以前にこちらの記事でご紹介した小説新潮臨時増刊「昭和名作推理小説」の文庫化か?と思わせて、実際には収録作品がかなり変更されましたが、「昭和ミステリ」を概観できる好アンソロジーです。「落ちる」「葬式紳士」「かあちゃんは犯人じゃない」「完全犯罪」など、ここ最近復刊されている作品もきっちり収録されています。
これを眺めてると、次に復刊されるべきはやっぱり陳舜臣だよな、と思います。

『昭和ミステリー大全集 上』

指紋(佐藤春夫)
途上(谷崎潤一郎)
琥珀のパイプ(甲賀三郎)
怪奇の創造(城昌幸)
嘘(渡辺温)
お・それ・みお(水谷準)
死後の恋(夢野久作)
押絵と旅する男(江戸川乱歩)
殺された天一坊(浜尾四郎)
聖アレキセイ寺院の惨劇(小栗虫太郎)
聖悪魔(渡辺啓助)
怪奇を抱く壁(角田喜久雄)
ハムレット(久生十蘭)
探偵小説(横溝正史)
眼中の悪魔(山田風太郎)
天狗(大坪砂男)
妖婦の宿(高木彬光)
解説(長谷部史親)

『昭和ミステリー大全集 中』

社会部記者(島田一男)
心霊殺人事件(坂口安吾)
落ちる(多岐川恭)
完全犯罪(加田伶太郎)
殺意(松本清張)
かあちゃんは犯人じゃない(仁木悦子)
吉備津の釜(日影丈吉)
不運な旅館(佐野洋)
團十郎切腹事件(戸板康二)
案山子(水上勉)
お嫁にゆけない(笹沢佐保)
葬式紳士(結城昌治)
下り「はつかり」(鮎川哲也)
方壺園(陳舜臣)
ナポレオンの遺髪(三好徹)
淋しがりやのキング(生島治郎)
解説(縄田一男)

『昭和ミステリー大全集 下』

南神威島(西村京太郎)
黄色い吸血鬼(戸川昌子)
襲われて(夏樹静子)
単位の情熱(森村誠一)
ジャケット背広スーツ(都筑道夫)
死神はコーナーに待つ(天藤真)
掘出された童話(泡坂妻夫)
ところにより、雨(赤川次郎)
菊の塵(連城三紀彦)
暗殺者グラナダに死す(逢坂剛)
ゆきどまりの女(大沢在昌)
糸ノコとジグザグ(島田荘司)
少年の見た男(原尞)
解説(長谷部史親)

関連記事:
小説新潮五月臨時増刊 ミステリー大全集「昭和名作推理小説」(平成元年5月)
個人的に復刊を希望する昭和のミステリ
昭和ミステリ復刊状況まとめ



関連コンテンツ