備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

高木彬光原作の映画「刺青殺人事件」(1953年・新東宝)

201810シナリオ265

高木彬光のデビュー作「刺青殺人事件」の映像化といえば、近藤正臣が神津恭介を演じた土曜ワイド劇場版が有名です。筆者が中学生の頃は、平日は毎日、夕方に土曜ワイド劇場を再放送していて、学校から帰って親が買い物にでかけたりして留守にしていると、乱歩の美女シリーズをドキドキしながら見ていたものですが、この「刺青殺人事件」も何度か見た記憶があります。
神津恭介は、金田一耕助に比べるとあまりハッキリした個性がなく、原作を読むより先にこのドラマ版を見ていたため、どうも神津恭介は完全に近藤正臣とイコールになってしまっています。

「刺青殺人事件」が発表されたのは1948年のことですが、そのわずか5年後、1953年に映画化されていたことはあまり知られていません。
筆者がこれを初めて知ったのは割と最近のことで、このムックに紹介されていたためです。



この本については、いずれまた紹介したいと思いますが、「〝誰も知らない〟ミステリーまで」と表紙にある通り、本当に全く存在を知らなかったミステリ映画が山ほど紹介されていて驚きました。伊藤大輔脚本の「刺青殺人事件」もその一本だったわけです。
「名探偵・神津恭介こそ出てこないが」と言いつつ「高木彬光のデビュー作で代表作の完全映画化」ということで、非常に興味を惹かれましたが、フィルムはすでに失われており、見ることは叶わない幻の映画のようでした。
このムックは、脚本家の桂千穂と掛札昌裕がほぼ自分たちの記憶を頼りに作品紹介をしています。このため、幻の映画でも大量に掲載されているのです。

さて、先日、何の気なしに月刊「シナリオ」誌のホームページでバックナンバーの掲載内容を眺めていて仰天しました。
なんと2年前の2016年6月号に、この「刺青殺人事件」のシナリオが掲載されているというではありませんか。
筆者は、一応毎月「シナリオ」誌の内容はチェックして、興味のある作品が掲載されているときには買っているのですが、こんなとんでもないものが掲載されていることに気づかず、この号はスルーしてしまっていました。なんてこった!
とはいえ、この雑誌は古本でバックナンバーを調達するのは非常に簡単です。いったいどの程度の部数が発行されているのか知りませんが、これまで目的の号を入手するのに苦労したことはありません。
今回も直ちにWebで検索し、無事に購入できました。

シナリオ 2016年 06 月号 [雑誌]
日本シナリオ作家協会
2016-05-02


シナリオが最近発見されたため活字化したということらしく、またもや桂千穂が座談会に登場して、本作についてあれこれ語っています。
桂千穂氏はもうだいぶご高齢かと思いますが、今のうちに知っていることを何もかも全部喋っておいてもらった方が良いと思いますよ。氏以外の誰も知らない貴重な情報を、そのままあの世へ持っていかれてしまったらミステリ界・映画界にとって大変な損失です。

それはともかく、さっそく読んでみましたが、うーん、なんとも言えない。
確かに神津恭介は登場せず、原作では容疑者の一人となる早川博士が自ら推理して謎を解き明かします。
トリックは原作通りですが、ところが密室については全然触れられていません。
「本陣殺人事件」に触発されて執筆された密室物……というのがこの原作の定評ですが、このシナリオを読んでみると、確かに事件にとっては密室かどうかはあんまり重要じゃないですね。原作を読んだのがもう20年以上前であるうえ、本がいま手元にないため、あんまり覚えていないのですが。
というわけで、原作から神津恭介と密室を削除したものがこのシナリオということになります。

そんな気の抜けたビールみたいな……と思われるかも知れませんが、ところがこのシナリオ、ミステリ映画としてはかなりよくできている、というかかなり気合が入っているのです。
1953年(昭和28年)ということを考えると、これは驚くべきレベルです。
1976年の「犬神家の一族」以降は、ミステリ映画もだいぶ「謎解き」重視となり、ミステリ的な仕掛けで観客を驚かせるよう、伏線などにも気を配るようになりましたが、昭和20年代のミステリ映画といえばドンパチが中心です。金田一耕助ですら、暗黒街の顔役みたいな扱いになっていたのです。
その中にあって、このシナリオはカメラのアングルなどまで細かく指定し、ミステリ的にフェアな伏線を張ろうとしています。
それなのに、名探偵を削除するなんて……と思ってしまいますが、これはこれで、当時のミステリ好きが名探偵という存在をどのように捉えていたのか、期せずして時代の証言のような形になっているようにも思います。

