備忘の都

40年間の読書で得た偏った知識をツギハギしながら、偏った記事をまとめています。同好の士の参考に。

学習漫画「日本の歴史」を買うなら、おすすめはどれ?【2020年最新情報】人気5大シリーズ+αを比較

小学館日本の歴史

最終更新日:2020年7月7日

はじめに

日本の歴史をマンガで学べる学習漫画。あちこちからシリーズが出ています。
わが家でも小学生の息子に買ってやるため、果たしてどれを買えばよいのか、各社版の特色を調べてみました。

現在、書店に並んでいる日本史の学習まんがのうち、特に人気があるのは小学館、集英社、角川、学研、それに2020年7月から参戦した講談社という5社です。
なお、掲載している情報は改訂されたり新刊が追加されたりで、価格やセット内容など随時変わってきます。なるべくフォローするようにしていますが、最新情報はリンク先のAmazonで確認していただければと思います。

集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2020年版特典セット【2冊分お得な特別定価】(全面新版 学習漫画 日本の歴史)
あおき てつお
集英社
税込19,800円
2019-11-12





それぞれの特色を見る前に、各社共通のポイントを一点。
これらのシリーズは一冊ずつバラバラでも買えますが、どうせなら箱入りセットで買うことをおすすめします。
というのは、時期によって異なるのですが、セットで買うと特別価格になったり、セットだけに限定の付録がついていたりするためです。家庭での保管にも箱に入っていたほうが何かと楽です。
筆者としては、書店でバラ売りをしているのは「内容確認のための見本」で、買うならセットが当然、と思っています。
また、小学生の親御さんの中には「うちの子は歴史にはあんまり興味ないかな……」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは大丈夫です。
中学生・高校生になったら高校受験・大学受験のために確実に読みます。また、この記事で紹介するシリーズは、いずれも率直に言って大学受験対策までカバーできます。大学受験で出題される日本史というものは、本格的な歴史好きからしたら基本中の基本のことばかりなんで、子ども向けとはいえ、この手のシリーズを一通り読んでおけば、分厚い参考書を必死で暗記するより楽に勉強できるわけです。
春休み、夏休みなど長期休暇前に購入して自宅学習するのもよいでしょう。

それでは、それぞれの特色を見ていきましょう。

小学館「学習まんが少年少女日本の歴史」


公式サイト:http://www.shogakukan.co.jp/pr/manganichireki/

小学館は、学習まんがの老舗であり、ド定番と言えるシリーズだと思います。
実は筆者も子どもの頃に読んでいたので、かなり思い入れがあります。
1981年に刊行されてから、細かい改訂は何度か行われていますが、大きくは刷新していません。このため、現在の子どもから見ると若干イラストが古いと思われるようですが、これだけ長く読み継がれているのは、それだけ完成度が高いからだといえます。
人物の描き分けや画面の構図などは肖像画や絵巻物、近代であれば写真などを参考に描かれており、高校生になってから日本史の図録を見て、「あ、これは学習漫画のイラストと同じだ」と気づくことが何度もありました。⇒この辺の話、別のページにまとめてみました。学習まんが「少年少女日本の歴史」(小学館)はここがスゴイ!
また、他社に比べるとかなり細かいコマ割りで、情報量が多く感じられます。
筆者の兄などは、このシリーズをさんざん読み込んだ知識だけで大学入試を済ませて、今は中学校で社会科の教師をやっているほどです。
価格は他社より高めですが、自信を持っておすすめできます。例の「ビリギャル」も、慶応大入試をこれで済ませたそうです。

なお、上記「24巻セット」は、本編22冊に「人物事典」「史跡・資料館事典」という補巻2冊が加わったものです。
2018年10月に新刊として追加された「22巻 平成の30年」を含みます。



また、電子書籍のシリーズも出ています。大きめのタブレットをお持ちの家庭にはこちらもおすすめです。


(なお単行本最新刊の22巻「平成の30年」は電子書籍では未刊。このリンクは本編全21冊に別巻2冊を加えた23冊セットです。電子書籍の価格は変動するため正確なところはリンク先のAmazonで確認していただきたいのですが、たいていはセットで税込14,904円と、単行本よりもかなり安い設定になっています)

