備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

個人的に復刊を希望する昭和のミステリ

201804落ちる211

先日の記事でここ最近のミステリ復刊状況をまとめましたが、この勢いでこの辺も復刊して欲しい、という希望を連ねてみます。

まずは多岐川恭の短編集。

落ちる (創元推理文庫)
多岐川 恭
東京創元社
2001-06


この本、過去に創元推理文庫も「復刊」という形で刊行したのですが、すでに20年近く経ってしまっているんですね。
表題の「落ちる」は凄まじい迫力がみなぎるサスペンス。
個人的には「昭和ミステリ」の代表格だと思っています。
他にもこの短編集にはサスペンス、本格の絶品が並びます。
創元推理文庫がこのまま重版してくれるだけでもよいのですが、このところミステリ短編の傑作集を次々出しているちくま文庫には、ぜひこれも入れてほしいです。

危険な童話 (光文社文庫)
土屋 隆夫
光文社
2002-04


影の告発―千草検事シリーズ 土屋隆夫コレクション (光文社文庫)
土屋 隆夫
光文社
2002-03


昭和30年代、本格ミステリ冬の時代に孤塁を守り続けた土屋隆夫ですが、今や新刊書店で手に入る本が一冊もない状態。確かにいま読むとちょっと古くさいかもしれませんが、個人的には昭和の香りが濃厚でたまりません。「影の告発」のトリックなんか、そろそろ若い人には理解できないものになってきてますよ。
過去に何度も文庫化されていますが、16年前に光文社文庫が新装版を出したのが最後です。数多くの名作がありますが、ともかくこの2冊がマストでしょう。創元推理文庫が以前に「長篇全集」という形で収録したことがあり、あれはあれでマニアには良かったのですが、初心者には敷居の高い作りだったので、単品で出した方が長持ちするのではないかと思いました。
ちくま文庫は結城昌治や仁木悦子に手を出したのなら、土屋隆夫も出すべし。



都筑道夫はちょこちょこと復刊されていますが、個人的に最も偏愛しているこの長編は、約20年前にやはり「復刊」という形で刊行されたのを最後に、入手困難が続いています。数年前に週刊文春が出した新版の「東西ミステリーベスト100」にも、96位でぎりぎり引っかかっていたので「おお!」と思いましたが、その後復刊されることはありませんでした。
コミカルな会話と考え抜かれたアクション。昭和30年代の「かっこよさ」がギッチギチに詰まっています。
岡本喜八監督の映画「殺人狂時代」の原作としても有名ですが、個人的には岡本喜八監督のかなり熱心なファンであるにもかかわらず、原作のことが好きすぎて、この映画はどうも好きになれません。
これまた、「昭和」を熱心に推進するちくま文庫に、ぜひ拾っていただきたい。

招かれざる客―笹沢左保コレクション (光文社文庫)
笹沢 左保
光文社
2008-09-09


元祖「新本格」として再評価されている笹沢左保ですが、とはいえ手に入る本が今やほとんどありません。ちょっと前まであんなに山のように並んでいたのになあ……ってこれは30年くらい前の記憶ですね。
ちくま文庫は、昭和ネタに困ったらぜひ笹沢左保も検討してほしいです。

枯草の根 (講談社文庫 ち 1-6)
陳 舜臣
講談社
1975-06


ちょっと前に陳舜臣が亡くなった時、不謹慎ながら「お!」と思ってしまいました。これは陳舜臣のミステリが復刊されるチャンスか、と思ったわけです。しかし、書店に積まれたのは「小説十八史略」や「阿片戦争」など、歴史小説ばかり。いや、筆者は「小説十八史略」も大好きなので、別によいのですが、昭和の神戸を舞台にした数々の本格ミステリが読めないままになっているのは淋しい限りです。
これは……ちくま文庫よりも創元推理文庫がやるべきですね。



