備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

ホラー

月刊「シナリオ」2018年3月号「霊的ボリシェヴィキ」誌上鑑賞

201802シナリオ177

2月10日から高橋洋監督・脚本の映画「霊的ボリシェヴィキ」の上映が始まります。
今月5日に発売された月刊誌「シナリオ」にこの映画のシナリオが掲載されたため、一足早く「誌上鑑賞」してみました。ネタバレ無しのレポートです。

そもそも「霊的ボリシェヴィキ」とはなんぞや?
あまりに異様なこの言葉、元は40年近く前にオカルト研究家の武田崇元氏(現在は八幡書店社長)が提唱した概念ということです。高橋洋はこの言葉に興奮し、タイトルに冠した映画を製作するのが悲願だったとのこと。
詳しくは学研の雑誌「月刊ムー」公式サイトに掲載された以下の対談を読んでいただきたいのですが、正直なところ筆者にはさっぱり理解できません。

「20年の時を超えて甦る概念『霊的ボリシェヴィキ』とは? 高橋洋×武田崇元 対談」
http://gakkenmu.jp/column/14585/

ということなので、また「発狂する唇」「ソドムの市」「狂気の海」路線の難解なものを覚悟していたのですが、シナリオを読んでみると意外や意外、映画そのものはとてもシンプルな怪談でした。「リング」「女優霊」と同じくらい、気軽に見てよさそうです。
物語は「あの世に触れたことがある」という共通点を持った人々が集まり、百物語形式で一人ずつ自身の経験した怪異を語る、という心霊実験の様子を描きます。
当初の構想では、この怪談一つ一つを再現映像のようにインサートしていくつもりだったそうですが、予算の問題など紆余曲折を経て、全てを役者の「語り」に委ねることになったそうです。物語も「実験」が描かれていますが、映画の仕組みそのものも実験的であります。この辺が成功しているかどうかは本編を鑑賞しないとなんとも。
とはいえ、それぞれの怪談はとてもよくできていて、怪談好き、ホラー好きであればゾッとできる、レベルの高いもの、あるいは高橋洋の考える「恐怖」をよく反映したものが並びます。
高橋洋ファンとして「おや」と思ったのは、ある怪談の中で、母親が自宅の二階の窓から怖ろしい表情で少女を見下ろしているというシーン。以前に書いた記事の中で「高橋洋の実家の二階が怖い」という話を書きましたが、またもや二階が!と思っていたところ、上記リンク先の対談で、やはり実家の二階が念頭にあったという話をしていますね。

この映画、筆者の地元で見られるのはまだだいぶ先なのですが、楽しみに待ちたいと思っています。
パンフレットも充実しているらしいので、ぜひ入手したいものだと思っています。

ところで、月刊「シナリオ」の今号は、他にも「怪猫トルコ風呂」のシナリオも掲載されていました。これはとっても嬉しいオマケ!(オマケじゃありませんが)
この映画は1975年に東映東京撮影所が製作した映画ですが、タイトルの「トルコ風呂」が引っかかって、半ば封印作品のようになっているものです。名画座などではたまにかかるようですが、テレビ放映・ソフト化はされていません。筆者も未見だったのでこれは嬉しい!
将来的にも価値の出る号でしょう。

シナリオ 2018年 03 月号 [雑誌]
日本シナリオ作家協会
2018-02-05


関連記事:
「地獄は実在する 高橋洋恐怖劇傑作選」2月9日発売予定!
90~00年代Jホラー懐古 第6回 Jホラーブームの申し子たち
最恐!実話怪談名作エピソード5選
文芸としてシナリオを読む

ホラーファン必読のインタビュー漫画「怪奇まんが道」

201801怪奇まんが道158

「怪奇まんが道」。つまり、「まんが道」の怪奇版ということで、ホラー漫画家たちのこれまでの歩みを、本人へのインタビューをもとに描いています。インタビューシーンをそのまま漫画として描き、その中で回想シーンとして過去を振り返るというフォーマットで、作家に対してとても親近感が湧いてくる内容です。

これはホーム社が運営しているWebマガジン「Z」に不定期連載されているもので、話数がたまると単行本が刊行されてます。今のところ2冊刊行されています。
取り上げられている作家はとても豪華。
1冊目は古賀新一、日野日出志、伊藤潤二、犬木加奈子という文句なしの布陣。
2冊めでは御茶漬海苔、諸星大二郎というカルト的な人気を誇る大御所も登場しています。

筆者は最近はあまり漫画を読まなくなってしまいましたが、20年くらい前はこの辺の作家はいずれも大ファンで、熱心に読んでいました。特に伊藤潤二と御茶漬海苔は作品を全て揃えるというだけにとどまらず、著書を全バージョン揃えるくらい入れ込んでいましたので、この「怪奇まんが道」の内容はとても興味深く、また嬉しいものでした。

最近の若い人はあまり読んでいないかな、という気もするのですが、一人でも好きな作家がいれば、買う価値アリと思います。
第一話の古賀新一は試し読みもできます。
http://comip.jp/Z/cbs/c565/c52-767/





関連記事:
伊藤潤二の魅力とは? おすすめ・最高傑作の紹介
伊藤潤二作品目次 「ハロウィン少女コミック館」編
伊藤潤二作品目次 「伊藤潤二恐怖マンガCollection」編
伊藤潤二作品目次 「伊藤潤二恐怖博物館」編
伊藤潤二作品目次 「伊藤潤二傑作集」編

「地獄は実在する 高橋洋恐怖劇傑作選」2月9日発売予定!

