備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

昭和史

笠原和夫脚本「日本暗殺秘録」鑑賞の参考図書

201807超国家主義244

笠原和夫が脚本を担当した東映の映画「日本暗殺秘録」(1969年)は近代日本のさまざまな暗殺事件をオムニバス形式で並べた作品です。
ここで取り上げられた事件は以下のとおりです。(カッコ内はメインで取り上げられた人物)
・桜田門外の変(水戸浪士)
・大久保利通暗殺事件(島田一郎)
・大隈重信襲撃事件(来島恒喜)
・星亨暗殺事件(伊庭想太郎・ただし映画には犯人は登場せず)
・安田善次郎暗殺事件(朝日平吾)
・ギロチン社事件(古田大次郎)
・血盟団事件(小沼正・井上日召)
・永田鉄山斬殺事件(相沢三郎)
・二・二六事件(磯部浅一)

さて、それぞれの事件には斬奸状や遺書、獄中記など、関係者による手記が残されています。それが収録された本を探してみました。
まず、1964年に筑摩書房から発行された「現代日本思想大系31 超国家主義」という本があります。
筆者はこの本を密かに「日本暗殺秘録」の元ネタ?と思っています(実際にどうかは知りませんが)。
本書は戦前の超国家主義者が書いた文章を集めたものなのですが、目次は以下のとおりです。

解説「昭和超国家主義の諸相」橋川文三
「死の叫び声」朝日平吾★
「無限私論」西田税△
「梅の実」井上日召★
「『日本精神研究』はしがき」大川周明△
「五・一五事件陳情書」後藤映範
「二・二六事件獄中日記」磯部浅一★
「丹心録」村中孝次
遺書と辞世歌
「日本愛国革新本義」橘孝三郎
「自治民政理」権藤成卿
「日本改造法案大綱」北一輝△
「五・一五事件尋問調書」大川周明△
付「昭和維新論」東亜聯盟同志会

★印が「日本暗殺秘録」に登場した人々です。
朝日平吾「死の叫び声」は事件に際しての斬奸状。
井上日召「梅の実」は獄中で記した自伝的随筆。
磯部浅一「獄中日記」は非常に有名ですが、処刑前に書かれた呪詛に満ちた手記です。

また△の西田税は「日本暗殺秘録」には登場しませんが「相沢事件」「二・二六事件」に深く関わりました。北一輝も同じく登場人物ではありませんが「二・二六事件」の理論的リーダーとして刑死したことがよく知られています。大川周明もこの映画に取り上げられた事件のいくつかに理論的・精神的に関与しています。

というわけで、この一冊で「日本暗殺秘録」の背景をかなりカバーできます。映画製作の5年前に発行されたというタイミングから考えても笠原和夫が本書を参照していただろという可能性は高いように思うのですがどうなんでしょう。あるいは、当時のこの業界では、誰が考えてもこの並びは常識的なものというだけだったのかもしれませんが。

この他、映画本編ではギロチン社・古田大次郎の手記「死の懺悔」も印象的に取り上げられています。これも映画が公開される直前、1968年に春秋社から刊行されています。(新装版が1998年にもやはり春秋社から出ました)
この辺も当然、笠原和夫は目を通していただろうと思います。

本編には登場しない星亨襲撃犯・伊庭想太郎も「斬奸状」を遺しているようです。「ようです」というのは、この文章が収録されている本をいまだに見つけられずにいるためです。ただ、この伊庭想太郎を主人公にした小説があります。山田風太郎の「明治暗黒星」(ちくま文庫「明治バベルの塔」収録)です。とはいえ、この小説が書かれたのは「日本暗殺秘録」よりあとなので、笠原和夫が参照したことはないでしょう。

というわけで、今回は「日本暗殺秘録」で取り上げられたテロリスト・関係人物たちの手記を紹介してみました。





死の懴悔―或る死刑囚の遺書
古田 大次郎
春秋社
1998-10

1998年の新装版



笠原和夫 人とシナリオ
シナリオ作家協会
2003-12

「日本暗殺秘録」のシナリオを収録



映画好きのための「軍歌」入門

筆者はミリタリー関係には全く詳しくない、というかそもそもあまり興味もないのですが、軍歌はわりと好きです。
軍歌が好き、というとイデオロギー的にいかがなものかと思われかねないのですが、そもそも筆者が軍歌に興味を持ったのは映画がきっかけでした。