これまたほぼ忘れられているテクニシャン・佐野洋。
代表作を選ぼうとすると、やや決め手にかけるところがあり、そのへんでちょっと損をしているようにも思いますが、この「轢き逃げ」は名作です。
これも、創元推理文庫に期待しています。

最後に戦前のミステリを。

姿なき怪盗 (1959年)
甲賀 三郎



あまりに長いあいだ刊行されていないので、Amazonで検索しても正確な書誌情報が出てこない有り様ですが、河出文庫の「探偵・怪奇・幻想シリーズ」にこれほどうってつけの作品はないでしょう。それほど入手困難と思えない小栗虫太郎を拾っているくらいなら、こっちを是非!



横溝正史の名作中の名作「鬼火」「蔵の中」は角川文庫で品切れしてから、ちくま文庫「怪奇探偵小説傑作選 2 横溝正史集」にも収録されましたが、それももはや17年前。それ以降はずっと新刊書店には並ばない状況が続いています。
河出文庫は、ぜひ横溝正史にも手を出していただきたいものです。

というわけで、他にもいろいろありますが、「これは実現できるじゃね?」と勝手に思っているものについて、妄想を交えながら希望を述べさせていただきました。

関連記事:
昭和ミステリ復刊状況まとめ

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」予習におすすめの本は?

20170125国盗り物語054

早くも再来年の大河ドラマのタイトルが発表されました。
「麒麟がくる」
NHKのホームページによれば、主人公・明智光秀を長谷川博己が演じるそうです。
明智光秀といえば、戦国を舞台にした大河ドラマには必ずといってよいほど出てきますが、たいていは信長にさんざん虐げられる、かわいそうな役どころです。信長家臣団の中でもとりわけ有能な武将であったはずなのに、あまり良い扱いはされていません。
それを敢えて主役に据えるというので、どうなることか。

ここ数年、大河ドラマには原作はなく(正確には今年の「西郷どん」は林真理子原作ですが、ドラマ用に書き下ろしたものなので、これを原作と言うべきかどうか……)、「麒麟がくる」も脚本を担当する池端俊策のオリジナルです。(「太平記」以来の池端俊策登場ということで、ファンはかなり盛り上がっているようです)

さて、それでは予習のために読むべき本を2つご紹介しましょう。

まず、明智光秀が主役級に扱われている小説といえば、司馬遼太郎の「国盗り物語」が最も有名でしょう。



文庫版で全4冊という長い小説ですが、前半2冊は「斎藤道三編・前編/後編」、後半2冊が「織田信長編・前編/後編」という内容になっています。
斎藤道三は油商人から身を起こして美濃一国を支配したと言われていますが、この道三の天下取りの夢を婿の信長が受け継いだ、という流れで書かれています。
斎藤道三を中心にした前半がピカレスクロマンとして最高に面白いのですが、後半は明智光秀の視点から織田信長を描いています。
光秀は名家の流れを汲む家に生まれながら、道三に仕え、浪人したのち信長に拾われます。
信長・光秀という「道三の意志を継ぐ二人の相克」という歴史観で、本能寺の変へ至る過程が綴られていきます。
再来年の大河「麒麟がくる」はNHKホームページで「若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、そして秀吉が、家康が、所狭しと駆け巡る… 」などと紹介されていますので、「国盗り物語」の存在を念頭に置いた上で話が進むと考えてよいでしょう。
ただし、「親子二代で美濃をのっとったという説に基づく斎藤道三」ともあるので、ここ最近現れた新説に依る部分もあると思われ、「国盗り物語」との相違点も興味深いところです。
いずれにせよ、予習には最適の小説です。

さて、一方でホームページには「最新の研究と新解釈を反映した人物像」とも書かれています。
このドラマオリジナルの明智光秀像が登場することも期待されますが、ここ最近の小説で注目されてものとしては真保裕一の「覇王の番人」があります。




