備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

新刊情報

宮脇孝雄『洋書天国へようこそ』は翻訳ミステリ・SFファンにおすすめ

201908洋書天国へようこそ329

先月末に出たばかりの本ですが、語学書専門のアルクから出版されているせいか、文芸書売場であまり見かけないので、紹介しておきます。
著者の宮脇孝雄氏は言わずと知れた「死の蔵書」の訳者。数多くのミステリを翻訳しています。
また翻訳家としてのエッセイも多く、アルクから発行する著書もこれで3冊目です。

アルクは語学好きをターゲットとしているため、これまでの著書は文学好きというよりは、一歩踏み込んで、原書を読んだり、更には翻訳家を目指したりと言った層を対象にしている印象がありました。
今回の「洋書天国へようこそ」もタイトルからわかる通りそういった読者を念頭には置いているものの、よく見ると帯に「翻訳で読んでもおもしろい!」と書いてあるではないですか。
そう、筆者のように、学生時代に最も苦手だった科目は英語、小説は好きなのに原書を読んだことは一度もない、英語を読めたらどんなに楽しい読書生活が広がることかと、嘆息しているな読者でも楽しめる内容なのです。

取り上げている小説は、知らないものもたくさんありましたが、大半はミステリ・SFファンには馴染みのある有名作品です。
作家の文章の癖や、微妙なニュアンスなど、翻訳家らしい視点を織り交ぜながら作品の魅力を語っており、未読の本を読みたくなるのはもちろん、昔読んだ本も「あれ、そんなに面白い小説だったっけ?」と、改めて読み返したくなる。
読書ガイドとして非常に楽しい内容になっています。
取り上げている作品は以下のとおりです。

『移動祝祭日』アーネスト・ヘミングウェイ
『さらば愛しき女よ』レイモンド・チャンドラー
「プロシア士官」D・H・ロレンス
『よき兵士』フォード・マドックス・フォード
『情事の終り』グレアム・グリーン
『サン・ルイス・レイ橋』ソーントン・ワイルダー
『大転落』イーヴリン・ウォー
『スタイルズ荘の怪事件』アガサ・クリスティ
『碾臼』マーガレット・ドラブル
『チップス先生さようなら』ジェイムズ・ヒルトン
『女ごころ』サマセット・モーム
『八月の光』ウィリアム・フォークナー
『クリスマス・キャロル』チャールズ・ディケンズ
『二十日鼠と人間』ジョン・スタインベック
『ゴールド・フィンガー』イアン・フレミング
『ツバメ号とアマゾン号』アーサー・ランサム
『ジャマイカの烈風』リチャード・ヒューズ
『夏への扉』ロバート・A・ハインライン
『結晶世界』J・G・バラード
『ミレー詩集』エドナ・セント・ヴィンセント・ミレー
『ジェニーの肖像』ロバート・ネイサン
『ナイン・ストーリーズ』J・D・サリンジャー
『長距離走者の孤独』アラン・シリトー
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック
『魔法の樽』バーナード・マラマッド
『九マイルは遠すぎる』ハリイ・ケメルマン
『ローズマリーの赤ちゃん』アイラ・レヴィン
『ガラスの動物園』テネシー・ウィリアムズ
『時計じかけのオレンジ』アントニイ・バージェス
『風にのってきたメアリー・ポピンズ』P・L・トラヴァース
『デイジー・ミラー』ヘンリー・ジェイムズ
『ガラスの鍵』ダシール・ハメット
『帽子収集狂事件』ジョン・ディクスン・カー
『アラバマ物語』ハーパー・リー
『遠い声 遠い部屋』トルーマン・カポーティ
『ライオンと魔女』C・S・ルイス
『秘密の花園』フランシス・ホジソン・バーネット
『エジプト十字架の謎』エラリー・クイーン
『死体をどうぞ』ドロシー・L・セイヤーズ
『床下の小人たち』メアリー・ノートン
『白鯨』ハーマン・メルヴィル
『ナンタケット生まれのアーサー・ゴードン・ピムの物語』エドガー・アラン・ポー
『宇宙船ビーグル号』A・E・ヴァン・ヴォクト
『刺青の男』レイ・ブラッドベリ
『勇気ある追跡』チャールズ・ポーティス
『卒業』チャールズ・ウェッブ
『幻の女』ウィリアム・アイリッシュ
『ラブ・ストーリィ』エリック・シーガル
『ギリシア詞歌集』ピーター・ジェイ