集英社「新版 学習まんが 日本の歴史」


公式サイト:https://www.shueisha.co.jp/rekishi/

集英社は、2016年末に内容を全面的に刷新したばかりです。つまり、各社のなかで最も新しい内容です。最新の研究成果・知見を取り入れた内容と言えます。
また、最も大きな特長は現代史に力を入れている点です。
他社版は現代史の部分は昭和・平成をまとめて1~2冊というところですが、集英社版だけは昭和史3冊、平成史1冊と、かなりの充実です。
平成史なんて子どもに読ませる意味あるの?と大人は思ってしまいますが、バブル崩壊、阪神大震災、構造改革、グローバル化、インターネットの普及、テロとの戦争、リーマンショック、東日本大震災と、もはや「歴史」として学ばなければいけないことは山のようにあるわけです。
表紙絵は各巻、少年ジャンプの人気漫画家たちが競演していますが、本編は別の漫画家が描いていますので、その点はご注意ください。
また、小学館版が「学習」を重視しているのに対し、マンガとしてのストーリー展開を重視しており、絵柄を含めて読みやすさを狙っています。コマ割りはかなり大きめです。
全巻セットで買うと、バラで買うより価格がお得になります。

また毎年、数量限定で価格はそのままの特典付きセットも発売されています。
2020年版は『はって楽しむ! 日本史イラストマップ』。「訪ねてみたい! 城と祭り」&「歴史をつくった偉人たち」の豪華両面仕様。「A2判の大判サイズ&合成紙製なので、お風呂にはっても楽しめます」……とのことです。



KADOKAWA「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史」


公式サイト:http://shoten.kadokawa.co.jp/sp/mangagakushu/nihonnorekishi/

角川版は、各社の中で唯一、ソフトカバーです。また他社が菊判であるのに対し、B6版と一回り小さいサイズで、冊数もコンパクトにまとまっており、場所を取りません。
冊数は少ないものの、1冊あたりのページ数は多く、実は総ページ数では小学館、集英社を上回っています。
にもかからず、価格が最も安いシリーズでもあります。
このような圧倒的なコストパフォーマンスで人気があり、日本史の学習漫画で一番よく売れているのはこの角川版なのです。
筆者的には、イラストがちょっとキラキラしすぎで、コマも大きめじゃないか、と思うのですが、どうなのでしょう。今の子どもには小学館版の野暮ったい絵よりも、こちらの方が受けているようです。
どちらかというとストーリー重視ですが、集英社版がマンガとしての「面白さ」を狙っているのに対し、角川版は歴史の「流れ」を捉えようとしており、学校の授業を補完するのにうってつけの内容です。
さらに角川版は、本編15冊のほかに、別巻として「よくわかる近現代史」という全3冊のシリーズが出ています。歴史学習ではどうしても近現代史が手薄になりがちですが、そこもバッチリ押さえられるというわけです。
他社版で揃えた場合でも、この別巻だけ購入して近現代を補うこともできます。



「よくわかる近現代史」を含めた箱セットもあります。別巻を含めても、小学館・集英社より安い。




また毎年、中学受験に役立つ特典をつけた限定セットが発売されています。定価は上記セットと同じなので、おまけの分だけ単純にお得です。2020年の特典は「豪華3大特典! 戦国&近現代史すごろくと戦国武将のぼり旗しおり定規5枚。戦国&近現代史すごろくで遊びながら学ぼう! しおり定規5枚セットは織田信長・豊臣秀吉・明智光秀・武田信玄・真田幸村ののぼり旗デザイン! まんがを読みこんですごろくで遊び倒したら、キミも日本史マスター!」……とのことです。