というわけで、あまりにも今更ではありますが、ミステリ好きは必読の号でありました。
 

東映「山口組三代目」(1973年)鑑賞



山下耕作監督、高倉健主演の映画「山口組三代目」をようやく観ました。
2年ほど前、このご時世にまさかのDVD化となったので「いずれ」と思っていたのですが、当ブログで何度も書いているとおり、目下、DVDといえどもなかなか映画を観られない状況のため、そのままになってしまっていました。(そもそも、今日こそ、と思ってレンタルショップを覗くと貸出中、ということも多かったのですが)

1973年、「仁義なき戦い」公開直後の製作ということで、なおかつ山口組三代目の田岡一雄組長を実名で主役に据えていることもあり、実録路線の一本と数えられていますが、実際に観てみるとコッテコテの任侠映画。やくざの美化どころではない、様式化、そして神格化された世界です。
しかし、これがびっくりするくらい面白い! 高倉健、かっこいい!
高倉健の映画を全部見ているわけではありませんが、これは間違いなく代表作の一本と言えるレベルです。Wikipediaを見ると当時調査した観客の満足度は92%と、「アホちゃうか」と言いたくなるような信じられない数字が書かれていますが、これはホント、「昭和残侠伝」と並ぶ正統的な任侠映画ですね。殴り込みのシーンは花田秀次郎にしか見えません。
「仁義なき戦い」と並行してこんな映画を作ってしまう東映という会社にますます惚れました。

ところで、Wikipediaで田岡一雄の項を読むと、生い立ちについては「この映画のあらすじ紹介か?」と思うくらい、細部まで完全に合わせてあるので、ちょっと笑ってしまいました。
映画の原作は徳間文庫に今も入っている「田岡一雄自伝」ですが、この内容が公式の伝記ということになっているのでしょうね。



ちなみに、この映画の5年前に発表された溝口敦『血と抗争』は、暴力団への批判的な視点で描かれているため、この映画に感動したあとで読み返すといろいろがっかりします。






 

「仁義なき戦い」関連本集成

201809笠原和夫263

「笠原和夫傑作選」の刊行を記念して、映画「仁義なき戦い」に関した本をズラズラっとご紹介します。点数が多いので、内容について簡単に。詳しいことはリンク先のAmazonでレビューを御覧ください。

実際の事件について





全ての原点である原作。広能昌三のモデルである美能幸三の手記を元に「広島戦争」を描いたルポルタージュです。角川文庫で長らくを版を重ねていましたが、今は電子書籍しか販売されていないようです。



第一部で梅宮辰夫が演じた若杉寛のモデル・大西政寛と、第二部で北大路欣也が演じた山中正治のモデル・山上光治の評伝。広島ヤクザのなかでも特に伝説に語られる2人です。



モデルになった人物・事件を紹介していく内容。ビジュアル満載なので、皆さんの尊顔を拝めます。ひとりひとりの人物について詳細に紹介しているため、実際の事件について書かれた本を読むときも参考になります。



上記の本の姉妹編的な内容です。実際の事件が映画ではどのように脚色されて描かれているのかが詳細に分析されており、シリーズのファンには興味深い内容です。



「学ぶ」というところに「そんなものを学ぶ必要が??」とツッコミを入れたくなってしまいますが、タイトル通り、「仁義なき戦い」に始まる東映実録路線の映画を参照しながら現実のヤクザ抗争史を綴っていきます。
関係者への配慮から、映画化にあたっては人物名や事件の背景などかなり脚色されることも多く、勉強になります。

映画化

映画になった経緯については、さまざまに語られていますが、まずは当事者たちの証言。



当ブログで何度も何度も紹介している笠原和夫のインタビュー集。こちらの記事で詳しく紹介しています。→笠原和夫を「読む」


映画監督 深作欣二
深作 欣二
ワイズ出版






「昭和の劇」と同じく鈴木一誌の装丁で、本棚に並べるとこんなにかっこいい2冊はありません!
というのはともかく、深作欣二のインタビュー集です。

「仁義なき戦い」調査・取材録集成
笠原 和夫
太田出版
2005-07-09


鈴木一誌の装丁でもう1冊。タイトル通り、笠原和夫が作成した取材録を書籍化したものです。
今回刊行された「笠原和夫傑作選」の見返しに取材録のカラーコピーが掲載されていますが、その全貌がこの本には収録されているというわけです。
関係者へのインタビューの記録、自作の人物関係図や年表、取材からシナリオ執筆に至る時期の日記など、てんこ盛りの内容。映画本のコーナーではなく、「歴史史料」のコーナーにでも置きたくなるような本です。