例えば「仁義なき戦い 広島死闘編」。北大路欣也が演じる主人公・山中正治は、「予科練の歌」を口笛で吹きながら殺人を重ねていきます。
同じ曲は、岡本喜八監督「日本のいちばん長い日」の特攻隊出撃シーンでも歌われます。
やはり岡本喜八監督の「江分利満氏の優雅な生活」では、徴兵された際のエピソードに「抜刀隊」がBGMとしてかかります。
その他、「軍艦行進曲」が挿入される映画は数え切れないほどです。
この辺の軍歌について、一応、教養程度の知識は仕入れておくか、と思ってあるときにCDを買ってみたところ、予想外に良い曲が多くてしばらくハマっていた時期があります。
そんなわけで、入門的に軍歌を聞いてみたい方向けに、有名どころをいくつかご紹介しておきます。

まずその前に、軍歌の種類について。
軍歌というと戦意高揚のため、戦時中に歌われていたようイメージがありますが、厳密にはそのような歌は戦時歌謡と呼ばれ、軍隊が行進などに使っていた狭義の軍歌とは区別されます。
しかし、一般の認識では今はそれらすべてを「軍歌」としていますので、この記事でも両方を紹介していきます。

最初に、上でも紹介した「予科練の歌」。これは正確なタイトルは「若鷲の歌」といって、東宝が昭和18年に公開したプロパガンダ映画「決戦の大空へ」の挿入歌です。
映画には原節子が予科練生の下宿のお姉さん役で主演しています。
「若鷲の歌」は映画の終盤、予科練の練習風景に重ねながらフルコーラスが演奏されています。
正規の軍歌ではなく戦時歌謡の一つですが、曲自体は名曲というしかない仕上がりで、当時大ヒットしたと言われています。この曲によって予科練に憧れ戦死した若者も多く、作曲した古関裕而はそのことに生涯、責任を感じていたと言われています。
「仁義なき戦い 広島死闘編」では、海軍へ憧れながら終戦となり、行き場を失った若者の心境を描く小道具として使われています。
「決戦の大空へ」はDVDも出ているため、今でも気軽に見られます。



次に「抜刀隊」。
これは西南戦争の際の警視庁抜刀隊の活躍を歌ったものです。
西南戦争は西郷隆盛を筆頭に薩摩士族が起こした反乱ですが、これの鎮圧当たった陸軍は徴兵された平民がほとんどであり、士族にはとても歯が立ちませんでした。このため、士族が集まって作られた警視庁の警察官から切り込み隊を結成し「抜刀隊」と名づけました。
このような経緯から、この「抜刀隊」の歌は陸軍の歌であると同時に警察の歌でもあります。
現在でも陸上自衛隊と警察が行進の際に演奏している「分列行進曲」は、この「抜刀隊」がベースとなっています。
つまり、この曲については正式な「軍歌」であると言えます。
とはいえ、歌詞を見ると勇ましさの中にユーモラスな雰囲気を感じます。

我は官軍我敵は 天地容れざる朝敵ぞ
敵の大將たる者は 古今無雙の英雄で
之に從ふ兵は 共に慓悍決死の士
鬼神に恥ぬ勇あるも 天の許さぬ叛逆を
起しゝ者は昔より 榮えし例あらざるぞ
敵の亡ぶる夫迄は 進めや進め諸共に
玉ちる劔拔き連れて 死ぬる覺悟で進むべし

あまりに強大に敵におっかなびっくり、しかし懸命に勇気を奮い立たせて立ち向うさまを描いています。岡本喜八監督「江分利満氏の優雅な生活」での使い方は、非常にうまいものだと感じました。

さて、陸軍の「分列行進曲」に対して、海軍、そして現在の海上自衛隊も採用している行進曲が「軍艦行進曲」です。これはあまりに有名なので、解説は不要かと思いますが、作られたのは明治時代、日露戦争の直前です。
さまざまな映画で使用されていますが、「火垂るの墓」では主人公が見る観艦式の幻の中で流れていました。