綿密の取材を元にしたミステリで人気のある真保裕一が2008年に刊行した小説ですが、新史料を元に描いたということで、歴史小説好きからはかなり高く評価されています。
さすがに「国盗り物語」ほどの知名度はありませんが、明智光秀を主人公にした小説としては定番のものとなっています。
こちらの小説もドラマを観るうえでは大いに参考になるでしょう。

ということで、明智光秀を主人公にした小説を二つご紹介しましたが、もう一つ、別の本をご紹介します。

タイトルにある「麒麟」は中国の霊獣でWikipediaでは以下のような説明があります。

「また、『礼記』によれば、王が仁のある政治を行うときに現れる神聖な生き物「瑞獣」とされ、鳳凰、霊亀、応竜と共に「四霊」と総称されている。このことから、幼少から秀でた才を示す子どものことを、麒麟児や、天上の石麒麟などと称する。」

この「麒麟」をテーマにしたシリーズが、小野不由美の「十二国記」です。



特に2作目「風の海 迷宮の岸」に登場する麒麟が最強にかわいい……



もちろん、小野不由美オリジナルの解釈に基づくファンタジーですが「麒麟とは?」と知るには、非常に良いシリーズです。 

関連記事:
NHK大河ドラマ原作紹介 昭和38年~昭和42年

昭和ミステリ復刊状況まとめ

201711あるフィルムの背景148

書店の文庫売場においては「名作ミステリの復刊」はコーナーを作っても良いのでは、と思うくらい定番のネタですが、それにしてもここ1年くらいの復刊は各社とも気合が入っていて目を見張るものがあります。
この手の復刊は、古本と同じで「見かけたら買うべし」と考えています。古本でも新刊でも本は一期一会。買わなかったことを後悔するより、買ったことを後悔する方がはるかにマシ。ちょっとでも気になったものはすぐさま買っておきましょう。

というわけで、ここ最近の状況をざっと眺めてみましょう。

創元推理文庫

創元推理文庫は、もともと過去の名作を柱の一つとしていますが、ここ最近は特に「おお!」と思うものが続いています。

魔都 (創元推理文庫)
久生 十蘭
東京創元社
2017-04-21


事件 (創元推理文庫)
大岡 昇平
東京創元社
2017-11-22


内部の真実 (創元推理文庫)
日影 丈吉
東京創元社
2017-12-20


完全犯罪 加田伶太郎全集 (創元推理文庫)
福永 武彦
東京創元社
2018-04-12


この辺、いずれも名作中の名作というべきラインナップで、もともとの出版元がなぜ品切れのままにしているのか、と思うものばかりです。筆者は以前に出た別の文庫で全て読んでいますが、創元推理文庫で出たとなると、改めて買って、きれいな本で読み直したくなりますね。
「事件」なんかは、新潮文庫版が出たあとに大岡昇平が改訂したバージョンを初文庫化、ということなのですが、これは「法曹界で教科書に使われている」という伝説があるくらい、裁判手続をリアルに、綿密に綴っているので、そういう観点では最新版で読む必要があるかもしれません。でも、ストーリーもかなり面白いので、細かいことを気にしなくても充分に楽しめる小説です。
「加田伶太郎全集」は、福永武彦が「加田伶太郎」名義で書いたミステリ集。
加田伶太郎を探偵の名前と思っている方もいるようですが、これは作者名。
昭和30年代に何年かかけてポツポツと発表された短編が桃源社で単行本にをまとめられる際、「加田伶太郎全集」のタイトルで刊行され、それ以降、何度か文庫化されています。登場する探偵は伊丹英典。この時期には珍しいロジカルな本格ミステリです。

河出文庫

河出文庫については、以前にも記事にしましたが、続刊をご紹介しておきます。

疑問の黒枠 (河出文庫)
小酒井 不木
河出書房新社
2017-09-06


鉄鎖殺人事件 (河出文庫)
浜尾四郎
河出書房新社
2017-10-05


いつ殺される (河出文庫)
楠田 匡介
河出書房新社
2017-12-06


人外魔境 (河出文庫)
小栗 虫太郎
河出書房新社
2018-01-05


三面鏡の恐怖 (KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ)
木々高太郎
河出書房新社
2018-03-03


