201804沖縄の伝説と民話206

父は若い頃、仕事のため頻繁に沖縄へ出張していたそうです。
本土復帰前のパスポートが必要だった時期から、筆者が生まれる頃まで、昭和40年代後半から50年代前半にかけてのことです。
このため、実家にはお土産に買ってきたと思われる、琉球人形やよくわからない楽器などが転がっていましたが、沖縄に関する本も2冊だけ本棚に並んでいました。
そのタイトルは

「鉄の暴風」(沖縄タイムス社)
「沖縄の伝説と民話」(月刊沖縄社)

沖縄は人口140万人ほどの規模ながら、出版社は40近くもあり、地元で「県産本」と呼ばれる独自の出版活動が行われています。沖縄県の書店へ行くと、よそでは見かけない珍しい本がズラリと並んでいます。
中でも「鉄の暴風」は沖縄戦の代名詞ともなっている有名な本なので、父がお土産に買ってきたことは理解できます。

しかし、このもう一冊はいったい何なのか? なぜよりによってこんなのを買ってきたのか?
というのは、これがとんでもなく怖ろしい内容の本なのです
筆者は小学生の頃に父の本棚からこれを手に取り、恐怖に震え上がりました。
総ルビで子どもにも読める作りなのですが、載っているのは怖い話ばかり。ともかく挿絵が強烈です。いくつかご紹介しましょう。

与那国島で口減らしのために行われたと伝わる「久部良割くぶらばり」。これは史実ではなかろうというのがほぼ定説になっているようで、本書にもそのようなコラムが付記されていますが、それにしてもこの絵!
201804沖縄の伝説と民話207

人喰い鬼になった兄を殺すため、洞窟を訪れた妹。「鬼餅うにもち」の由来として、地元ではやはり有名な伝説のようです。兄が鬼になった事情は「どうしたはずみでか」としか書かれておらず、謎です。妹の「下の口」が兄に襲いかかるという、小学生男子にはよく理解できないシーンがあります。
201804沖縄の伝説と民話208

一番怖いのがこの絵! 木陰で昼寝をしていた子どもがちんちん丸出しだったため、いたずらに木の棒で突き上げたところ、あとでこんな目に遭った老婆の話。
201804沖縄の伝説と民話209

収録されている話の全部がこんな調子というわけではありませんが、ともかくわが家にあった絵本(?)のなかで最も強烈だったのがこの本なのは間違いありません。
震え上がりながらも気に入って何度も読み返しており、一人暮らしを始めてからこっそり持ち出して自分の本にしてしまいました。

本書の最後には広告ページがあるのですが、そこを見ると何とシリーズの続刊予定として「沖縄の怪奇幽霊伝説」なる本の予告が載っているのです。
「伝説と民話」というだけこんなに怖いのに、これが「怪奇幽霊伝説」になったらどうなるんだ!?
一度は読みたい、と思いながらも、沖縄県産本の入手方法など皆目わからず、月日は流れました。

30歳過ぎてから、勤務先の社員旅行で初めて沖縄を訪れました。
その時は、自由時間は皆から離れて、古本屋巡りにあてました。
この機会を逃して「沖縄の怪奇幽霊伝説」を探すことなどできないだろうと考えたためです。
こんな大昔の本を探しても見つかるわけないよな、ということを考えながら、那覇市内の店を何軒か周っていると同じ月刊沖縄社の「沖縄の怪談」という本が目にとまりました。
結局「怪奇幽霊伝説」は見つからなかったため、こちらの方でもいいか、と思って買ってきたのですが、帰宅後に確認するとなんと! 実は「沖縄の怪奇幽霊伝説」と予告されていた本は「沖縄の怪談」として発行されていたのでした。つまり、買ってきたこの本で正解。
しかし、読んでみると個人的には実家にあった「沖縄の伝説と民話」の方がやはり怖いですね。
読んだ年齢が30過ぎているということもあるかもしれませんが。

それにしても、父が数多くある沖縄県産本の中からこれを選んだ理由は、ほんとに謎です。
いや、実家に電話して聞けば良いだけの話なんですが、40年以上も前のことなのでたぶん覚えていないだろうと思われるのと、「下の口」とか「ちんちん」というキーワードが引っかかって、未だにこの本を親の前で話題にしたことがありません。

というわけで、ネットで検索すると古本を販売しているサイトはいくつか見つかりますので、ご興味のある方は探してみてください。



関連コンテンツ