備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

子どものスキー用品は買った方がお得

P1280007-2

子どもを連れてスキーへ行くとなると、ウェアや板は買った方がいいのか?
悩む方はけっこう多いと思います。
成長の早い子どもに合わせていちいち買っていたらキリがない、ということでレンタルで済ませようと考えている方も多いのではないでしょうか。
競技をやらせていたり、スキーが趣味で年に何度も泊まり込みで滑るような場合は当然、自前のものになると思いますが、わが家のように年に何度かレジャーで行く程度だと「わざわざ買うのもちょっと……」とためらってしまいます。

筆者もずっとそう考えていたのですが、子どもがスキーをできる年齢になってくると、やっぱり買った方が得、と考えがコロリと変わってしまいました。

というのは、レンタルはけっこう高いんですよね。
スキー場にもよりますが、板とブーツとを両方1日借りると子どもでも3000円くらいが相場です。
わが家は夫婦ともスキーは大好きで、昔はかなり滑り込んでおり、それぞれに自前の板を持っています。子どもが生まれてからは、ゲレンデから遠く離れた地域に引っ越してしまったこともあり、ほとんど行かなくなってしまいましたが、それでも、年に3回くらいは滑っているでしょうか。
そのペースで、子どもの板やブーツを全部レンタルしたとすれば、一年で9000円!
これは高いと考えるべきかどうなのか?

そんなことを考えていたところ、近所の「BOOKOFF SUPER BAZAAR」に中古のスキー板が売られているのを見かけました。
雪国ではないので、それほど豊富な在庫というわけでもなく、また見るからに使い込まれた板ばかりでしたが、しかし考えてみればレンタルされている板とそれほど違わない状態です。
それが、レンタル2回分くらいの価格で板もブーツも揃ってしまう!
ということで、わが家の長男は一度もレンタルせず、いきなり中古の板とブーツとでゲレンデデビューさせました。

ブーツは経年劣化という問題があるので、本当は中古で買うのは避けた方がよいのでしょうけれど、まあ競技をさせているわけでもなく、年に3回レジャーで行く程度の使い方、しかも初心者コースから絶対に出ないというレベルなので、特に問題なくこのブーツと板とで練習していました。

昨年までに3シーズンほどこの中古板で滑りに行っていましたが、だいぶ体が大きくなってきたため、買い替えることにしました。
またまたBOOKOFFに通って物色していたのですが、なかなか良いものを拾えない。
というわけで、今シーズンはいよいよ新品を買うことにしました。

新品もピンキリですが、「レンタルより安い」という観点しか頭になく、また子どもの方も全く何もこだわりを持っていないため、売場へ到着すると同時に「あ、これが一番安い」ということで品物は決定。板とビンディング、ストックのセットで15000円でした。
中古で買うより何倍かかかっている計算ですが、これでも3シーズンくらい滑れば充分に元は取れます。なおかつ、わが家には子どもが3人いるのでうまく使い回せば9シーズンくらい使い続けることになるので、まあ、どう考えても新品で買っても問題ありません。

板についてわが家の話を書いていますが、ウェアについては、一般論としてやはり買って問題ないと言うか、むしろ買うべきでしょう。
というのは、スキーウェアは単なる雪遊びのときにも着られます。
スキーへ年に数回しか行かないにしても、雪遊びの合宿などへ参加する機会があれば使えますし、わが家では家の周りに雪が降っただけでもスキーウェアを着せて、心ゆくまで雪遊びをさせています(親もね)。
スキーウェアは常に一着持っているととても便利です。

あとはブーツですね。
スキーブーツは使っていなくても劣化していく、つまり寿命がある品物です。
筆者は実は最近までそのことを意識していなかったのですが、数年前、妻のお父さんが一人でスキーへ出かけたところ、ゲレンデの途中で突然、ブーツが大破してしまったという話を聞きました(20年もののブーツ)。
その話をきいて、他人事だと思って大笑いしていたところ、昨シーズン、筆者のブーツもゲレンデでソールが割れてしまったんですよね。これは15年もののブーツです。
というわけで、急にスキーブーツの寿命を気にするようになりました。
板よりさらにサイズが細かく分かれるため、買い替えの頻度も高くなるのですが、まあ長男から三男へお下がりを回している間くらいはなんとか持つだろうと考えています。