邦題がいくつかある作品については、著者が最初に触れた翻訳本に合わせていると思われます。
『勇気ある追跡』って、コーエン兄弟が「トゥルー・グリッド」としてリメイクした映画の邦題やんか、と思いましたが、旧作が公開されたときはこのタイトルで翻訳が出ていたんですね。




筑摩選書「ベストセラー全史【現代篇】」澤村修治

201907ベストセラー全史328

筑摩選書から先月刊行された「ベストセラー全史【現代篇】」。個人的は非常に興味深い内容で、あっという間に読んでしまいました。

1975年生まれの筆者の母はかなり本好きで、家には大量の本がありました。
文学少女の延長のような読書傾向で、島崎藤村やら志賀直哉、現代作家では遠藤周作や有吉佐和子などを愛読していましたが、かなりのミーハーでもあり、世間で売れている言われる本はいちいち、買ってきていました。
そんなわけで、実家の本棚には70年代から80年代のベストセラーがズラッと並んでいたわけですが、子どもの頃はそんなことは全然知りません。単純に母はそういう本が好きなんだろうと思って眺めていました。
「窓ぎわのトットちゃん」はもちろん(というか、この本は筆者も大好きですが)、「ちょっとキザですが」「気くばりのすすめ」「積木くずし」「複合汚染」、さらには「サラダ記念日」まで。母と祖母とが「サラダ記念日」の話で盛り上がっていたのも懐かしい思い出です。
タイトルを眺めながら、ずっと「母の好みがよくわからない」と思っていたのですが、答えは明確。「ベストセラーが好き」だったんですね(もしかすると、遠藤周作や有吉佐和子も、売れているから、というので読んでいたのかもしれません)。

一方で書店へ行くと、当時はまだカッパ・ブックス、ワニ・ブックス、ノン・ブックス、プレイブックスなどの「ブックス」ものが大きく棚を占めていました。「冠婚葬祭入門」「算命占星学入門」「ノストラダムスの大予言」なんかのシリーズがズラッと並んでおり、「こんな本がそんなに読まれているのかなあ」と不思議に思いながら眺めていたわけですが、それらも実はかつての大ベストセラーだったわけです。

本書「ベストセラー全史」を読むと、これら戦後の歴史に残るベストセラーについて、出版に至る経緯やどういった販売戦略を取ったのか、どのような読者に受けたのか、と言ったことが紹介されており、残像のみだった子どもの頃の記憶が鮮明に蘇ってくる気分になりました。

さらに、著者が狙っていたのかどうかわかりませんが、実は物語としても面白い仕上がりです。
カッパ・ブックスを率いた神吉晴夫の遺伝子が、光文社の労働争議により拡散。これによって各社でブックスブームが巻き起こり、それが近年の新書ブームの遠因となる……という壮大なストーリーが流れています。

一方で気になった点としては、ごく一部を例外として「文庫」を対象外としているため、角川春樹がほとんど登場しません。索引を見ると、名前が出てくるのは1回だけ。「サラダ記念日」の企画が河出書房新社より先に角川書店内で上がったものの、角川春樹が却下した、というエピソードのみです。
角川文庫のメディアミックスは、出版社の営業戦略を根底から変え、現在に至るもこれを超えるものは現れていない、というくらい歴史的なものだったと思いますが、そのあたりには全く触れていません。
まあ、文庫の話を抜きでもこれだけ大部の本になっているので、そこまで話を広げると収拾がつかなくなると言うことだったのかもしれませんが、著者が角川春樹のことをどのように評価しているのかは気になるところです。