2003年にNHKのETV特集で放映された同タイトルの番組を書籍化したもの。筆者も見ましたが非常に良い内容でした。番組自体は「仁義なき戦い」ブルーレイ版BOXに特典ディスクとして収録されています。
「仁義なき戦い」シリーズのプロデューサーである日下部吾朗の回顧録。



東映京都撮影所所長として任侠路線をスタートさせ、社長として実録路線を驀進させた岡田茂の自伝。東映ファン必読です。

ファンブック

仁義なき戦い 浪漫アルバム
杉作 J太郎
徳間書店
1998-05-01


「仁義なき戦い」のファンブックは大量に出ていますが、一番最初に出たのがこれで、なおかつその後、これを超えるものは現れていません。20年経った今も版を重ねている大ロングセラーです。ファン必携。

笠原和夫を「読む」

2018年11月 文庫新刊おすすめ情報

来月の文庫新刊をご紹介します。先月までの網羅的なリスト掲載はやめて、当ブログ的に要チェックのものだけご紹介します。11月はこの3冊!(書名からのリンク先はAmazon)

岩波文庫
若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇
三島由紀夫


三島由紀夫の「黒蜥蜴」、待望の文庫化です。岩波文庫は先月あたりから突然、三島由紀夫の収録を開始しましたが(しかも落ち穂拾い的なシブいところばかり)、これは戯曲集のようですね。岩波書店のサイトにもまだ情報がないため、詳細はわかりませんが。
「黒蜥蜴」は言わずと知れた江戸川乱歩原作の舞台劇です。映画「黒蜥蜴」は井上梅次監督版、深作欣二監督版のいずれも、原作は江戸川乱歩の小説ではなく、三島由紀夫の戯曲ということになっています。
2007年にも学研M文庫に収録されたことがあります。そのときに買いそこねた方(俺のことだ!)は、要チェックです。

角川文庫
丹夫人の化粧台 横溝正史推理・怪奇探偵小説傑作選
横溝正史 日下三蔵・編


何でしょう、これは。
「表題作他13編収録」ということですが、収録作がよくわかりません。
「丹夫人の化粧台」は、かつての角川文庫では『山名耕作の不思議な生活』に収録されていました。『恐ろしき四月馬鹿』とあわせて、最初期に短編を集めた巻です。この『山名耕作の不思議な生活』がちょうど「表題作他13編」を収録しているので、これの復刊か?という気もしますが、どうなんでしょう。
柏書房の「短編コレクション」は角川文庫版『山名耕作の不思議な生活』と『恐ろしき四月馬鹿』とを合本にしていましたが(これは文庫の親本となった角川書店単行本版『恐ろしき四月馬鹿』と同じ内容)、これを再編集したものでしょうか?
あるいは、ちくま文庫からかつてやはり日下三蔵さんの編集で『怪奇探偵小説傑作選2 横溝正史集』というものが出ており、このときも「丹夫人の化粧台」は収録されていたので、これの復刊かも知れません。
まあ出てみないことにはなんともわからないのですが、だいたい初期作品を集めたものだろうと推測して間違いないと思います。

ちくま文庫
方壺園 ミステリ短篇傑作選
陳舜臣 日下三蔵・編


出ました! 陳舜臣!
以前の記事にも書きましたが(個人的に復刊を希望する昭和のミステリ)、昭和ミステリの復刊が目下のブームなので、いずれは陳舜臣の出番が来ると思っていました。
日下三蔵さんのちくま文庫シリーズでは、結城昌治、仁木悦子、多岐川恭、戸川昌子に続くものということになります。昭和の匂いが濃厚に漂い、頭がくらくらするメンバーです。
これまでのところ、表題の短編集+代表的な短編をいくつか、というスタイルなので、陳舜臣の初期のパズラーはこの一冊にまとまるだろうと期待して良いかと思います。
他社でも良いので、引き続き長編も手がけてくれると嬉しいですね。

平成元年頃の名古屋古本屋事情(郊外編)

