二人は名前すら聞いたこともない。
そんな状態でよく観にいったものだと思いますが、前年にドラマ版がテレビ放映され、然る後に映画版が劇場公開されるというプロジェクトが話題になっており、なんとなく「観ておいたほうがよさそうな映画」という認識を持っていたような記憶があります。テレビ版を見ようと思っていて見損ねたことも一因だったかもしれません。

ともかく、そんな風にたいした期待もせずに見た映画は、おそらくこれまでの人生で最も何度も見直した映画になってしまいました。
上映が始まると冒頭からノックアウト。石田ひかりの魅力が炸裂。いや、石田ひかりだけでなく登場する人々が、誰も彼も立体的で生き生きと動き回っており、自分も映画の世界に入ってしまったかのような感覚で、どっぷりはまってしまいました。
頭をクラクラさせながら2時間半の上映時間を過ごすと、そのまま1ヶ月くらいは主題歌「草の想い」が脳内でエンドレス再生され続けるという状態でした。
その後、ビデオが発売されると何度も何度もレンタル。2001年にDVDが発売された時点でもまだ熱は冷めておらず、予約して購入するとしばらくのあいだは毎日再生。

原作は映画を観た直後、直ちに購入して読みましたが、これが実は驚くほど原作に忠実な映画化でした。舞台が東京、という点にのみ「あれ? 尾道じゃないの?」と軽い違和感を覚えたものの、読み返すたびに映画のキャスティングそのままで脳内上映が始まりました。

というわけで、赤川次郎「ふたり」は映画とセットで異常に思い入れのある小説なのですが、原作の発表からちょうど30年になる今年、その続編「いもうと」が刊行されました。

これは読むべきかどうか、散々迷いましたね。
10月に刊行され、手に取る決断をするまで2ヶ月近くかかりました。
これは絶対、読んだら後悔するに違いない。これまで30年間、自分の中で大切にしてきたイメージが壊されてしまうに違いない……しかし、読みたい。実加がどんなふうに成長しているのかものすごく気になる……
ということをこの2ヶ月近く悩み続けた挙げ句、ようやく読んだというわけです。

結果。
読んだのは正解でした!

まず、映画版のキャスティングそのままで、続編も完全にイケます。
実加は石田ひかり。お姉ちゃんは中嶋朋子。お父さんは岸部一徳で、お母さんは富司純子。長谷部真子も神永智也もみんな映画のままでOKです。
むしろ、赤川次郎が原作者でありながら、映画版リスペクトで、出演者に寄せてきているような印象すらありました。
ああ、それぞれこんな風に「ふたり」のあとを生きていたんだ、ということがよくわかりました。

しかし、みんな本当にひどい目に遭いますね。
 そもそも、赤川次郎の作風は、世間ではユーモアミステリだとか言われていますが、本質的には暗く陰惨な物語を描きます。
「ふたり」も美しい姉妹愛の物語と見せて、一つ一つのエピソードは冷酷です。
姉の事故死、レイプ未遂、母の入院と闘病、いじめ、同級生の一家心中、さらには父の不倫。
少女時代にどれか一つでも経験したら一生引きずりそうな話がてんこ盛りとなっています。
続編「いもうと」では、これはさらにエスカレート。大人になっているので、さらに容赦のないトラブルが次々と襲ってきます。野島伸司も真っ青の展開です。
ところが、作者は登場人物に対して容赦がないだけで、愛情がないわけではない。
過酷な試練に直面する一人ひとりを、実に生活感あふれる生きたキャラクターとして描きます。誠実に生きる人も、身勝手に生きる人も、それぞれ自分の人生をしっかり生きている。一番残酷な未来が待っていたのは神永青年でしたが、彼に対してすら作者の愛情を感じる。

そんな冷酷な展開の物語を、「ふたり」では、実加と千津子のやり取りに救われながら読み進みますが、「いもうと」では成長した実加のたくましさに救われます。
どうしているか心配していたけど、ほんとに頑張ってるよ! よかったよかった!
全然「いい話」なんかじゃないのに、またもや物語の中にどっぷりとはまってしまいました。

いもうと
赤川 次郎
新潮社
2019-10-18


スポンサーリンク
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

プロフィール

squibbon