201812このミス304

今年の「このミス」は創刊30周年、加えて平成最後、ということで歴代1位の中から「キング・オブ・キングス」を決める、という企画を載せています。
1位になったのは当然のようにあの作品でしたが、しかし、あらゆるランキングで常にトップを取る恐るべき高評価なのに、筆者の実生活では、周りにこの本を知っている人がぜんぜんいないのはなぜ?

それはともかく、便乗して筆者の平成ミステリベストを振り返ってみようと思います。
対象は、「このミス」の対象になりそうな本。ランクインしているとは限りません。
一応、一作家一作品に限りたいと思います。
発表年順にご紹介しましょう。

奇想、天を動かす(平成元年)


島田荘司の傑作は、初期に集中しており、「占星術殺人事件」「斜め屋敷の犯罪」「異邦の騎士」「北の夕鶴2/3の殺人」「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」と、全て昭和の作品です。
平成に入ってからも数多くの作品を発表していますが、昭和の作品に比べると切れ味が今一つという印象がなくもない。
その中で、「奇想、天を動かす」は「本格ミステリー宣言」とほぼ同時に発表され、島田荘司の考える「本格」が炸裂した奇跡的な作品だと思っています。
本書を皮切りに、その後毎年秋になると「暗闇坂の人喰いの木」「水晶のピラミッド」「眩暈」「アトポス」と、超大作を発表するのが恒例になりました。

砂のクロニクル(平成3年)


船戸与一も同じく、「山猫の夏」「猛き箱舟」など切れ味鋭い傑作は昭和時代に集中していますが、平成に入ってからは「砂のクロニクル」「蝦夷地別件」など、設定に深みのある、初期とは違った魅力を持つ大作を続けて発表しました。
中でも、筆者は本書が最高傑作だと思います。中東情勢を材にとりながら、船戸与一らしいアクションも堪能できます

生者と死者(平成6年)


数年前に、急にベストセラーになったりしていましたが、この本が出たときは興奮しましたね。直木賞をとっても、やっぱり泡坂妻夫は俺たちの泡坂妻夫だった!と感激しました。当時は雑誌「幻影城」の記憶が残っている時期だったので「幻影城ノベルスも小口アンカットだったよね」という会話も交わされたものです。
初版で2冊買いましたよ。

七回死んだ男(平成7年)

デビュー作の「解体諸因」や続く「完全無欠の名探偵」はピンと来なかったため、当時の新人の中ではパッとしない印象があったのですが、大間違い。本書「七回死んだ男」からのSF的な設定のミステリには毎回、大興奮でした。

天使の牙(平成7年)

大沢在昌は昭和デビューですが、「平成の作家」という印象ですね。「新宿鮫」シリーズも大好きですが、あえてこちらを。これほど興奮しながらこれほどのスピードで本を読む体験はめったにできません。しかも厚みもたっぷりの本で、堪能できました。ハリウッドで映画化してほしいくらいです。

オルファクトグラム(平成12年)

岡嶋二人は昭和で、井上夢人は平成。活動期間がきっぱり分かれていますが、筆者は岡嶋二人の作品も非常に新しい、新時代のミステリという印象を持ちながら読んでいました。
井上夢人のソロになってからますます先鋭的な作風になっていきますが、筆者が一番好きなのはこれ。「嗅覚を視覚化する」という超絶技巧によってあり得ない世界が目の前に現れます。やっていることがすごすぎるのに、すらすらと面白く読めてしまうミステリに仕立てる手腕は誰にも真似できません。

ウロボロスの純正音律(平成18年)

平成前期のミステリ界の貴重な記録でもある「ウロボロス」シリーズ。中でも筆者は「純正音律」を偏愛しています。これだけやりたい放題に見える設定ながら、「黒死館殺人事件」を意識した骨格を維持して、なおかつこの設定だからこそのミステリに仕上がっています。イロモノ扱いされていなければ、歴史的な名作と評価されてもおかしくないと思いますよ。

悪の教典(平成22年)

貴志祐介も凄腕のエンタメ作家です。どれもこれも傑作揃いですが、一番ハマったのはこれ。読み始めたら本当にやめられません。

マリアビートル(平成22年)

平成を代表するベストセラー作家ですが、筆者が一番好きなのはこれ。都筑道夫「なめくじに聞いてみろ」を連想するような殺し屋たちの狂騒曲。

スノーホワイト(平成25年)


「新本格以後」の本格ミステリ作家の中で、一番のテクニシャンは森川智喜ではないかと思っています。「デスノート」のような徹底した思考ゲームを展開しながら、ハチャメチャなコメディタッチですらすら読めてしまう。本書の他には「半導体探偵マキナの未定義な冒険」が印象に残っています。もっとたくさん読みたいものですが、寡作ですね。

関連記事:
平成ミステリ史私観(元年)


関連コンテンツ