それはともかく、戦後の出版史に興味のある方であれば、いろいろ興味深い読み物です。
今月、【近代篇】も刊行されていますので、引き続きそちらも読んでみようと思います。





講談社・大衆文学館「明智小五郎全集」は、実は乱歩ファン必見

201903明智小五郎全集309

電子書籍業界には疎いので、これが初めてなのかどうかよく知りませんが、講談社・大衆文学館から出ていた「明智小五郎全集」の電子書籍版が配信されているようです。

大衆文学館は、1995年から1997年にかけて講談社から刊行されていた文庫版の叢書で、講談社文芸文庫の大衆文学版のような位置づけのものでした。
文芸文庫と同じく、発刊当初は「絶版にせず永続的に刊行を続けるから価格がちょっと高め」と謳われていたような記憶がありますが、新刊が止まると同時に既刊もあっという間に店頭から姿を消してしまいました。
レベルの高い作品、レアな作品が並んでいたことから、今も熱心なコレクターがいるシリーズです。

江戸川乱歩の作品は本作のみ。
明智小五郎が登場する短編を全て集めています。
乱歩の小説作品は、刊行された95年頃には様々な形で入手可能であり、「わざわざこんなものを出す価値があるんかいな」と、当時思った記憶がありますが、店頭で手にとってびっくり。急いでレジへ走りました。
というのは、乱歩の著作集にこれまで一度も収録されたことがなかったという「脚本・黒手組」なるものが収録されていたのです。
これは、それ以前はもちろん、それ以後も他の本には収録されておらず、この本でしか読めません。
新保博久氏の解説によれば、脚色者は「小納戸容おなんどいる」となっていますが、短編「闇に蠢く」に「御納戸色」という人物が登場したことからもわかる通り、乱歩自身の筆名ということです。
というわけで、乱歩の著作でありながら、これまで全集などには全く収録されていないということになるのです。

平凡なタイトルからあまり大したことがないと見過ごされてきた観のある本書ですが、そういうわけで乱歩ファンは手元に持っていて損はないでしょう。
古書の入手もそれほど難しくはありませんが、電子書籍で容易に読めるようになりましたので、この機会にどうぞ。

※4月25日追記
大変申し訳ありませんが、「小納戸容おなんどいる」が乱歩の筆名、というのは筆者の読み間違いでした。新保博久氏の解説にはそのような記述はされていません。該当部分を引用します。
脚本黒手組」は昭和六年、二世市川猿之助と衝突して春秋座を脱退した末弟・市川小太夫が新興座を主宰、その旗揚げ公演の演目の一つに「黒手組」を取り上げ、「小納戸容」のペンネームでみずから脚色、東京、京阪神など全国で上演したものである。コナン・ドイルをもじった筆名は、かつて乱歩が初めての長編「闇に蠢く」(大15・1~11 苦楽)において、作品全体を作中作という体裁で、真の作者の筆名として設定した御納戸色にあやかってもいるのだろう。
 記事を削除したほうがよいレベルの勘違いですが、訂正文をつけていったんこのまま残します。お詫びを申し上げます。


明智小五郎全集 (講談社文庫)
江戸川乱歩
講談社
2019-03-15



profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 宮脇孝雄『洋書天国へようこそ』は翻訳ミステリ・SFファンにおすすめ
  • 筑摩選書「ベストセラー全史【現代篇】」澤村修治
  • 立風書房『現代怪奇小説集』中島河太郎・紀田順一郎/編(1974年)目次
  • 笠原和夫脚本「博奕打ち いのち札」ついにDVD発売!
  • 学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?人気4大シリーズ+αを比較
  • 小学1年生の次男が幽霊を目撃
プロフィール

squibbon

タグクラウド