筆者は、楠田匡介については「名前は見たことがある」という程度で、どんな小説を書いているのか全然知りませんでした。かなりマニアックなシリーズになってます。
この並びを続けるのなら、甲賀三郎「姿なき怪盗」も収録してほしいものです。「白骨の処女」「鉄鎖殺人事件」と同じく、新潮社「新作探偵小説全集」の一冊です。

さて、河出文庫はこれだけではありません。
泡坂妻夫作品の中でも、特に人気の高い初期作品3作を収録しました。

花嫁のさけび (河出文庫)
泡坂 妻夫
河出書房新社
2017-11-07


妖盗S79号 (河出文庫)
泡坂 妻夫
河出書房新社
2018-01-05


迷蝶の島 (河出文庫)
泡坂 妻夫
河出書房新社
2018-03-03


泡坂妻夫の本格ミステリは「亜愛一郎の狼狽」に始まるドタバタ路線と、「湖底のまつり」に始まるサスペンス路線がありますが(いずれも筆者が便宜的にそう呼んでいるだけです)、「妖盗S79号」は前者の、「花嫁のさけび」「迷蝶の島」は後者の作品として人気があります。泡坂ファンは買い逃すことが無いよう、要注意です。
泡坂妻夫は夢裡庵先生シリーズも新編集で復活しています。

夢裡庵先生捕物帳上 (徳間文庫)
泡坂 妻夫
徳間書店
2017-12-01


夢裡庵先生捕物帳下 (徳間文庫)
泡坂 妻夫
徳間書店
2017-12-01


短編ミステリ

さて、筆者的にここ最近の復刊ブームのなかで最も楽しんでいるのは、昭和30~50年代の短編ミステリです。
この頃の短編ミステリは本当にいいんですよね。おそらくは日本文学史上、最も小説が「売れていた」時期であり、中間小説誌と言われる雑誌が覇を競っていました。
本格ミステリは逼塞していたと言われる時代ですが、驚きとサスペンスに重きをおいた作品が量産されていました。

中でも注目は小泉喜美子。






女は帯も謎もとく (光文社文庫)
小泉 喜美子
光文社
2018-04-12


ちょっと前まで長編「弁護側の証人」以外、手に入る本はなかったのに「なにこれ!」といいたくなる大ブーム。筆者は、復刊されたことで初めて知った本ばかりです。
いずれもサスペンス短編ですが、特に「月下の蘭」が気に入りました。惚れ惚れとするくらいよくできた絶品が並びます。

次に結城昌治。


夜の終る時/熱い死角 (ちくま文庫)
結城 昌治
筑摩書房
2018-04-10


結城昌治はこれまでにも何度も文庫化が繰り返されていますが、ここ最近は新刊書店で手に入る本が全くないという状況が続いていたので、今回のちくま文庫への収録は歓迎すべきことです。この勢いで創元推理文庫や中公文庫が品切れにしているものを重版、または改版してくれないかな、と思うのですが。
「あるフィルムの背景」はかつて発行された角川文庫版同タイトルの短編集に、いくつか追加してものですが、ベスト選集と言ってよいラインナップでしょう。ともかく、どれもこれもとんでもなくハイレベルなサスペンスです。
筆者は昔から「葬式紳士」という短編が好きで、短編ミステリのオールタイム・ベストを選ぶと必ず入れているのですが、これもちゃんと収録されているのが嬉しいところです。

最後に仁木悦子。
粘土の犬 - 仁木悦子傑作短篇集 (中公文庫)
仁木 悦子
中央公論新社
2017-11-22




仁木悦子というと、「猫は知っていた」や「林の中の家」など長編が有名ですが、短編にも非常に人気があります。中公文庫で傑作選が出たのに続き、ちくま文庫からも刊行予定。
たぶんラインナップがかぶっていることは無いと思います。サスペンスあり、ロジカルな本格ありで、非常に読みやすいので、現代ミステリしか読まないという方にも安心してオススメできます。