最後に、映画での使用例は思い当たりませんが、右翼の街宣車でおなじみの曲「出征兵士を送る歌」。
これは「若鷲の歌」と同様、正式な軍歌ではなく戦時歌謡に当たるものですが、講談社の前身である大日本雄弁会講談社がコンクールを開催し、選ばれた曲です。
勇壮な歌詞と曲調で「ザ・軍歌」という印象がありますが、実はまだ著作権が生きている楽曲です。やかましい街宣車は、講談社が著作権法違反で訴えるべし。
それはともかく、歌詞はWebで検索すると簡単に閲覧できて、もはや著作権など無いも同然の扱いを受けていますが、イデオロギーを気にしなければ非常に良くできた歌詞です。
つい最近、とあるバンドの作った応援歌が「軍歌っぽい」と批判を受けるという一件がありましたが、「出征兵士を送る歌」くらい正しい日本語で美しくまとめれば、そんな批判も出なかっただろうに、と思いましたね。

ともかく、軍歌を愛聴しているというと周囲の視線が気になりますが、戦争映画・戦争小説が好きな人には知識として必須のものです。一度お試しあれ。

軍歌 ベスト
オムニバス
キングレコード
2004-05-08

選曲のバランスが一番良いCDはこれかな、と思います。戦後の録音ばかりで、オリジナルのものとアレンジがかなり違う曲が多いのがちょっと残念な点ですが。
ただ、特に戦時歌謡はすべてをオリジナル音源で揃えようと思うと著作権の生きているものが多々あり、所属レコード会社の壁があるため、実際には不可能です。

能條純一『昭和天皇物語 2』解説

201804昭和天皇物語199

能條純一の「昭和天皇物語」、待望の2巻が刊行されたました。
今回はのちに皇后となる久邇宮良子との出会いを中心に描かれています。引き続き原作は半藤さんということになっていますが、前巻以上に福田和也「昭和天皇」からの影響が濃厚に感じられます。
1巻目に続いて、気づいたことを書いてみます。

貞明皇后

大正天皇の后であった貞明皇后は、昭和天皇を語る上で非常に重要な人物です。
本作では昭和天皇の后である香淳皇后(久邇宮良子)を見初めたのが、貞明皇后であるとされていますが、福田和也の「昭和天皇」にも全く同じエピソードが紹介されています。
出典がよくわからないのですが、まあ福田和也が書いているんなら、ちゃんとした根拠があるんだろうと思います!
もちろん、このエピソード一発で内定したわけではなく、数多くの候補の中から選ぶ際、一つのきっかけになった、ということでしょう。福田和也の本には、選ばれた過程は公開されていない、とも書かれています。
貞明皇后は強気な性格で皇室内において絶大な権力を握っていたと言われていますが、本作でもその雰囲気はよく描かれています。昭和天皇のお后選び、戦前戦中を通しての昭和天皇の振る舞い、弟宮である秩父宮との関係など、あらゆる場面で貞明皇后の影響は現れてくることになります。

宮中某重大事件

恐らく次巻で最大の山場となるのがこの「宮中某重大事件」です。
これは久邇宮良子女王の兄・朝融王が色弱であると判明したことから、久邇宮家には色盲の遺伝子があり、この血統が皇室へ入り込むのは由々しき事態であると婚約反対運動が繰り広げられたことを指します。
良子の母は島津家の出身であり、反対運動の中心となった山縣有朋が長州の出身であることから、世間では薩長の勢力争いであると捉えられ、本作でもこの説を採用しています。
一方で、山縣有朋は単純に色盲に対する懸念を示しただけであるという説もあり、福田和也「昭和天皇」はその観点で綴られています。
とはいえ、当事者の思惑がどうであったかは歴史的には重要なことではなく、世間が「勢力争い」と認識したことが、大正から昭和にかけての時代に大きな影響を与えることになります。
本作での山縣有朋は、宮中某重大事件の黒幕らしく、大変な悪人面で描かれていますが、実際に昭和天皇との関係がどうだったかといえば、昭和天皇が終戦直後、皇太子(現在の天皇陛下)へ宛てた有名な手紙があります。その中に「明治天皇の時には、山県、大山、山本等の如き陸海軍の名将があったが、今度の時には、あたかも第一次世界大戦の独国の如く、軍人が跋扈して大局を考えず、進むを知って、退くことを知らなかった」という一文があり、明治期の名将の一人として数え上げられており、高く評価されていたことが伺われます。

昭和天皇物語 2 (ビッグコミックス)
能條 純一
小学館
2018-03-30







関連記事:
昭和天皇の驚きエピソード――「あっそう」に込められた意味
二・二六事件をめぐる怪談
スポンサーリンク
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

プロフィール

squibbon