備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

音楽

science fiction double feature~筋肉少女帯 Live & PV-clips~

201909sciencefictiondoublefeature

1年以上も前に「science fiction double feature~筋肉少女帯 Live & PV-clips~」がDVDになっていたことに今ごろ気づきました。
いや、むちゃくちゃ懐かしいですね、これは。

VHSが発売されたのが1998年。
DVDの販売情報を見ると、あちこちに「VHSの発売は1997年」などと書かれていますが、ライブそのものが1997年12月なんで、年内にビデオ発売なんて無理です。
収録されているのは「最後の聖戦ツアー…その後は養蜂と読書の日々 at 赤坂BLITZ '97 12.18」。
というわけで、1997年のアルバム「最後の聖戦」発売記念のライブツアーなのです。

個人的には、筋肉少女帯のライブビデオで一番好きなのがこの一本です。
まずタイトルがすごいね。
「science fiction double feature」⇒「SF映画2本立て」という意味ですが、これはカルト映画として名高い「ロッキー・ホラー・ショー」のオープニングを飾る楽曲のタイトルです。
「最後の聖戦」というアルバムは全体的にホームズネタが散りばめられていたのですが、「その後は養蜂と読書の日々」とは、探偵業を引退後のホームズを指しています。
タイトルからしてネタだらけで、わかる人だけわかればよい、という姿勢です。

とはいえ、「最後の聖戦」「養蜂と読書」というキーワードから、「あれ? 筋肉少女帯って解散する気?」と気づいても良さそうなものだったんですが、当時は全っ然、何も気にしていませんでした。
それどころか、「最後の聖戦」というアルバムの出来が良すぎたんですよね。
こんなに勢いのある演奏をするバンドが、内部でギクシャクしていたなんて、思いもよりませんでした。
当時はインターネットも黎明期であり、ファン同士で情報交換などということもなかったため、単純にアルバムを聴いて、たまにラジオやテレビで見かけて、という程度で、何も情報など持っていなかったわけです。
このあと活動休止となって初めて、「ああ、あのタイトルは!」と思いがいたり、考えてみれば「最後の聖戦」の内容は、バンドの末期を示唆する内容だらけだったな、と気づいたという次第です。(もう十分に君は苦しんだ、とか)

それはともかく、この「最後の聖戦」を引っさげてのツアーを収録したこのビデオは、本当に何度見返したことか。
「タチムカウ」「221B戦記」「小さな恋のメロディ」などこの時期の傑作を連打、さらにライブで定番の「サンフランシスコ」「釈迦」と、盛り上がりっぱなしの内容。
筆者は「きらめき」という、筋少にしてはあまりに爽やかで、しかし歌詞はやはりオーケンらしい曲が大好きなのですが、この曲も演奏していて、すごく嬉しくなったものです。
デビュー当初のビデオは音・映像・演奏のいずれにも難があるように感じていましたが、このビデオによってようやく決定版のライブビデオが出たな、と感じたものでした。
とにかく全てがかっこいい。
筋肉少女帯の再始動後は、大量にライブDVDが出ていて、まるで追いかけられていない状況ですが、やはり若い頃に初期の楽曲ばかり頭に刷り込まれてしまった身としては、ここ数年のDVDよりは、この「science fiction double feature」の方が心の底から楽しいなあと思えるのです。

というわけで、最近はあまりチェックしていなかったため、1年以上も経って今更の言及となりましたが、再始動後の筋少しか知らない若い方は、ぜひこの機会に聴いてみてください。
しかし、若いファンなんているんかいな。
職場の後輩、というよりも、もはや部下というべき20代の社員に「江戸川乱歩とドグラ・マグラが好き」という、筋肉少女帯のお客さんにうってつけの女性がいたため、当然知っていると思って話を振ったところ「えーっ?なんですか、それ。知らないです!」と走って逃げられたという苦い経験がありますが、それがもう4~5年前のことか。


science fiction double feature~筋肉少女帯 Live & PV-clips~ [DVD]
筋肉少女帯
ユニバーサル ミュージック
2018-06-20

中島みゆき「煙草」

201811中島みゆき289

中島みゆきのアルバム「御色なおし」(1985年)は、セルフカバー曲が集められた一枚です。
ここの収録されている「煙草」は、もともとは1982年に古手川祐子へ提供された曲でした。

この曲がなんとも不思議な歌詞です。
というのは、全編が「視覚」のみで構成されているのです。

歌詞をまるごと紹介するわけにはいかないため、「中島みゆき研究所」の該当ページへリンクをはっておきます。
http://miyuki-lab.jp/disco/lyric/ba130.shtml

「煙草をください」から始まりますが、その理由が「あの人に見せたいから」。
そのあとも「みつめてください」「移り気に見えるように
サビでは「煙草の煙が 途切れたすきに」、二人が踊る姿が見えてしまう、という展開になり「だれか 私の目を閉じて 何も見ないことにして」と締めくくられます。
続く2番のサビでも
「煙がつくり出したスクリーンには 幸せ見える
「あなたとあの娘 いつまで見える
と、徹底的に視覚にこだわります。

タバコと言えば、普通は味覚と嗅覚です。それがなぜこの曲では視覚なのか?