この復刊ブーム、ぜひ続いてほしいですね。
というわけで、次回は「復刊希望」をあれこれ書いてみます。

ゼロ年代名作映画紹介その4「ホテル・ルワンダ」(2004年)

201804ホテル・ルワンダ210

この映画は2004年末に製作されたものの、日本での公開は2006年初頭のことで、まる1年のブランクがあります。
この間、ちょっとした騒動になっていました。
実は、アメリカで公開された時点では、日本公開予定が全くなかったのです。
その時の事情は、町山さんのブログ記事がまだ残っていました。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20050616

もともとは主演のドン・チードルのファンが「日本で公開して欲しい」と運動を始めたのがきっかけでしたが、町山さんを巻き込んだことで「映画秘宝」誌でも取り上げられ、インターネット上で署名が集められたりしていました。

当時の筆者はリージョン1対応のDVDプレイヤーを持っており、輸入盤を熱心にチェックしていましたので「そんなレアな映画はチェックしておかなければ」という程度の関心で、北米盤のDVDが発売されると、輸入DVDショップへ買いに出かけました。
店員さんへ尋ねると「はいはい」と案内され、たくさん積んであったので、やはり「見ておきたい」と考える人は多かったようです。
帰宅後にさっそく鑑賞すると、これはかなり打ちのめされましたのね。

1994年のルワンダ虐殺を描いた映画なのですが、この理不尽な恐怖!
フツ族とツチ族の民族対立とされていますが、劇中でも触れられているように、この二つの民族には血統や文化の面でほとんど違いはありません。
しかし、ラジオなどを使った猛烈なヘイトスピーチによりツチ族に対するフツ族の憎悪が沸点に達した段階で、大統領の暗殺事件が起こり、これがきっかけで一気にツチ族の大虐殺が始まります。
「隣人が、ある日突然、武器を持って襲ってくる」という状況で、フツ族の主人公はツチ族の妻を守りながら、支配人を務めるホテルでツチ族の難民をかくまい、事態の打開にあたる、という物語です。
見終わると、あまりの緊張感で喉がカラカラになっていました。
「宇宙戦争」「キリング・フィールド」「シンドラーのリスト」「ブラック・ホーク・ダウン」など、あらゆる名作映画をまとめて鑑賞したくらいの衝撃でした。
さっそく、日本公開を求めるインターネット上の運動へ署名を一票投じたものです。

2006年の年明けに、日本でも公開されました。
ユーロスペースから改装したばかりのシアターN渋谷での単館興行という形でスタートしましたが、公開後一週間くらい経って、平日の夜に見に行ったところ、チケット売り場は大行列、客席はすし詰め状態で、かなり盛り上がっていました。


 

謎の沖縄恐怖本「沖縄の伝説と民話」(月刊沖縄社)

201804沖縄の伝説と民話206

父は若い頃、仕事のため頻繁に沖縄へ出張していたそうです。
本土復帰前のパスポートが必要だった時期から、筆者が生まれる頃まで、昭和40年代後半から50年代前半にかけてのことです。
このため、実家にはお土産に買ってきたと思われる、琉球人形やよくわからない楽器などが転がっていましたが、沖縄に関する本も2冊だけ本棚に並んでいました。
そのタイトルは

「鉄の暴風」(沖縄タイムス社)
「沖縄の伝説と民話」(月刊沖縄社)

沖縄は人口140万人ほどの規模ながら、出版社は40近くもあり、地元で「県産本」と呼ばれる独自の出版活動が行われています。沖縄県の書店へ行くと、よそでは見かけない珍しい本がズラリと並んでいます。
中でも「鉄の暴風」は沖縄戦の代名詞ともなっている有名な本なので、父がお土産に買ってきたことは理解できます。