学研「NEW日本の歴史」


学研版の一番大きな特長は、もともと学習参考書を手がけている出版社だけに、巻末資料が充実していることです。資料部分がかなりの割合を占めており、きちんと読み込めば、ほかの参考書は不要になるでしょう。小学館版が漫画の中で学習しようとしているのに対し、ストレートに学習参考書的資料がついているわけです。
巻数はコンパクトに収まっており、同じくハードカバーを出している小学館・集英社より安い価格になっています。刊行時期も新しいため、フルカラーで見やすい絵柄です。
別巻2冊はバラでも買えますが、箱セットを買うとついてきます。こちらも資料が充実した内容で、図鑑好きの子どもはずっと眺め続けることでしょう。
2019年11月に特典として実物大金印レプリカ、128ページのオールカラー冊子「写真で見る平成史」、日本史年表をつけたセットが発売されたました。学研らしく、中学・高校受験を意識した特典と言えます。

講談社「学習まんが 日本の歴史」


公式サイト:http://rekishimanga.jp/

講談社からも新しいシリーズ「学習まんが 日本の歴史」が2020年7月に刊行されました。
角川のシリーズと同じく、B6判ソフトカバーのコンパクトなサイズです。しかし、既刊のシリーズに対抗してか、総ページ数は他社を上回り、ナンバーワンです。
まず目を引くのは各巻冒頭の図録です。このコーナーだけでなかなかのボリュームがありますが、ビジュアルでその巻の内容を予習し、その上でマンガ本編に入っていく流れとなっています。
また、ページの枠外に「マメ知識」として受験に役立つ内容や歴史に興味を持てるトリビアが書かれているのですが、これがなんと全ページに書き込まれていて、情報量は膨大。中学受験、高校受験、大学受験まで視野に入れて作られているようです。
また、他社はほぼ無名の漫画家を起用しているのに対し、講談社の週刊・月刊漫画誌で活躍した経験のある人気作家を起用しており、画力でも他のシリーズを圧倒しています。
まだ刊行されたばかりですが、これはもしかすると、現時点の王者・角川を超える人気シリーズになるかも、と思いました。
全巻セットには特典として「歴史人物データカード全120枚」「日本史重要人物イラスト年表」がつきます。

まとめ

というわけで、各社版を簡単におさらいすると
小学館:菊判ハードカバー。時代考証が手堅く定評がある。学習重視。大学受験まで使える。
集英社:菊判ハードカバー。最新版の内容。近現代史が充実。ストーリー展開重視。
角川:B6判ソフトカバー。場所を取らずコンパクトで価格も安い。別巻の近現代史もあり。歴史の流れを重視。
学研:菊判ハードカバー。巻末資料が充実。学習重視。参考書の代わりになる。
講談社:B6判ソフトカバー。価格を抑えつつも、マメ知識欄など情報量が多く、ページ数も最大。著名な人気漫画家を起用。

まあ、正直なところ、熱心に読み込むお子さんであれば、「学習」という観点ではどれを買ったところでたいした違いはないかと思います。
筆者としては個人的な思い入れがあるということで、やはり小学館をベストと考えています。
イラストの雰囲気については、実際のところを確認されたい場合は、それぞれの公式サイトで試し読みをでき、また無料のお試し版を電子書籍で読めるものもあります。







Amazon商品ページ一覧表

Amazonで「日本史学習まんが」を検索すると、大量の商品がヒットします。ここに紹介したシリーズでもいろいろバージョンがあります。
混乱される場合もありますので、ここまでの記事と重複する部分もありますが、簡単にまとめてみます。

小学館
小学館は他社のように特典をつけたりしていません。ベーシックなセット1種類だけで勝負しています。価格はバラ売りでもセット売りでも変わりません。

 2018年に発行された「平成の30年」を含む最新セット。

 「平成の30年」が刊行される前のセット。上記「24巻セット」は「23冊セット+平成の30年」ということになります。現在は中古のみ出品されていますが、安く入手できる場合があります。

集英社
集英社のセットは書籍の内容はすべて同じで、毎年特典が変わっています。
価格はずっと同じですが、売り切れたセットについては、中古価格で出品されています。
単品で揃えるより、セットで買ったほうが安くなります。

集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2020年版特典セット【最新版】
 2019年11月12日発売の最新セット。特典は『はって楽しむ! 日本史イラストマップ』。「訪ねてみたい! 城と祭り」&「歴史をつくった偉人たち」の豪華両面仕様。A2判の大判サイズ&合成紙製なので、お風呂にはっても楽しめます、とのことです。