前回に続き、筆者が中学・高校の頃に通っていた名古屋の古本屋の話です。

筆者の実家は名古屋の北の方にあったため、自転車で20分も走れば隣接する春日井市に出られました。
JR勝川駅から北へのびる商店街を200メートルほど行き、路地を入ると「勝川古書センター」がありました。ここは巨大な倉庫のような建物(もともとは卓球場という噂を聞いたことがありますが未確認)に「伊東古本店」と「椙山書店」という2つの古本屋が入っており、文庫・コミック・雑誌が中心でしたが、かなりものすごい品揃えでした。
向かって右と左に店が並び、どっちが伊東古本店でどっちが椙山書店なのか、当時からよくわかっていなかったのですが、筆者が好きなのは右の店でした。
ここの文庫売場は時代を反映して、角川文庫ばっかり!
「犬神家の一族」「人間の証明」「汚れた英雄」など、角川文庫の大ベストセラーがそれぞれ30冊ずつくらい棚へ突っ込んであるような、ずいぶんと荒っぽいところでしたが、高さ1.8メートル、長さ10メートルくらいの棚を端から端まで全てチェックしなければいけません。しかも、本は手前と奥と2列に並んでいるので、手前の本をかき分けて奥まで探索しなければいけない。
店内にかかっているのは角川映画出身のアイドルたちの歌。すでに90年代でありながら、こんな場所で80年代角川ブームを追体験していたわけです。
ここの店はどっちかというと、買った本よりも、本を漁っている時間の方が印象に残っています。おたくの筆者には珍しく「ものより思い出」というわけですね。
冬なんかは非常に寒い中で、2時間くらい立ち読みをまじえながら棚をチェックし続けているのでトイレへ行きたくなってきます。すぐ近くにあるスーパー「ヤマナカ」のトイレと往復しながらの「作業」でした。この「ヤマナカ」も今はちょっとおしゃれなショッピングセンターに生まれて変わっているようです。
肝心のこの店で買ったものですが、正直、よく覚えていません。横溝正史とか高木彬光とか大藪春彦とか小松左京とか(要するに角川文庫ばかり)いろいろ買ったはずですが。
右の店で買ったものは忘れましたが、左の店で買ったものは、一つだけよく覚えています。
「亜愛一郎の狼狽」(これも角川文庫版)。
今は創元推理文庫がずっと重版を続けているので全然珍しい本ではありませんが、平成元年前後の数年間は全く見かけない本だったのです。泡坂妻夫は一番最初に短編「紳士の園」を読んでノックアウト。その後、亜愛一郎シリーズを探し回り、2作目の「転倒」、3作目の「逃亡」を先に手に入れて読んだのですが、「狼狽」だけどうしても見つからない。そのうちに前回の記事に書いたとおり「幻影城」を揃いで入手して、「狼狽」収録作はそこで全部読んだのですが、やはり文庫版を発見した喜びは格別でした。5センチくらい飛び上がりました。

さて、勝川古書センターへ向かう途中、19号線で勝川橋を渡る手前に「古本のさんぽ道」という古本屋がありました。ストリートビューで見ると、建物はまだありますが、今はアコムになっているようです。
ここはそれほど大きな店ではなかったのですが、なかなか品の良い品揃えで、通りかかると必ず立ち寄っていました。
購入したもので最も印象に残っているのは都筑道夫「なめくじに聞いてみろ」(講談社文庫)。
この本の衝撃については、以前の記事に書きました。

さて、名古屋の北の方で行きつけの古本屋はこの2ヶ所で、実家から近かったこともありちょっとしたヒマがあると覗きにいっていたものですが、もう一つ、郊外の古本屋でよく通ったのが、名古屋の東部、昭和区から天白区へかけて飯田街道沿いに点在していた古本屋です。
この周辺は名古屋大学、南山大学、名城大学など、大きな大学が集まっていたためか古本屋の多い地域でした。もう20年以上も行っていないので今はどうかわかりませんが、吹上から植田まで、飯田街道の通りに沿って10軒くらいの古本屋がありました。
わが家から植田までは自転車で1時間くらい。中学生にはかなりの距離です。どうしてこんな場所に古本屋が固まっていることを知ったのか、まるで覚えていませんが、恐るべき情熱と執念で存在を嗅ぎ当てたのでしょう。
この通り沿いでは土屋隆夫をやたらに見つけたことを覚えていますが、一番印象に残るのは「横溝正史読本」(単行本)。カバー無しのものでしたが、即断で購入。これは嬉しかったですね。

というわけで、読んでいる方にはかなりどうでもよい、個人的な備忘記事でした。


関連コンテンツ

profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 高木彬光原作の映画「刺青殺人事件」(1953年・新東宝)
  • 「仁義なき戦い」関連本集成
  • 平成元年頃の名古屋古本屋事情(鶴舞~上前津編)
  • ピーター・アントニイ「衣装戸棚の女」は映画「スルース」好きにおすすめ
  • リンドグレーン「長くつ下のピッピ」新訳刊行
  • 国書刊行会「笠原和夫傑作選 第二巻 仁義なき戦い――実録映画篇」入手
プロフィール

squibbon

タグクラウド