しかし、このもう一冊はいったい何なのか? なぜよりによってこんなのを買ってきたのか?
というのは、これがとんでもなく怖ろしい内容の本なのです
筆者は小学生の頃に父の本棚からこれを手に取り、恐怖に震え上がりました。
総ルビで子どもにも読める作りなのですが、載っているのは怖い話ばかり。ともかく挿絵が強烈です。いくつかご紹介しましょう。

与那国島で口減らしのために行われたと伝わる「久部良割くぶらばり」。これは史実ではなかろうというのがほぼ定説になっているようで、本書にもそのようなコラムが付記されていますが、それにしてもこの絵!
201804沖縄の伝説と民話207

人喰い鬼になった兄を殺すため、洞窟を訪れた妹。「鬼餅うにもち」の由来として、地元ではやはり有名な伝説のようです。兄が鬼になった事情は「どうしたはずみでか」としか書かれておらず、謎です。妹の「下の口」が兄に襲いかかるという、小学生男子にはよく理解できないシーンがあります。
201804沖縄の伝説と民話208

一番怖いのがこの絵! 木陰で昼寝をしていた子どもがちんちん丸出しだったため、いたずらに木の棒で突き上げたところ、あとでこんな目に遭った老婆の話。
201804沖縄の伝説と民話209

収録されている話の全部がこんな調子というわけではありませんが、ともかくわが家にあった絵本(?)のなかで最も強烈だったのがこの本なのは間違いありません。
震え上がりながらも気に入って何度も読み返しており、一人暮らしを始めてからこっそり持ち出して自分の本にしてしまいました。

本書の最後には広告ページがあるのですが、そこを見ると何とシリーズの続刊予定として「沖縄の怪奇幽霊伝説」なる本の予告が載っているのです。
「伝説と民話」というだけこんなに怖いのに、これが「怪奇幽霊伝説」になったらどうなるんだ!?
一度は読みたい、と思いながらも、沖縄県産本の入手方法など皆目わからず、月日は流れました。

30歳過ぎてから、勤務先の社員旅行で初めて沖縄を訪れました。
その時は、自由時間は皆から離れて、古本屋巡りにあてました。
この機会を逃して「沖縄の怪奇幽霊伝説」を探すことなどできないだろうと考えたためです。
こんな大昔の本を探しても見つかるわけないよな、ということを考えながら、那覇市内の店を何軒か周っていると同じ月刊沖縄社の「沖縄の怪談」という本が目にとまりました。
結局「怪奇幽霊伝説」は見つからなかったため、こちらの方でもいいか、と思って買ってきたのですが、帰宅後に確認するとなんと! 実は「沖縄の怪奇幽霊伝説」と予告されていた本は「沖縄の怪談」として発行されていたのでした。つまり、買ってきたこの本で正解。
しかし、読んでみると個人的には実家にあった「沖縄の伝説と民話」の方がやはり怖いですね。
読んだ年齢が30過ぎているということもあるかもしれませんが。

それにしても、父が数多くある沖縄県産本の中からこれを選んだ理由は、ほんとに謎です。
いや、実家に電話して聞けば良いだけの話なんですが、40年以上も前のことなのでたぶん覚えていないだろうと思われるのと、「下の口」とか「ちんちん」というキーワードが引っかかって、未だにこの本を親の前で話題にしたことがありません。

というわけで、ネットで検索すると古本を販売しているサイトはいくつか見つかりますので、ご興味のある方は探してみてください。


関連コンテンツ

profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 個人的に復刊を希望する昭和のミステリ
  • 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」予習におすすめの本は?
  • 昭和ミステリ復刊状況まとめ
  • ゼロ年代名作映画紹介その4「ホテル・ルワンダ」(2004年)
  • 謎の沖縄恐怖本「沖縄の伝説と民話」(月刊沖縄社)
  • 謎の沖縄恐怖本「沖縄の伝説と民話」(月刊沖縄社)
プロフィール

squibbon

タグクラウド