 2018年末刊行セット。特典は『わくわく、冒険! 日本史マスター3点セット』。くり返し遊びながら学べるクイズブックと、お風呂にも貼れるポスター、昔の地名がわかるクリアファイル、ということです。

 2017年末刊行。特典は「幻の江戸城天守クリスタルアート」。これ、なかなかかっこいいです。

角川版は最もバージョンが多くて迷いますが、内訳は以下のとおりです。
まず、セットに含まれる書籍ラインナップがいくつか分かれます。
価格はセットで買ってもバラで買っても変わらないので、まずは定番セットを買って、順次別巻を買い足す、という形でも損はありません。特典が欲しい場合はセットを選んだほうがよいです。特典の有無では価格は変わりません。

 特典・別巻なしのベーシックセット。

 上記15冊セットに別巻「歴史まるわかり図鑑」を加えたもの。


 上記「全15巻+別巻1冊セット」と「全3巻セット」をあわせたもの。角川のシリーズはこのセットにすべて含まれます。

以下は、特典付きセット。毎年特典が変わるセットが出ています。書籍のラインナップは全て「全15巻+別巻4冊セット」と同じです。

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 3大特典つき全15巻+別巻4冊セット【特典付き最新セット】
 2019年11月15日発売最新版。豪華3大特典は「戦国すごろく」「近現代史すごろく」「戦国武将のぼり旗しおり定規5枚」。書籍の内容は「全15巻+別巻4冊セット」と同じ。


学研
学研は本編12冊+別巻2冊の14冊セットのみ販売しています。特典なしのスタンダードなセットと年によって変わる特典付きセットとがありますが、価格はすべて同じです。


学研まんが NEW日本の歴史 3大特典(金印・平成史・歴史年表)つき 全14巻セット
 2019年11月刊行セット。一つ下の「平成30年史特典付き」に実物大金印レプリカをプラスしたもので、お値段据え置きなので、こちらの方がお得です。

 2019年6月刊行のセット。半年後の11月に刊行された一つ上のセットの方がお得です。

 2016年刊行のセット。成績アップ4大特典、ということで「大坂城リアル再現キット(プラモデル)」「歴史年代暗記カード(124枚・リング2個つき)」「寝る前5分暗記ブック まんが日本の歴史バージョン(32ページ)」「日本の歴史年表(2枚)」と、なかなか豪華です。

講談社
刊行されたばかりということもあり、2種類の特典をつけた全巻セットのみです。

日本の歴史(全20巻セット) (講談社 学習まんが)

 各社とも、10月~11月頃に新しい特典をつけたセットを売り出す傾向があります(クリスマス商戦を睨んでのものと思われます)。特典が気になる方は、その時期にチェックしてみてください。

番外:大人向け文庫版

以上、お子さん向けのシリーズをご紹介しましたが、電車の中で大人が読むにはやや抵抗があります。
子どもだけでなく、自分でも読みたいというお父さん、お母さんには文庫版が出ています。

【角川文庫】


最も売れているシリーズである「角川まんが学習シリーズ」がそのまま文庫版になっています。
児童向けではなく、一般向けという形で刊行されていますが、イラストや字が小さくなり、カラーページもモノクロになっていることさえ気にしなければ、価格も安く、コンパクトに揃えることができます。
全巻箱入りセットも発売されています。




【集英社文庫】




集英社文庫からは「日本の歴史」と「世界の歴史」も出ています。
集英社の学習漫画シリーズは何度か改訂されていますが、この文庫に収録されているのは20年ほど前に刊行されたバージョンです。とはいえ、小中学生が学ぶレベルの歴史が10年や20年程度で大きく変わるわけではなく、大人がいま読んでも一向に差し支えない内容です。
コンパクトにまとまっており、場所を取らないし、価格も安いしで、かなりよく売れているようです。

関連記事:
学習漫画「世界の歴史」を買うなら、おすすめはどれ? 3大シリーズを比較
こども向け図鑑を揃えるなら、おすすめはどれ?4大出版社を比較!
小学館「ドラえもんの学習シリーズ」全巻一覧