能條純一『昭和天皇物語 3』解説

201812昭和天皇物語296

能條純一の「昭和天皇物語」、3巻が刊行されました。
気づいた点をちょこちょこと書いてみます。

前半はいわゆる「宮中某重大事件」について。
久邇宮良子女王(のちの香淳皇后)が皇太子妃に内定したものの、家系に色覚異常が見つかり、皇統へ遺伝するのを恐れた山縣有朋らが婚約を破棄しようと動いた、という一件です。
このようなゴタゴタが国民に知れては皇室の尊厳が損なわれるため、報道は全くされなかったのですが、「宮中で何か重大な事件が進行している」という情報が漏れ伝わってしまい、「宮中某重大事件」と称されるようになりました。
結局、「良子女王殿下御婚約の儀に就き種々の世評ありしも御変更等の儀は全然無之趣き確聞す」と報じられて決着することになります。
これには皇太子(昭和天皇)が「良子でよい」と意向を示したと言われており、Wikipediaにもそのような記述がありますが、筆者の手元にある本では、この発言の出典はよくわかりませんでした。「昭和天皇実録」には(当たり前かもしれませんが)見当たらず。
この漫画では、この発言を非常に劇的に描いています。
もう一点、この事件には山縣有朋が「薩摩対長州」という観点から、母が島津家の出身である良子女王の婚約を阻止すべく言いがかりをつけた、という見方があります。この漫画でもその説を採用し、腹黒い策謀家として山縣を描いています。
山縣が腹黒い策謀家だったという点は筆者も否定するものではありませんが、しかしこの一件については対応はまずかったものの皇統に対する至誠の気持ちから出た行動であったという見解が、現在では一般的になっています。漫画に描かれた山縣有朋の姿は「宮中某重大事件」として取り沙汰された際の、世間での評価であった、と解釈するのがよいかと思います。

後半はヨーロッパ外遊について。
本巻の表紙になっている、答礼する皇太子時代の昭和天皇は、イギリス訪問の際、ジョージ五世とともに馬車でバッキンガム宮殿へ向かう途中に撮影された有名な写真をモデルにしています。(Webで検索すれば、この写真はいくらでも出てきます。)
御召艦の中でマナー教育が行われたというのは実際にあったと言われています。
このあと、それぞれの寄港地では若き日の昭和天皇にとって冒険が続きます。晩年までこのときの外遊を懐かしく語っていますが、楽しいエピソードが多く、続巻が楽しみです。



関連記事:
昭和天皇の驚きエピソード――「あっそう」に込められた意味
二・二六事件をめぐる怪談

Amazonサイバーマンデー「どれ6」セールおすすめDVD




 12月7日から11日まで、Amazonサイバーマンデーということですが、映画好きとしては「どれ6」セールに参戦したいですね。
これは、セール期間中に限り、対象のDVD、ブルーレイが6枚で3000円になるというもの。
DVDはともかく、ブルーレイが一枚あたり500円で入手できるというのは、かなり破格のセールです。
そんなわけで、自信を持っておすすめできる組み合わせをいくつか考えてみました。すべてブルーレイです。
本記事執筆時点でまだセールは始まっていないため、本当にセール対象かどうかは、リンク先でしっかりとご確認を。

ミステリ好きにおすすめ6選

ゴーン・ガール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ファーゴ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ブルーベルベット (オリジナル無修正版) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ブラック・スワン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ナタリー・ポートマン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04


羊たちの沈黙 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ミザリー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


たっぷり長時間映画6選

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (完全版) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16
(229分)

タイタニック(2枚組) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
レオナルド・ディカプリオ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04
(195分)

大脱走 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16
(172分)

ニューヨーク・ニューヨーク [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ライザ・ミネリ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-11-21
(164分)

JFK (ディレクターズ・カット/日本語吹替完声版) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16
(206分)

キングダム・オブ・ヘブン (ディレクターズ・カット) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16
(194分)

頭からっぽアクション映画6選

デッドプール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


007/スカイフォール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


スピード [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


デイ・アフター・トゥモロー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ロッキー・ザ・ファイナル (特別編) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


エイリアンVS.プレデター [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


SF映画名作6選

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


未来世紀ブラジル [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ミクロの決死圏 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


ロボコップ/ディレクターズ・カット [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


アバター [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
サム・ワーシントン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04


