201706占星術殺人事件088

いわゆる「ミステリ」の名作を「本格ミステリ」「ハードボイルド・冒険小説・警察小説」「エンターテインメント」という、3つのカテゴリに分類してご紹介します。
順次、リストを公開した後、ジャンル分け、選定基準などについての解説は改めて以下の記事でまとめます。

関連記事:
名作ミステリ必読リストについて
国内名作ミステリ必読リスト(本格ミステリ編・解説)

リンク先はすべてAmazonです。出版状況に応じて随時改訂します。

黒岩涙香
無惨」(1889年)

小酒井不木
恋愛曲線」(1926年)
疑問の黒枠」(1927年)

江戸川乱歩
二銭銅貨」(1923年)
D坂の殺人事件」(1924年)
心理試験」(1925年)
パノラマ島奇談」(1926年)
陰獣」(1928年)
孤島の鬼」(1929年)

横溝正史
本陣殺人事件」(1946年)
蝶々殺人事件」(1946年)
獄門島」(1947年)
八つ墓村」(1949年)
犬神家の一族」(1950年)
悪魔が来りて笛を吹く」(1954年)
悪魔の手毬唄」(1957年)

甲賀三郎
琥珀のパイプ」(1924年)
姿なき怪盗」(1932年)

角田喜久雄
高木家の惨劇」(1947年)

夢野久作
ドグラ・マグラ」(1935年)

浜尾四郎
殺人鬼」(1931年)

小栗虫太郎
完全犯罪」(1933年)
黒死館殺人事件」(1934年)

久生十蘭
顎十郎捕物帳」(1939年)
魔都」(1948年)

蒼井雄
船富家の惨劇」(1935年)

大阪圭吉
とむらい機関車」(1936年)

坂口安吾
不連続殺人事件」(1947年)

高木彬光
刺青殺人事件」(1948年)
人形はなぜ殺される」(1955年)
成吉思汗の秘密」(1958年)
白昼の死角」(1959年)

山田風太郎
妖異金瓶梅」(1954年)
十三角関係」(1956年)
明治断頭台」(1979年)

土屋隆夫
危険な童話」(1961年)
影の告発」(1963年)

岡田鯱彦
薫大将と匂の宮」(1955年)

鮎川哲也
黒いトランク」(1956年)
黒い白鳥」(1959年)
りら荘事件」(1968年)

仁木悦子
猫は知っていた」(1957年)

福永武彦
加田伶太郎全集」(1957年)

日影丈吉
内部の真実」(1959年)

佐野洋
轢き逃げ」(1970年)

戸板康二
團十郎切腹事件」(1959年)
グリーン車の子供」(1976年)

小泉喜美子
弁護側の証人」(1963年)

笹沢左保
招かれざる客」(1960年)

陳舜臣
枯草の根」(1961年)

都筑道夫
猫の舌に釘をうて」(1961年)
三重露出」(1964年)
血みどろ砂絵」(1968年)
なめくじに聞いてみろ」(1968年)
七十五羽の烏」(1972年)

天藤真
大誘拐」(1978年)

中井英夫
虚無への供物」(1964年)

竹本健治
匣の中の失楽」(1978年)
ウロボロスの偽書」(1991年)

泡坂妻夫
11枚のとらんぷ」(1976年)
乱れからくり」(1978年)
亜愛一郎の狼狽」(1978年)

笠井潔
バイバイ、エンジェル」(1979年)
サマー・アポカリプス」(1981年)
哲学者の密室」(1992年)

連城三紀彦
戻り川心中」(1980年)
夜よ鼠たちのために」(1983年)

島田荘司
占星術殺人事件」(1981年)
斜め屋敷の犯罪」(1982年)
北の夕鶴2/3の殺人」(1984年)
奇想、天を動かす」(1989年)

岡嶋二人
焦茶色のパステル」(1982年)
99%の誘拐」(1988年)

綾辻行人
十角館の殺人」(1987年)
霧越邸殺人事件」(1990年)
時計館の殺人」(1991年)

法月綸太郎
ふたたび赤い悪夢」(1993年)
生首に聞いてみろ」(2005年)

歌野晶午
葉桜の季節に君を想うということ」(2003年)

折原一
倒錯のロンド」(1989年)
沈黙の教室」(1994年)

我孫子武丸
殺戮にいたる病」(1992年)

山口雅也
生ける屍の死」(1989年)

北村薫
空飛ぶ馬」(1989年)

有栖川有栖
孤島パズル」(1989年)
双頭の悪魔」(1992年)

芦辺拓
グラン・ギニョール城」(2001年)

麻耶雄嵩
翼ある闇」(1991年)

二階堂黎人
人狼城の恐怖」(1996年)

加納朋子
ななつのこ」(1992年)

京極夏彦
姑獲鳥の夏」(1994年)
魍魎の匣」(1995年)

倉知淳
星降り山荘の殺人」(1996年)

西澤保彦
七回死んだ男」(1995年)

殊能将之
ハサミ男」(1999年)

大倉崇裕
福家警部補の挨拶」(2006年)

大山誠一郎
アルファベット・パズラーズ」(2004年)

三津田信三
厭魅の如き憑くもの」(2006年)

円居挽
丸太町ルヴォワール」(2009年)

森川智喜
スノーホワイト」(2013年)



関連コンテンツ