待望の一冊!「映画の匠 野村芳太郎」(ワイズ出版)

202006映画の匠025

待ちに待っていた本が出ました。「映画の匠 野村芳太郎」(ワイズ出版)。
「砂の器」や「八つ墓村」で有名な映画監督・野村芳太郎の評伝です。

映画の匠 野村芳太郎
野村芳太郎
ワイズ出版
2020-06-08


「待ちに待っていた」と言いつつ、実は刊行されてから2週間近くもこんな本が出ていることに気づいていませんでした。
今月発売の「映画秘宝」で紹介されている記事を読み、「やばい!!」と焦って、もう一回、本屋へ駆け戻りましたよ。こんな本すぐ売り切れちゃいますからね。
実際の話、筆者が買ったのはそのお店では最後の一冊で、店員さんの話では10冊くらい仕入れたのに売れちゃったとのこと。税込で4000円近くするのに、マジでやばい本なんですよ、これは。

 さて、何をそんなに興奮しているかといえば、これほどの大監督でありながら、これまで「野村芳太郎」をテーマにした本というのは全くなかったのです。
「砂の器」のほかに「張込み」「ゼロの焦点」「影の車」「鬼畜」「疑惑」等々、松本清張原作の映画を数多く撮っているため、「松本清張映画」という切り口の本では、必ず野村芳太郎作品も取り上げられていますが、野村芳太郎を主人公にした本というのは皆無でした。

野村芳太郎を厚めに取り上げている本としては、過去に2014年のムック「松本清張映像作品 サスペンスと感動の秘密」(メディアックス)がありました。
桂千穂が往年の日本映画を語る企画が同じ体裁で続々と刊行されていましたが、その中の一冊です。
冒頭に編集部の前書きがあり、「本屋に行って野村監督についての資料を探したが、ほとんどなかった。一冊で、野村監督だけでなく、松本清張の映画化作品が全部わかるムックを作ろうと思った」と書かれていますが、本当にその通りで、この本が出た際にも、筆者は「とうとう野村芳太郎本が!!」と興奮したもんです。
岩下志麻や撮影監督・川又昂のインタビューをたっぷり収録しており、ファンには楽しい内容で、またこのあとで川又氏は亡くなってしまいましたので、その点でも貴重な証言を収録することができたといえる本でした。



以前にそのようなものが刊行されているとはいえ、それでもやはりファンとしては「野村芳太郎をテーマにした一冊」を待ち望んでいました。「松本清張」とセットでは、「鬼畜」や「影の車」の裏話はしっかりわかるものの、「八つ墓村」「事件」「震える舌」「配達されない三通の手紙」あたりはスルーしてしまうしかないですからね。
そんなわけで、タイトルを見ただけで興奮はMAXに達してしまいました。

さらに!
内容は望んでもいなかったような豪華なものでした。
野村監督は晩年に自身の全作品を振り返るノートを書いていました。
存在すらほとんど知られていないものだったのですが、それを息子さんの野村芳樹氏が監修してまるまる収録しているのです。
「映画監督 深作欣二」や「遊撃の美学 映画監督中島貞夫」など、ワイズ出版からはこれまで、全作品インタビュー企画がいろいろ出ていますが、すでに故人である野村芳太郎についてそのような本を作るなんてことは、望んでも叶わない、不可能な話でした。
ところが、実は生前に本人がメモを残していたなんて!
監督本人の視線から見ると、例えば「映画秘宝」などでは、もはやホラー映画として扱われている「震える舌」なんかも、「儲からなくても異色の作品に取り組みたい」→「締まって強い映画ができた」→「全体的には批評も少なく、つまり、観る側でとまどいがあり、オカルト的に映ったのが非常に裏目に出たといえる」ということになります。

ほかに「鬼畜」をめぐる松本清張との対談、「砂の器」のシナリオ分析、「配達されない三通の手紙」公開時の「ミステリマガジン」でのインタビュー、新たに行われた岩下志麻や大竹しのぶへのインタビューなど、特に晩年の監督作を好む筆者には、たまらない内容がぎっしり詰まっています。