マイノリティ・リポート [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16


そんなわけで、筆者のオールタイム・ベストというわけではありませんが、セール対象作品からおすすめのものを選んでみました。

「犬神家の一族」とスキー

201812犬神家の一族295

今年のクリスマスイヴには、市川崑監督のリメイク版以来12年ぶりの映像化となるドラマ「犬神家の一族」が放映されます。
筆者の興味は、「犬神家の一族」が映画化されるたびに期待しているアレ●●が、今回こそいよいよ登場するのではないか、というその一点に尽きます。

というのは、「スキー」のことです。
原作を読んでいても覚えていない方がほとんどだと思いますが、「犬神家の一族」原作には、終盤の山狩りで金田一耕助がスキーの腕前を披露するシーンがあるのです。
スキーが大好きな筆者としては、ぜひともここは映像化してほしい。
ところが、これまで映像化された「犬神家」には、スキーが登場したことは全くありません。

そもそも、季節の問題があります。
原作は、10月18日からスタートします。金田一耕助が那須を訪れ、若林さんが殺される。ここから物語は始まり、なんやかんやあって、両脚が湖面からニョッキリ生える有名なシーンは12月13日。つまり、約2ヶ月に渡って事件は続いていたというわけです。
しかし、映画やドラマではもっと急展開します。市川崑監督版も始まりは原作通り秋ですが、冬になる前に事件は終わってしまいます。

原作では、例の「脚」も、分厚く凍った湖面から生えているわけですが、映像化されたものはいずれもさざなみが立つ中に脚が浮かんでいます。しかも場合によっては汀から結構な距離があったりして「どうやって突き立てたんだ?」と、犯人の話を聞いた後でもその疑問が消えなかったりします。
そんなわけで、そもそもスキーシーズンまでたどり着いていない映画・ドラマばかりなのですが、今回はちょっと期待してしまいますね。なんと言っても放映はクリスマス! 物語の時期が冬になっている可能性も高いでしょう。

さて肝心のスキーですが、原作では
両肩にステッキをかついで、タ、タ、タと登っていった。
金田一耕助は兎のようにピョンピョンと、急な坂を登っていったが、やがて沼の平のスロープの頂上にたどりついた(後略)
という形で、ひたすら登っています。
スキーなのに登り続けるなんて……と思われるかも知れませんが、これは山スキー。
この時代にはまだ現代のように整備されたスキーゲレンデというものはほとんどありませんでした。
日本で最初にリストがかけられたのは草津に昭和23年ということなので、金田一耕助が出身地の東北でやっていたスキーというのは、冬山登山のことなのです。
もともと日本にスキーが伝えられたのは、雪中行軍の手段として軍隊で教えられたものでした。皇室がスキーをたしなまれるのもその名残か?と思っていますが、どうなんでしょう。
それはともかく、雪山での移動手段して取り入れられたスキーが、やがてレジャーになっていったというわけです。
「犬神家の一族」で描かれるスキーも、冬山でも犯人追跡のための手段、ということになります。

スキー好きの筆者としては、この当時の山スキーを正確に映像で再現してほしい。ミステリファンだけでなく、全国のスキーヤーもテレビに釘付けになること確実と思われます。
とはいえ、映画にスキーが出てくること自体、かなり珍しいことです。日本初の本格スキー映画と言われる「私をスキーに連れてって」は、今のところ日本唯一の本格スキー映画とも言われています。スキーの映画って、撮るのが大変らしいんですよね。
そんなわけで、ミステリとスキーの2度美味しい映像化をずっと待ち望んでいますが、どうなることかさて。

ギリシア神話を知るには、おすすめの本はどれ? 大人から子どもまで各種紹介

201812ギリシア神話294

ギリシア神話は星座の伝説にも絡めて語られており、日本でも馴染みがあるのですが、プロメテウスだとかアポロンだとかイカロスだとか、登場する神々、人々の名前はなんとなく知っていても、体系的な物語としてはあまり深くは理解されていないのではないでしょうか。
しかし、ヨーロッパの文学、絵画、映画を鑑賞する際には聖書と並んで必須の知識となってきます。
今回は、ギリシア神話をコンパクトに理解するための本をいくつかご紹介します。

そもそも、ギリシア神話というのはベースになる本があるわけではありません。
古代ギリシアにおいて、口承されてきた伝承が詩や劇の形でじょじょに体系化されていったものであり、同じエピソードでも出典によって内容にゆらぎがあります。つまり、「この1冊を読めばギリシア神話のことはバッチリ!」という本は存在しないのです。

とはいえ、専門的に研究しようというのでなければ、有名なエピソードだけつまみ食いすれば充分です。
日本でおそらく一番よく読まれているギリシア神話の本は、阿刀田高のこの本ではないでしょうか。



