201709コミカルミステリーツアー1119

3回目は1998年刊行の『コミカル・ミステリー・ツアー3 サイコの挨拶』です。
 
・フロストのクリスマス →【クリスマスのフロスト】
・フロスト日和見 →【フロスト日和】
・誰の死体! →【誰の死体?】
・ベローナクラブの不謹慎な事件 →【ベローナ・クラブの不愉快な事件】
・五匹の鰊の赤 →【五匹の赤い鰊】
・毒はくわばら →【毒を食らわば】
・富豪刑事 →【富豪刑事】
・あと先不明 →【宛先不明】
このあと「オニツラ・ミステリー・ツアー」と題して3編の連作がありますが、これはいずれも鮎川哲也の短編を原題通りネタにしています。
「逆さの眼」「囁く唇」「てんてこてん」「錯誤」
・五つの腹時計 →【五つの時計】
・黒い白鶴 →【黒い白鳥】(舞台を神戸に移してローカルネタ)
・未明の悪臭 →【未明の悪夢】
・狂気のはてな? →【狂気の果て】
・疫病神の名のもとに →【神の名のもとに】
・ラセリング →【らせん】【リング】
・仄臭い水の底から →【仄暗い水の底から】
・ラファエロ真贋実験 →【ラファエロ真贋事件】
ここに続く「黄金の13」「EQチェックリスト」のシリーズは原題通り
・居すわりの名画 →【偽りの名画】
・そしてあの夜は甦る →【そして夜は甦る】
・さらば長き居眠り →【さらば長き眠り】
・出し惜しみの絆 →【哀しみの絆】
・パドックは千の目を持つ →【夜は千の目を持つ】
・赤いあたたかい右手 →【赤い右手】
・笑われてもブルース →【殴られてもブルース】
・猟犬クラブ →【猟犬クラブ】
・再婚イコン →【イコン】
・ブルー・ベル・ベッド →【ブルー・ベル】
・空中ブラリン庭園の殺人 →【バビロン空中庭園の殺人】
・われらのゲームオーバー →【われらのゲーム】
・サシミの記憶 →【鋏の記憶】
・水無月の墓穴 →【水無月の墓】
・ブルードレスの大女 →【ブルー・ドレスの女】
・壮年Z →【Z】(「少年H」にかけているのかと……)
・適手 →【敵手】
・玩具修理屋 →【玩具修理者】
・華やかな服喪 →【華やかな喪服】
・キャッタパルト →【カタパルト―キャット・コロラド事件簿シリーズ】
・図書館の失態 →【図書館の死体】
・四月の屍衣歌 →【四月の屍衣】
・警視の臨終 →「警視の休暇」「警視の隣人」など「ダンカン・キンケイド&ジェマ・ジェイムズ」シリーズから。
・チョコパフェの裏切り →【サンタフェの裏切り】
・大女彫刻家 →【女彫刻家】
・ヒジ鉄の枷 →【鉄の枷】
・蔵書の死 →【死の蔵書】
・罪ほろぼしの特装本 →【幻の特装本】
「狂極の夏」と題して、京極夏彦ネタ連作。「鉄鼠の檻」までは原題通りですが、その後は京極っぽい、オリジナルタイトル。
・新宿小判鮫 →【新宿鮫】(「炎蛹」ネタ)
・走らないけん夜明けまで →【走らなあかん夜明けまで】
・OUCH →【OUT】
・メルカルトと美袋のための殺人 →【メルカトルと美袋のための殺人】
・ニューポトンの密室 →【ニュートンの密室】
・一生戸棚の女 →【衣装戸棚の女】
・パラノイア・イヴ →【パラサイト・イヴ】
・9ドルは高すぎる →【9マイルは遠すぎる】
・おっとり捜査 →【おとり捜査】
・フリークたち →【フリークス】
・お上院議員 →【上院議員】
・ど血ら蚊が彼女を殺した →【どちらかが彼女を殺した】
・分家版 →【私家版】
・龍はナイトベッドで眠る →【龍は眠る】(飯田譲治脚本のドラマ「NIGHT HEAD」を絡めて)
・化身 アバダーラ・カヴァダーラ →【化身―アヴァターラ】
・ラストシーン・コヨーテ →【ラスト・コヨーテ】
・ブラック・アイスクリーム →【ブラック・アイス】

さて、このあと2006年に4冊目が刊行されており、今のところそれが最新刊なのですが、4冊目は各ネタのタイトルが原題通りなので、元ネタ紹介は省略します。したがって、この記事は3冊目の今回を最終回とします。





関連コンテンツ