以前に出たメディアックスのムックと本書とを合わせると、これで野村芳太郎についてはほぼ語り尽くされたのでは?と思うくらい、満足度の高い一冊です。資料価値も高く、ファンは必ず手元に置いておいたほうがよいかと思います。

それにしても、出ていることに気づいていなかったのはやばかった。「映画秘宝」が復活してくれて本当によかった。これまで迂闊にも、Twitterでワイズ出版をフォローしていなかったのですが、今後、このような重要な情報を見逃すことが無いよう、ちゃんとフォローすることにしましたよ。

映画の匠 野村芳太郎
野村芳太郎
ワイズ出版
2020-06-08




関連記事:
野村芳太郎監督 おすすめミステリ映画10選 ←野村芳太郎って?とピンと来ない方はどうぞこちらの記事をお読みください
映画「鬼畜」のロケ地をGoogleストリートビューで巡る(前編)
「影の車」野村芳太郎監督・橋本忍脚本・加藤剛主演(1970年)

生島治郎「浪漫疾風録」復刊

202005浪漫疾風録023

とうとう4月は一度も更新しなかったうえ、たまに更新すると復刊の話ばかりなんですが、今回も。

昨年10月に光文社文庫から「黄土の奔流」が復刊されたので、ついでに「浪漫疾風録」も出ないかな、と思っていたところ、今月、中公文庫から刊行されます。

とはいえ、これが「復刊」か。
「生島治郎」という著者名を見て昭和の冒険小説だと勘違いされる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは1993年(平成5年)初刊です。
筆者は1996年に文庫化されたときに読み、あまりの面白さに大興奮した記憶がまだ鮮明に残っているため、なんだかつい最近読んだようなつもりでいたので、「復刊」というとやや違和感があるのですが、しかし、なんともう24年も前のことなんですね……

それはともかくとして、内容を紹介するとこれは著者の自伝的小説です。
「追いつめる」や「黄土の奔流」で、国産冒険小説・ハードボイルドの草分けとして知られる生島治郎ですが、作家になる前は早川書房の編集者でした。
昭和31年、生島が入社した当時、早川書房へ編集者・翻訳家・作家として出入りしていた人々。
田村隆一、都筑道夫、福島正実、江戸川乱歩、結城昌治、小林信彦、開高健、佐野洋、鮎川哲也、そして小泉喜美子。
もう、どんだけ豪華なメンバーなんだと思わずにいられませんが、生島治郎自身を投影した主人公・越路玄一郎以外は全員、実名で登場します。
あとがきによれば、完全に事実のみを描いたわけではなく、ノンフィクションではなく小説だ、ということですが、編集者として曲者揃いを相手に、興味津々のエピソードが並びます。昭和ミステリ好きであればかなり楽しめることは間違いありません。戦後ミステリを支えた大御所たちの若かりし疾風怒濤の日々が、ド迫力で熱く語られています。
作家デビュー後の越路玄一郎を描いた続編「星になれるか」という作品も出ており、そちらも合わせて復刊されるようです。

浪漫疾風録 (中公文庫 (い2-7))
生島 治郎
中央公論新社
2020-05-21


星になれるか (中公文庫 (い2-8))
生島 治郎
中央公論新社
2020-06-24


 
ほぼ同時期の早川書房を描いた「戦後翻訳風雲録」宮田昇著(この方も早川書房出身)という本もあり、エピソードを読み比べるのも一興です。

新編 戦後翻訳風雲録 (大人の本棚)
宮田 昇
みすず書房
2007-06-02

横溝正史「蝶々殺人事件」復刊

202003蝶々殺人事件021

角川文庫から横溝正史「蝶々殺人事件」が復刊されました。

蝶々殺人事件 (角川文庫)
横溝 正史
KADOKAWA
2020-03-24


ここ最近、文庫の新刊リストを全然チェックしていなかったので、角川文庫が「本日発売」とツイートしているのを見てビックリ。急いで、職場近くの本屋へ確認に行きましたよ。
版は改まっているものの、収録作品は以前に刊行されていたものと同じ。
「蝶々殺人事件」
「蜘蛛と百合」
「薔薇と鬱金香」
の3作品が収められています。
解説は大坪直行氏で、これも以前と同じ内容。氏は角川文庫から出ていた横溝正史作品の解説を数多く担当していますが、もともと探偵小説専門誌「宝石」の編集長を務めていた人です。