全く初心者でも有名なエピソードを理解できるよう、興味深く平易な文章で書かれた入門書です。
一般的な教養としては、この本に書かれているレベルのことを知っていれば充分でしょう。
ただし、紹介されていないエピソードも多く、事典的な読み方には向いていません。
阿刀田高は本書以外にも聖書やコーラン、あるいは古事記や源氏物語、シェイクスピアなど、世界各国の文化の基礎になっている書物をやさしく紹介するシリーズを書いており、いずれもよく読まれています。

同じく初心者向け入門書でありながら、世に知られているエピソードをほぼもれなく収録しているのがトマス・ブルフィンチの著書です。日本での翻訳は現在、2種類が入手可能です。



完訳 ギリシア・ローマ神話〈上〉 (角川文庫)
トマス ブルフィンチ
角川書店
2004-05-01

完訳 ギリシア・ローマ神話〈下〉 (角川文庫)
トマス ブルフィンチ
角川書店
2004-05-01


ブルフィンチは19世紀のアメリカの作家で、アメリカの読者のためにヨーロッパの神話や伝承をまとめた著作を残しました。本書もその一つです。
非常に読みやすく、ギリシア神話の全体像を手軽に読むにはおすすめです。
角川文庫版には「完訳」と書かれていますが、岩波文庫版も完訳です。野上弥生子は戦前にこの作品を日本で最初に訳したことで知られていますが、本書は1978年に改訳されたものなので、それほど古臭い訳文ではありません。角川文庫版のほうが圧倒的に新しい訳ではありますが、ですます調の優しい文体で書かれた野上訳の方が筆者は好きです。

もう少し突っ込んで、ギリシア神話の深いところまで分け入っていくのであれば、こちらの本が決定版でしょう。




新潮文庫で長年、版を重ねているロングセラーなので、手軽な入門書かと思ったら大間違い。神話のエピソードはもちろん、その出典に至るまで非常に詳しく書かれた本で初心者が最初に読むには骨が折れるでしょう。
とはいえ、ギリシア神話について一通り理解した上で手に取れば、文庫本でありながら事典代わりにも使える充実した内容です。映画や小説で「?」と気になったことがあっても、本書が手元にあればすぐに調べられます。

というわけで、ギリシア神話についての一通りの知識は上記の本が揃っていれば充分です。
さらに深く、原典と呼ばれるものに触れてみたい、という方には以下のようなものがあります。

ギリシア神話 (岩波文庫)
アポロドーロス
岩波書店
1978-06-16


神統記 (岩波文庫 赤 107-1)
ヘシオドス
岩波書店
1984-01-17


ヘーシオドス 仕事と日 (岩波文庫)
ヘーシオドス
岩波書店
1986-05-16


ギリシア悲劇〈1〉アイスキュロス (ちくま文庫)
アイスキュロス
筑摩書房
1985-12-01


いずれも古代ギリシアの書物を翻訳したものです。
とはいえ、これが「原典」というわけではありません。冒頭に書いたとおり、ギリシア神話はさまざまな口承伝説の集合体だからです。これらの書物が表された時点ですでに、昔々から伝えられている物語を記述した、というものなのです。
ただし、ギリシア神話はその後、ローマ神話と混同され、エピソードや神々の性格づけがずいぶんと変質したと言われています。現代のヨーロッパで流布しているのはその変質後の神話なので実際のところ、教養としては変質後の物語を知っていればよいわけですが、岩波文庫などから出ている「原典」は変質前に記述されたものであり、そういった点では興味深いものがあります。

最後に、子ども向けにはこちらを。

ギリシア神話
石井桃子
のら書店
2000-11-30


石井桃子が書いた、児童向けギリシア神話の決定版。
読みやすく、とっつきやすいエピソードが集められており、星座から神話に興味を持った子どもにはおすすめの一冊です。
 

関連コンテンツ

profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

スポンサーリンク
ギャラリー
  • 子どものスキー用品は買った方がお得
  • 能條純一『昭和天皇物語 3』解説
  • 「犬神家の一族」とスキー
  • ギリシア神話を知るには、おすすめの本はどれ? 大人から子どもまで各種紹介
  • 島田荘司 初期エッセイ集一覧
  • 迫水久常『機関銃下の首相官邸』(ちくま学芸文庫)
プロフィール

squibbon

タグクラウド