「煙草」というタイトルはずいぶんと大人っぽい印象を受けますが、この曲の提供を受けたとき、古手川祐子は22歳。まだまだ若い年齢です。
「煙草」というものを視覚でしか捉えられない。味や香りに親しんでいるわけではなく、単なるファッションとして描いているという点に、ういういしさを感じさせようという、そんな意図の詩なのかな、と思います。

他の楽曲に登場するタバコは
「煙草の煙を流すため お酒の香りを流すため」(髪を洗う女)
「メッキだらけの けばい茶店の隅っこは 雨やどりの女のための席ね
  今ごろどうしておいでだろうか 今夜は煙草が目にしみる」(涙)
「嘆かないわ愚痴らないわ もう1本タバコ頂戴」(ノスタルジア)
と、だいたいが酒場や喫茶店などのイメージと結びついています。
中島みゆき本人は煙草にはあまり良い印象は持っていないかな、と思いますね。

中島みゆきの「ガラス」

201811中島みゆき289

中島みゆきの曲を聴いていると、「ガラス」という単語が妙に引っかかることがよくあります。

一般的に「ガラス」という言葉からはどのようなことがイメージされるでしょう。
・美しい。
・透明。
・冷たい。
・硬い。
・繊細。
・割れる音。
・破片……

さまざまなイメージがあります。
他のアーティストの楽曲に出てくるガラスと言えば、

「ガラスの十代」光GENJI、「硝子の少年」KinKi Kids
いずれも「繊細」なイメージですね。

「季節だけが君を変える」BOOWY
冒頭:ガラスの中の退屈な街
サビ:ガラス細工のフィーリング
やはりいずれも「繊細」なイメージがあります。

さて、中島みゆきの歌詞で目立つのは「破片」のイメージです。

「裸足で走れ」(1979年)
・ 裸足で 裸足で ガラスの荒れ地を 裸足で 突っ走れ
・ここまでおいでと 手を振り手招き 背中へガラスを降り注ぐ
「泥海の中から」(1979年)
おまえが壊した 人の心のガラス戸は おまえの明日を 照らすかけらに変わるだろう
「儀式(セレモニー)」(1986年)
ひきずられてゆく 波の中で光る ガラスたちの折れる 寒い音がする
「匂いガラス」(1986年)
・誰かがなくし 誰かが拾った 甘くて 酸っぱい リンゴのような 匂いガラス
・胸に刺さった ガラスのかけら 匂うほどに 疼くのは
ガラスがみちびく 怪しの日記
「あした」(1989年)
ガラスなら あなたの手の中で壊れたい
「匂いガラス」は、同題ドラマの主題歌として作られたため、ドラマの内容に合わせて歌われており、さまざまな「ガラス」が登場します。しかし、その中でも2つ目の「胸に刺さった ガラスのかけら 匂うほどに 疼くのは」は中島みゆきオリジナルの表現であり、ここではやはり「破片」のイメージです。

壊れやすさの象徴、ロマンティックな小道具として「ガラスでできたもの」が登場することもあります。

「バス通り」(1981年)
ため息みたいな 時計の歌を 聞きながら 私はガラスの指輪をしずかに落とす

「誘惑」(1982年)
ガラスの靴を女は 隠して持っています

そのほかに見られるのは、「透明な檻」のイメージです。

「with」(1990年)
ドアのあかないガラスの城でみんな戦争の仕度を続けてる
「やばい恋」(1992年)
光りながら昇ってゆく ガラスのエレベーターの外で 街灯り遠ざかるあの人に似てるわ
「ガラスのエレベーター」というのは比喩でも何でもなく、単なる情景描写とも取れますが、閉じ込められているイメージもあります。(筆者は「チョコレート工場の秘密」の続編「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」を連想してしまうのですが……)

また、窓ガラスもよく登場します。
研ナオコに提供したタイトルがずばり「窓ガラス」(1978年)という歌もありますが、それを含めて次のような曲があります。いずれも「冷たい」「硬い」という印象を持ちます。

「朝焼け」(1977年)
曇りガラス 外は寒い
「ホームにて」(1977年)
ふるさとは 走り続けた ホームの果て 叩き続けた 窓ガラスの果て
「窓ガラス」(1978年)
それよりも 雨雲が気にかかるふりで あたしは窓のガラスで 涙とめる
「タクシードライバー」(1979年)
車のガラスに額を押しつけて胸まで酔ってるふりをしてみても

さて、ここまで印象が強いものから順に書き出していきましたが、お気づきでしょうか。
中島みゆきのキャリアの中でさまざまに登場する「ガラス」ですが、実は年代ごとにイメージは固まっているのです。

【“窓ガラス”期】
「朝焼け」(1977年)
「ホームにて」(1977年)
「窓ガラス」(1978年)
「タクシードライバー」(1979年)

【“破片”期】(壊れやすい小道具含む)
「裸足で走れ」(1979年)
「泥海の中から」(1979年)
「バス通り」(1981年)※小道具
「誘惑」(1982年)※小道具
「儀式(セレモニー)」(1986年)
「匂いガラス」(1986年)
「あした」(1989年)
 
【“透明な檻”期】
「with」(1990年)
「やばい恋」(1992年)

さて、甚だ恣意的なまとめ方であるうえ、「それがどうした」と言わざるを得ないことではあるのですが、先日の記事「『中島みゆき全歌集1975-1986』(朝日文庫)収録作一覧」「『中島みゆき全歌集1987-2003』(朝日文庫)収録作一覧」を書きながら、ふと気づいたため、記事にしてみました。

なお、本記事を書くにあたっては「中島みゆき研究所」のサイト内検索を使わせていただきました。
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?【最新】人気4大シリーズ+αを比較
  • 新宿鮫・鮫島警部は今、何歳?
  • 春日太一『黙示録――映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
  • 岩波文庫的って?佐藤正午「月の満ち欠け」
プロフィール

squibbon

タグクラウド