「蝶々殺人事件」は終戦直後の1946年に、「本陣殺人事件」とほぼ並行して執筆されました。戦前から活躍する名探偵・由利麟太郎シリーズ、最後の長編です。
由利先生のシリーズはいわゆる通俗長編、乱歩と同じようなノリで本格ミステリとは言い難いものが多いのですが、この「蝶々殺人事件」だけはガチガチの本格。「本陣殺人事件」と並び、横溝正史作品のベスト級と評価されています。
角川文庫版は他の作品と比べて割と早い段階で絶版となっていましたが、春陽文庫からも刊行されていたり、出版芸術社「横溝正史自選集」やら昨年刊行された「由利・三津木探偵小説集成」やら、ほぼ途切れることなく書店に並んでいました。
とはいえ、杉本一文画伯の表紙絵で「本家」角川文庫から復刊されたことはめでたいことです。

少し前に、日産のゴーン前社長が国外へ秘密裏に脱出した際、「楽器のケースに隠れて」という一報が流れたため、横溝ファンは「まさかコントラバスケースでは」とざわつき、その後まさにコントラバスケースだったというニュースに騒然となりましたが、これは「蝶々殺人事件」が死体をコントラバスケースに入れて移動させるという話のためです。
今回の復刊は、きっとゴーンさんのおかげです。ありがとう、ゴーンさん。

さて、今回復刊された本を見ると、帯に「連続テレビドラマ化決定」「由利麟太郎シリーズ 四ヶ月連続復刊」などとあります。
なになに、これ、大ニュースじゃないですか。



注目は「ドラマ化」より「連続復刊」の方。
さて、いったい何が続くのか?
柏書房から全集が出たとはいえ、揃えると高額となるので、由利先生シリーズを読破するのはなかなか厳しいという現状があります。
ここはぜひ有名作品を中心に復刊してほしいものですが、しかし「四ヶ月」というやや中途半端な数字は何?
実は来月の復刊予定作品についてはすでにあちこちで閲覧できる文庫新刊情報で判明しています。
それはこちら。「憑かれた女」

202003憑かれた女022

ええっー!!
全くの予想外。何だこのセレクションは。
いや、由利先生コンプリートを目指す読者であれば、当然読むべき作品なのですが、わずか4冊しか無いラインナップにこれが入りますかね。
おそらくは「由利先生最初の事件!」という売り出し方をしたいのだろうと思われますが、残念ながら由利先生が登場するのは戦後の改稿版で、初出には登場しないんですね。
詳しくは「横溝正史エンサイクロペディア」さんの記事(「憑かれた女」は、由利先生最初の事件ではない  - 初出は改稿された -)にまとめられているので、ご参照ください。

というわけで、第2弾を知ってしまうと、あとの2作品がいったい何になるのか、皆目見当もつかない状態になってしまいました。
が、順当に人気作品を拾うのであれば「真珠郎」「仮面劇場」あたりでしょうか。
「真珠郎」は何年か前に一部の書店のみで限定的に復刊されていましたが、その時点ですでに改版されていたため、おそらくは全国の書店で展開する予定をしているのでは、とニラんでいました。この機会に復刊、ということになっても不思議はありません。
「仮面劇場」は盲聾啞の三重苦を負った正体不明の美少年を富豪の未亡人が引き取るという、戦前の横溝らしさが充満した一編。「真珠郎」と並び美少年好きから絶大な支持を集めています。
全く根拠もなく、願望を込めた単なる予想ですが、はてさてどうなることか、楽しみなような怖いような…… 

(追記:予想は大外れで、「血蝙蝠」「花髑髏」という激シブのラインナップでした)