201801リング162

2月に要注目の新刊が刊行予定です。Amazonでの予約受付がスタートしていました。



以前に下記の記事でも紹介したJホラーブームの立役者、脚本家・高橋洋のシナリオ集です。(追記:当初2月5日と告知されましたが、9日に延びたようです)

90~00年代Jホラー懐古 第6回 Jホラーブームの申し子たち

この記事は特に高橋洋について書き始めたわけではなかったにもかかわらず、気がついたら高橋洋の話ばかり書いてしまっていたわけですが、まあそのくらい、ファンにとっては熱狂的になってしまう脚本家なわけです。
高橋洋はこれまで、ホラーを中心にかなりの数の作品を発表していますが、著書は多くはなく、筆者が知る限りでは以下の4冊のみです。



映画の魔
青土社



はじめの2冊は、タイトル通り、大ヒット作「リング」シリーズのシナリオです。
以前の記事にも書いたとおり、映画「リング」を見て受けた衝撃は、個人的にはとても凄まじいものでしたが、しかし、その時点では高橋洋という脚本家がいったいどんな人なのか、「女優霊の脚本と同じ人」ということ以外、何も知りませんでした。
「リング2」は「らせん」とはパラレルワールドとなる「リング」の続編、ということで当然、劇場へ観に行ったのですが、前作とはまるで違うチンプンカンプンの世界で、全く煙に巻かれた気分でしたが、今にして思えば、これこそが高橋洋の真骨頂だったわけです。
(なお、この文庫の「リング」に付されたあとがきのタイトルが、今回のシナリオ集と同じく「地獄は実在する」となっています。「リング」の映画本編で使われなかったフレーズから取られたものということです)

次の「映画の魔」はエッセイ集ですが、ここへ来てようやく高橋洋の「思想」が見えてきました。「わけわかんなあ」と思っていた高橋洋作品ですが、これを読むと「えー!!そんなこと考えていたの!?」と、更に衝撃度が増す仕組みになっています。
さらに「映画の生体解剖」は、高橋洋に輪をかけてとんでもない映画の見方をしている稲生平太郎(作家であると同時に、本名の横山茂雄名義で英文学、幻想小説の研究もしている方)との対談ですが、これはもう筆者などは全然知らない映画の話ばかりしており、まるで話にはついていけません。「どう考えてもそれはないだろ」と思うような変態的な解釈ばかりが飛び交っている様を「芸」として楽しむ本かと思います。

というわけで、映画と同様、かなり狂った本ばかり出している高橋洋ですが、シナリオ作品がまとまった形で本になったことはなく、待望の刊行です。

収録作は以下のラインナップということです。
・女優霊 1996年
・インフェルノ蹂躙 1997年
・蛇の道 1998年
・ソドムの市 2004年
・狂気の海 2007年
・恐怖 2010年

「女優霊」「ソドムの市」「狂気の海」については、以前の記事で熱く語りましたので、その他の作品についても少し紹介しましょう。

「インフェルノ蹂躙」は、筆者は未見です。日活からオリジナルビデオとして発売された「エロティックサスペンス」で、レンタルショップで借りるしか見る方法がない作品ですが、DVDにはなっていないため、鑑賞はかなり難しい状況です。
「蛇の道」は盟友・黒沢清監督作です。当時、黒沢清とのコンビで劇場公開作なのかオリジナルビデオなのかよくわからないプログラムピクチャーをいくつか製作していますが、その中でも最悪の後味が伝説的に語られている一作です。
「恐怖」もまた問題作ですね。「感染」「予言」「輪廻」「叫」と続く一瀬隆重プロデュース「Jホラーシアター」の一作として公開されたため、大作感のあるホラーを期待して観に行った方も多いかと思いますが、内容は「ソドムの市」「狂気の海」に続く全くの高橋洋作品。期待とのギャップに物議を醸しましたが、高橋洋ファンには熱狂的に迎えられました。

というわけで、今やあまりレンタルショップでも見かけない、レアな作品が並んでいます。
高橋洋は自身で監督もしますが、やはり軸足は「脚本家」にあり、氏の思想を知るには映像を見るよりもまず、脚本を読み、セリフとストーリーを堪能することが重要かと思います。
万人には決して勧められない内容かと思いますが、高橋洋ファンはこの機会を逃さないほうが良いでしょう。
出版元の幻戯書房(げんきしょぼう)は、角川源義(角川書店創業者)の娘である辺見じゅん(角川春樹・角川歴彦の姉)が創業した出版社で、文学書がメインですが、映画の本もたくさん発行しています。どこの書店でも取り扱っていますが、新刊が入荷しない書店も多いと思いますので、大型書店かネット書店で購入する、あるいは事前に予約しておくことをおすすめします。

また、2月にはこれまた内容が全く見当もつかない、しかし怪作であることだけは間違いのない「霊的ボルシェヴィキ」が公開されますが、月刊誌「シナリオ」にシナリオが掲載されるそうです。

シナリオ 2018年 03 月号 [雑誌]
日本シナリオ作家協会
2018-02-05


以下、シナリオ集に収録予定作品のDVD、Amazon販売ページ。
女優霊 [DVD]
バンダイビジュアル

蛇の道 [DVD]
東芝デジタルフロンティア

<ホラー番長シリーズ> ソドムの市 [DVD]
アット エンタテインメント

狂気の海 [DVD]
ALPHA ENTERPRISE Co.,Ltd(IND/DAS)(D)

恐怖 [DVD]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


関連記事:
月刊「シナリオ」2018年3月号「霊的ボリシェヴィキ」誌上鑑賞
今更ながら映画「クリーピー 偽りの隣人」(黒沢清監督)を擁護する
90~00年代Jホラー懐古 第2回 「リング」の生い立ち
90~00年代Jホラー懐古 第6回 Jホラーブームの申し子たち
文芸としてシナリオを読む
スポンサーリンク
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

プロフィール

squibbon