島田荘司「火刑都市」復刊

202003火刑都市020

島田荘司「火刑都市」が改定完全版と銘打って講談社文庫から今月、刊行されます。長らく入手困難な時期が続いた初期傑作長編の復刊です。

改訂完全版 火刑都市 (講談社文庫)
島田 荘司
講談社
2020-03-13


この作品、一時期は島田ミステリの最高傑作に推す人も珍しくなかったくらいで紛れもなく代表作の一つでしたが、いつの間にか書店の棚からは消えてしまっていました。
久しぶりの復活は喜ばしいことです。
筆者は中学生の頃、文庫版が刊行されたとき読みましたが、その後、大人になり東京へ転勤した時に「せっかく東京へ来たからには『火刑都市』を読み直そう」とは思ったものの、そのまま読み直すことなくずるずる20年近く過ぎてしまったので、この機会に、今度こそ読み直してみたいと思います。

主役は警視庁の中村刑事。
この中村刑事という人は吉敷シリーズの常連である一方、御手洗シリーズにも顔を出し、両シリーズの橋渡しをしています。中村刑事が主役を務めるのは本作のみで、島田荘司ファンにとってはなかなか重要な一作です。

ところで、島田荘司氏ご本人のFacebookに、書店へ配布すると思われるPOPの画像が掲載されていました。
それを見ると「デビュー前に書いていた作品なのに……」という一文が見えます。
実はこれを読んで、ものすごく納得したことがあります。
今回はその話。

島田荘司の初期作品には「予告」が頻繁に出ていました。
例えば、デビュー2作目の「斜め屋敷の犯罪」では北海道警の牛越刑事が「例の赤渡雄造事件」で知り合った中村刑事(「火刑都市」の中村と同じ人物)に応援を頼み、その紹介で御手洗潔が登場します。
「赤渡雄造」という固有名詞が突然出てきて「斜め屋敷」を読んでいる読者にはなんのことかわからないのですが、第3作「死者が飲む水(死体が飲んだ水)」が発表されると、実はここで「例の赤渡雄造事件」が描かれているのです。
ほかには、「占星術殺人事件」の中では「異邦の騎士」事件について軽く触れられる会話があります。また「水晶のピラミッド」や「暗闇坂の人喰いの木」も作品発表より随分前から、別の作中で言及されていました。
この辺はわかりやすい「予告」なのですが、「火刑都市」については神業と言うしかない書き方で予告されてます。

「死者が飲む水」(昭和58年発表)は前述のとおり、北海道警の牛越と警視庁の中村が協力して事件を解決しますが、牛越が中村へ連絡を取ろうと東京へ電話を掛けると「某所へ外出中」ということで連絡を取れないというシーンあります。
実はこのとき、中村刑事は「火刑都市」の捜査中で、昭和62年に発表された本作を読むと、「死者が飲む水」で牛越が電話をかけたのとぴったり同日同時刻、かつて言及されていた通りの某所へちゃんと出かけているのです。
発表の順番を考えると、この「予告」は人間業とは思えず、作者の頭の中に広がる完璧な「世界」に驚嘆したものですが、なるほど、デビュー前に草稿が存在していたんですね。
とはいえ、世界設計の完璧さはやはり揺るぎませんが。

またそれと同時に、古典的な本格ミステリ復権の旗手と見られた島田荘司が、デビュー前から実は「死者が飲む水」や「火刑都市」などの渋い社会派刑事小説を書き溜めていたというのは、それはそれで興味深い話です。
島田荘司の初期作品は、本当に惚れ惚れするしかない渋い小説が揃っているんですよね。
というわけで、次回は「復刊を期待する初期作品」について書いてみたいと思います。


関連コンテンツ

スポンサーリンク
profile

筆者:squibbon
幼稚園児の頃から40を過ぎた現在に至るまで読書が趣味。学生時代は読書系のサークルに所属し、現在も出版業界の片隅で禄を食んでいます。
好きな作家:江戸川乱歩、横溝正史、都筑道夫、泡坂妻夫、筒井康隆、山田風太郎、吉村昭。好きな音楽:筋肉少女帯、中島みゆき。好きな映画:笠原和夫、黒澤明、野村芳太郎、クエンティン・タランティーノ、ティム・バートン、スティーヴン・スピルバーグ、デヴィッド・フィンチャー。
ブログ更新通知:https://twitter.com/squibbon19

プロフィール

squibbon